コストコ「クロワッサン」の値段は?カロリー・おいしい食べ方・冷凍保存のやり方・アレンジレシピまとめ

小林 敏徳の画像

こんにちは!
小林敏徳です。

コストコの定番商品だったバタークロワッサンが、新しく「クロワッサン」として生まれ変わりました。

値段は据え置き(899円)ですが、バターの香りが強くなり、形状も新しくなったのだとか。

1個あたり74円なので、コスパ的にも申し分なさそうですね。

ということで、早速買ってきました!

このページでは、新しくなったコストコのクロワッサンについて写真付きで詳しく紹介していきますね。

2017年の新商品!コストコの「クロワッサン」を買ってみた

コストコのクロワッサン(パッケージ)

コストコのクロワッサンが新しくなりました。
以前までは三日月型のバタークロワッサンが定番でしたが、今度はオーソドックスな形に。

製法や原材料も変えて、美味しくリニューアルされたそうです。

コストコのパン売り場に行くと、そこにはクロワッサンがズラリと並んでいました。

さて、新しいクロワッサンには、どのような特徴があるのでしょうか?

クロワッサンの特徴

コストコのクロワッサンは、「ディナーロール」や「コーンブレッドロール」などと並ぶ人気商品です。

ここでは、クロワッサンの主な特徴を紹介しますね。

サクサク食感のバタークロワッサン

コストコのクロワッサン(中身)

コストコのクロワッサンは、サクサクした食感が売り。
それでいて適度にしっとりしているので、食べごたえがあります。

バターをたっぷり使用しているせいか、風味が豊かで、ほんのりした甘みもあります。

1個あたりのサイズは60g〜70g

コストコのクロワッサンは、ご多分に漏れず、なかなか大きなサイズです。

▼女性の手のひらに載せてみると、このとおり。

コストコのクロワッサン(1個あたりのサイズ)

1個あたりの重量を測ってみると、およそ60g〜70gの範囲でした。

ちなみにクロワッサンの正味量は、12個入りで「760g」と表示されています。

12個入りで参考価格899円(1個あたり74円)

コストコのクロワッサンは、12個入りで参考価格899円です。

1個あたりにすると74円ですね。

手のひらでは収まりきらないサイズのクロワッサンが74円なら、かなり安いのではないでしょうか。

▼念のため数えてみたところ、間違いなく12個入りでした。

コストコのクロワッサン(12個入り)

あぁ、美味しそうですね・・・!

カロリーの記載はなし

クロワッサンを食べる前に気になるのが、「カロリー」ではないでしょうか。

ただ、残念ながら、このクロワッサンにはカロリーの記載がありませんでした。

そこでカロリーSlismというサイトで調べてみたところ、一般的なクロワッサンは1個(40g)あたり179kcalだそうです。

コストコのは1個60gくらいなので、目安としては270kcal前後になるでしょうか。

バターをたっぷり使っているだけあってカロリーもそれなりなので、食べ過ぎには注意してくださいね!

冷凍保存も可能

コストコのクロワッサンは、冷凍保存も可能です。

「クロワッサンを冷凍しても大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、風味やサクサク感が損なわれるようなことはありませんよ。

冷凍保存のやり方も簡単です。
▼わが家では、いつもかるくラッピングしてからユニパックに。

コストコのクロワッサン(冷凍保存前のラッピング)

▼それをそのまま冷凍庫に入れています。

コストコのクロワッサン(冷凍保存のやり方)

解凍は、冷凍のままオーブントースターにかけるだけ。
5分ほど焼けば、またサクサクのクロワッサンが復活しますよ!

食べた感想:表面はサクサク、中はもっちりで美味しかった

コストコのクロワッサン(表面)

ここまではクロワッサンの特徴を紹介してきましたが、お味のほうも気になりますよね。

ということで、食べた感想を紹介します。

コストコのクロワッサンは、リニューアル前の「バタークロワッサン」よりもサクサクしているように感じました。

やはりバターを贅沢に使っている影響なのでしょうか。
▼見た目にも、生地のサクサク感が伝わってきます。

コストコのクロワッサン(生地の雰囲気)

▼黄色みがかった艶やかな表情も素晴らしい。
食べた瞬間にやさしい甘みが広がり、それがいつまでも残りました。

コストコのクロワッサン(生地の硬さ)

もっと大味なクロワッサンかと思っていましたが、いい意味で予想を裏切られました。

手で簡単にちぎれる柔らかさも素晴らしい

コストコのクロワッサンはめちゃくちゃ大きいので、「食べづらいのでは?」と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

▼このように、手で簡単にちぎれるくらいの柔らかさです。

コストコのクロワッサン(手でちぎる)

▼中の生地はもちもちしていました。

コストコのクロワッサン(手でちぎる2)

食感・味ともに、個人的には文句のつけようがありません。
ぼくはそのままいただきましたが、子供たちはマーガリンやはちみつを塗っていました。

このクロワッサンにハムや野菜をはさんで、サンドイッチにしても美味しいでしょうね。

クロワッサンのアレンジレシピを紹介

コストコのクロワッサンはそのままでも十分おいしいのですが、12個もあるならいろんな食べ方をしてみたいですよね。

そこで、ぼくのおすすめのアレンジレシピを3つ紹介します。

▼ひとつめは、このポテサラ&野菜サンド。
ご覧のとおり、レタスとポテトサラダを豪快に挟むだけです。

コストコのクロワッサン(ポテサラ・野菜サンドにアレンジ)

ポテサラの甘みとマヨネーズがいいアクセントになりますよ。
お腹にもたまるので、満足感大です!

▼ふたつめは、このバラエティサンド。
ハム、カニカマ、チェダーチーズ、野菜を好きなだけ挟みます。

コストコのクロワッサン(ハム・カニカマ・チーズ野菜サンドにアレンジ)

もうこれは鉄板ですね。
ぼくはいつも欲張って、具材をパンパンに詰めています。笑

(ちなみに野菜を抜けば、子供でも食べられますよ。)

▼3つめは、このフルーツサンド。
生クリームとフルーツをドカンと挟むだけです。

コストコのクロワッサン(生クリーム・フルーツサンドにアレンジ)

フルーツを切るのが面倒なら、缶詰でOK。
むしろ、そちらのほうが甘みが増して美味しいですよ。

これを作ると、子供たちの手が止まらないんですよね。
(それこそカロリーに注意しないと・・・。)

ぜひ参考にしてください!

さいごに

コストコのクロワッサンは、安心できる美味しさです。

とくに奇抜なものではないので、好き嫌いなく食べられるでしょう。

コストコファンの知人に聞いたところによると、オーブントースターでかるく焼いてから食べるとより美味しいそうです。

たしかに・・・それもやってみたい!

おまけ:コストコを利用するならチェックしたい関連記事