SMART ICOCAに申込する3つの方法・作り方の手順を徹底解説

スポンサーリンク

JR西日本エリアの交通系ICカードはICOCAがメインになりますよね。
ICOCAも便利ですが、よりICOCAをお得に使っていきたいのであれば、SMART ICOCA(スマートイコカ)を使うほうがいいですよ。

SMART ICOCAを使うと、通常のICOCAではできないクレジットカードでのチャージができるため、ポイントが貯まる分だけお得です。

そんなSMART ICOCAを使いたいと思って、今回申し込んでみることにしました。

でも、もちろん初めてでどうやったらいいのかがわかりませんでしたので、詳しいやり方をこのページで紹介していきますね。

SMART ICOCAを申し込む3つの方法

ICOCAだと駅の券売機ですぐに購入できるのですが、SMART ICOCAの場合は使い始めるまでの方法が異なります。

SMART ICOCAを申し込むには以下の3つの方法がありますよ。

  • JRおでかけネットから申し込む
  • SMART ICOCA入会申込書で申し込む
  • JR大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」で申し込む

この中で手軽な方法はJRおでかけネットから申し込むやり方ですよ。
あとでそれぞれのやり方ごとに詳しい手順を紹介していきますね。

JRおでかけネットからSMART ICOCAを申し込む方法

では、ここからはJRおでかけネットを使ってSMART ICOCAを申し込む手順を紹介します。

ネットさえつながれば場所に関係なく申し込みができるので便利な方法ですよ。

SMART ICOCAを申し込む前に、まずはJ-WESTネット会員に登録しておきましょう。
申し込み手順は以下のページにまとめています。

ここまで準備ができたら、JRおでかけネットのページからSMART ICOCAを申し込みしましょう。

▼下の画面の左にある「JRおでかけネットでお申込」ボタンを押して、次へ進んでください。

SMART ICOCA申し込み

▼これで入会申込書の請求が完了です。
数日後にSMART ICOCAの入会申込書が郵送で届きますよ。

その後、必要事項に記入して返信しましょう。
問題なければ後日「SMART ICOCA」が家に届きます。

SMART ICOCAの申し込み完了

後日、SMART ICOCAの案内が封筒で届く

この時点ではまだSMART ICOCAの申し込みは終わってなくて、入会申込書に記入して返送することになります。

▼数日後、親展の封筒が届きますよ。

SMART ICOCAの封筒

▼中に入っていたのは、SMART ICOCAについての案内と返送用の封筒です。

SMART ICOCAの封筒に入っていた書類

あとはSMART ICOCAの入会申込書です。
申し込み日、名前、支払うクレジットカードの情報を記入しましょう。

記入したクレジットカードに初回に掛かる費用2,000円が引き落とされますよ。
500円がデポジット、1,500円がチャージされます。

入会申込書の案内にしたがって記入していってくださいね。

SMART ICOCA入会申込書

▼すべて記入が終われば、入会申込書と免許証などの身分証明書を返信用封筒に同封してポストに投函してください。

これであとはSMART ICOCAが家に届くのを待つばかりです。

SMART ICOCAの申し込み封筒を提出

ちなみに、対応しているクレジットカードブランドは以下の通りですよ。

SMART ICOCAが到着

2014年8月5日に申し込んで、お盆の頃にSMART ICOCAが届きましたよ!
早速開封して、使ってみましたので、その感想を。

▼SMART ICOCAは、クロネコヤマトのセキュリティー・パッケージに入って届きます。
立派な包装になっていますが、実際入っているのは、普通の封筒サイズですよ。

SMART ICOCAのセキュリティーパッケージ

銀色ベースにカモノハシの絵がかわいい

▼中身を開封して、SMART ICOCAを取り出してみました。
銀色の光沢がある感じに、イコカのキャラクターが写っています。

SMART ICOCA(スマートイコカ)

裏面には、SMART ICOCAを使う上での利用案内が書かれています。
知っておくといいのは以下の2点ですね。

  • 20,000円を超えるチャージができない
  • 最後の利用から10年間使わないと失効する

SMART ICOCAカード裏面

ICOCA残高払い戻し券について

SMART ICOCAが届いた封筒の中に、ICOCA残高払い戻し券についての案内が入っていました。

以前にICOCAを使っていたなら、これを使ってICOCAにチャージしておいたお金を払い戻すことができますよ。

ICOCA払い戻しについて

駅の窓口でSMART ICOCAを提示して、これまでのICOCAと払い戻し券を渡してください。

そういえば、私も会社に勤めていた時は、一部の区間でICOCAのカードを使ってたなぁ。
もう何年も前の話で、できるか分かりませんが、また試してみようと思います。

後日、期限切れになったICOCAの定期券を持って行って、払い戻ししてもらいました。

ICOCA払い戻し券

スポンサーリンク

SMART ICOCA入会申込書で申し込む方法

SMART ICOCAは、入会申込書を記入して申し込むこともできます。

「SMART ICOCA入会申込書」はJR西日本エリアの駅などにありますので、それを拾ってきて、記入後返送すれば、先ほどと同じような感じで手元にSMART ICOCAが届きますよ。

JR大阪駅で即日発行もできる

すぐにSMART ICOCAを作りたいのであれば、JR大阪駅にある「Club J-WESTサービスコーナー」に行って申し込み手続きすれば、その日のうちにSMART ICOCAが手に入りますよ。

決済用のクレジットカードや、運転免許証などの本人確認書類があればOKです。

10:30〜19:00までの営業時間内であれば、SMART ICOCAの即日発行ができます。

スポンサーリンク

あとはチャージして使ってみよう

無事にSMART ICOCAが届いたら、あとはチャージして使ってみましょう。

カードを差し込むだけでチャージできるので、今までのように現金でチャージするのと比べたら時間短縮でチャージできます。

詳しいやり方は以下のページで。

SMART ICOCAはICOCAポイントサービスの登録が不要

普通のICOCAを使っていると、ICOCAポイントを貯めたいと思ったときはICOCAポイントサービスの登録をしないといけません。

でも、SMART ICOCAならその面倒な登録作業も必要ないですよ。
SMART ICOCAを作ったら、その時点で自動的にICOCAポイントサービスに登録されている状態になります。

さいごに

SMART ICOCAを作れたら、電車に乗ったり・買い物したりするときに便利に使えますよ。

電車利用でICOCAポイントも貯まる可能性もあるため、普通に切符を買うよりも時間短縮になるだけでなくお得になる可能性もあります。

もしICOCAを使っているなら、SMART ICOCAに切り替えてみるのもいいですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る