コストコの「ラグジュアリーミニクロワッサン」の特徴と食べた感想。1個あたり46円なのに味は極上

スポンサーリンク

こんにちは!

クロワッサンを1日で20個食べたことがある小林敏徳です。

コストコで「ラグジュアリーミニクロワッサン」を買ってきました。

この商品は頻繁に試食が行われているので、つい手を伸ばしてしまうんですよね。

でも、買って後悔したことは一度もありません。

安くて、美味しくて、家族全員が大好きなのですから。

今回は、コストコのラグジュアリーミニクロワッサンの魅力を紹介しますね。

何度もリピートしているコストコの「ラグジュアリーミニクロワッサン」

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(パッケージ)

コストコの「ラグジュアリーミニクロワッサン」は、何度もリピートしている商品です。

初めて買ったときから、ハマっているんですよね。

ちなみにラグジュアリーは、「贅沢」「豪華」という意味。

それだけコストコも自信を持っているということでしょう。

まずはその特徴から紹介しますね。

ラグジュアリーミニクロワッサンの特徴

ラグジュアリーミニクロワッサンの特徴を簡単にいうと、安くて美味しい!

これに尽きます。笑

もう少し詳しく紹介していきますね。

素材と作り方にこだわったミニクロワッサン

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(パンの表面)

ラグジュアリーミニクロワッサンは、素材と作り方にこだわっているそうです。

参考までに、コストコのメールマガジンに書かれていた紹介文を引用しますね。

素材を厳選し、通常のクロワッサンを作り上げるよりも時間をかけて生地を捏ね上げ、発酵することで独特の食感と香りが生まれました。

噛めば噛むほど出てくる後味の程よい甘さとミルキー感をお楽しみ下さい。

トースターで軽く焼いてからお召し上がり頂きますと、焼きたての様な食感と風味をお楽しみ頂けます。

サンドイッチやスープのお供に是非お試しください。

引用元:コストコメールマガジン

通常のクロワッサンよりも時間をかけて作っているようですね。

そのまま食べても美味しいですし、料理のお供にしても最高だと思います。

15個入りで698円(1個あたり46円)

ラグジュアリーミニクロワッサンは、15個入りで698円です。

1個あたりに換算すると、46円ですね。

▼これだけの量のクロワッサンが698円で買えるなんて、パン屋さんではあり得ないでしょう。

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(15個入り)

コスパがいいところも、ラグジュアリーミニクロワッサンの魅力です。

よく試食が行われているので買いやすい

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(サイズ感)

ラグジュアリーミニクロワッサンは、頻繁に試食が行われています。

ぼくがよく利用している「コストコ和泉倉庫店」では、5回中4回は試食を行っているような。

もちろん、ほぼ毎回いただいています。笑

試食で味を確かめられる商品は、買いやすいですよね。

さて、気になるお味はどうなのでしょうか?

バターの風味が強い!そのまま食べても美味しい

ラグジュアリーミニクロワッサンは、やっぱり美味しかったです。

▼見てください、この艶やかさを。

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(パンの表面)

おそらく表面にバターや卵を塗ってから焼いているのだと思いますが、とにかく艶がすごいです。

バターの香りは「ほのか」というよりも、かなり強めですね。

ヤバい、何個でも食べられそう・・・。

生地はサクサクなのに、中はもっちり

ラグジュアリーミニクロワッサンの生地はサクサクですが、中はもっちりしています。

このバランスが絶妙ですね。

▼中身はぎっしり詰まっているのに柔らかいのは、製法によるものなのでしょうか。

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(パンの中)

個人的には、文句のつけようがありません。

そのまま食べても美味しいですが、はちみつを塗るのもおすすめですよ。

さいごに

コストコ通の知人によると、ラグジュアリーミニクロワッサンは冷凍保存も可能だそうです。

たしかに賞味期限が3日しかないからなぁ。

でも、ほぼ2日で食べきってしまうわが家では、冷凍保存は必要ないかも。

また食べすぎてしまいました。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る