ICOCA残額払いもどし券でICOCA定期券のデポジット500円を取り戻す手順

スポンサーリンク

関西エリアでの電車移動をスムーズにするため、SMART ICOCAを申し込みました。

SMART ICOCAを申し込んだ時に入ってたICOCA残額払いもどし券を使って、昔に使ってたICOCAを返却してきました。まだ会社員だった頃に、ICOCAを使ってた時期があったんですよね。

ICOCA払い戻しのやり方

みどりの窓口へ

ICOCAカード、SMART ICOCA、残額払い戻し券を持って、みどりの窓口へ行ってきました。この3つを持って行き、受付の方に渡せば手続きを進めてくれます。

ICOCA残額払いもどし券

手続きにかかる時間は3〜5分程度だったと思います。受付の方の言う通りにしていけばすぐに終わる感じですよ。

みどりの窓口

ICOCA発行時の500円が戻ってきました

今回、以前使ってた定期券を返却したことで、500円が戻ってきました。この500円は、ICOCAカードを作った時の発行費用代わりになっていたデポジットです。

ICOCA払い戻しの結果

この時の500円はすっかり忘れてましたが、こうやってちゃんと戻ってきてちょっとした嬉しさがありました。500円もあれば、ワンコインランチで1回ご飯が食べれます。

もし、昔にICOCAを使ってて今は全く使うことがなく眠っている場合は、SMART ICOCAに切り替えて、ICOCA発行時の500円を取り戻してくださいね。

払戻時の注意点

ICOCAにチャージされてるお金を払い戻してもらう時に気をつけておくべき点がいくつかあります。

まず1つ目が「残額が220円以上の場合は、払い戻し額から手数料が差し引かれる」点です。払戻手数料が220円引かれます。

払戻手数料を払いたくない場合の対策は、自動販売機や電車の運賃で消化してください。それでも0円にならないなら、ICOCAが使えるお店で現金と併せて決済すればムダなく使い切れますよ。

2つ目。残額が220円未満の場合は、払い戻し額が手数料で相殺され、デポジットの500円だけが返ってきます。

これが今回の私のケースですね。
0円のICOCAを払い戻そうとしたので500円のデポジットだけ返ってきました。

この2つだけ覚えておけば、払い戻し手数料を払わずに済ませることができますよ!

おまけ:関西ではICOCAかPiTaPaがおすすめ

関西の鉄道に乗る時は、ICOCAもしくはPiTaPaを持っていると、乗り降りがスムーズになりますよね。

もし、時間の短縮を狙うなら、どちらかを使いましょう。

徹底的に安くしたいなら、回数券を使う方がおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る