コストコ「マイクロウェーブポップコーン」の作り方は?カロリー・値段・賞味期限・食べた感想も詳しく紹介

スポンサーリンク

こんにちは!
映画にはポップコーンが欠かせない小林敏徳です。

コストコの「マイクロウェーブポップコーン」をご存知ですか?

電子レンジでチンするだけの超簡単ポップコーンなんです。

「え? チンするだけでいいの?」
ポップコーンはコンロで加熱するものが一般的ですから、そう思いますよね。

でも、本当にチンするだけでいいんです。
しかも美味しいですし、量も多いので、おやつにぴったりですよ。

このページでは、コストコのマイクロウェーブポップコーンを紹介しますね。

評判の超簡単ポップコーンを買ってみた

コストコのマイクロウェーブポップコーン(パッケージ)

マイクロウェーブポップコーンは、ずっと前から評判を聞いていました。

作り方が簡単で、美味しくて、コスパもいいという話ですが、なかなか買う機会がなかったんですよね。

でも、今回思い切って買ってみました。

まず値段を見てびっくり!
44袋も入っているのに1,638円ということは、1袋(93.5g)あたり37円じゃないですか・・・。

たしかにコスパはいいようですね。

どんな商品なのか楽しみだ!

カークランドシグネチャー マイクロウェーブポップコーンの特徴

さて、ここからはマイクロウェーブポップコーンの特徴を紹介します。

「こんなことならもっと早く買えばよかった・・・。」
そう思わされた商品でした。

電子レンジでチンするだけ!便利で美味しいポップコーン

コストコのマイクロウェーブポップコーン(ポップコーンが出来上がった状態)

マイクロウェーブポップコーンは、電子レンジでチンするだけの超便利なポップコーンです。

一般的なポップコーンって、すでに出来上がっているものか、乾燥トウモロコシの入ったアルミをコンロで加熱するものが多いですよね。

でも、これは違うんです。
電子レンジでチンするだけで美味しいポップコーンが出来上がりますよ。

93.5g×44袋入りで1,638円

コストコのマイクロウェーブポップコーン(44袋入り)

マイクロウェーブポップコーンの値段は、93.5g×44袋入りで1,638円です。

先ほども紹介したように、1袋あたりにすると37円になります。

約100gのポップコーンが37円ですから、めちゃくちゃお得ではないでしょうか。

カロリーは100gあたり518kcal

コストコのマイクロウェーブポップコーン(原材料やカロリー等の表示)

マイクロウェーブポップコーンのカロリーは、100gあたり518kcalです。

1袋あたりにすると、484kcalになります。
決して低カロリーではありませんので、食べ過ぎには注意してくださいね。

賞味期限は約9ヶ月

コストコのマイクロウェーブポップコーン(賞味期限の表示)

マイクロウェーブポップコーンの賞味期限は、約9ヶ月です。
とにかく入り数が多いので、食べきれるか心配ですが、これだけ賞味期限があれば十分ではないでしょうか。

ぼくはあまりにも美味しかったので、知り合いにもバンバン配りました。

スポンサーリンク

マイクロウェーブポップコーンの作り方

さて、それではマイクロウェーブポップコーンの作り方を見ていきましょう。

電子レンジでチンするだけとはいえ、やり方を知っておきたいですよね。

▼作り方はパッケージにも記載されていますよ。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方の表示)

要約すると以下になります。

  1. プラスティック袋から取り出す
  2. 「THIS SIDE UP」の面を上にし、電子レンジの中央に置く
  3. 500W、2分30秒で加熱する
  4. 途中、ポップコーンが弾ける音を確認しておく
  5. 粒がたくさん残っている場合は追加で加熱
  6. 袋からボウルなどに移し、1分ほど冷ます
  7. 完成

たったこれだけです。
それではやってみましょう!

▼まずはマイクロウェーブポップコーンを1袋準備します。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・個包装の状態)

▼袋を開けるとこんな感じです。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・個包装から出した状態)

▼「THIS SIDE UP」の面を上にして、電子レンジに入れましょう。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・こちらの面を上にして電子レンジに入れる)

▼作り方に記載されているとおり、500W・2分30秒で加熱してみます。
(*後ほどわかりますが、これでは微妙に甘いので、3分30秒〜4分くらいがいいですよ。)

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・500wで2分30秒加熱する)

▼加熱が終了すると、袋がパンパンになっていました。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・加熱すると袋が膨らむ)

▼印のところから袋を開けていきます。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・印のところから開封する)

▼いい香りがぶわーーーっと広がります。
いい感じですね!

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・開封した状態)

▼と思いきや・・・2分30秒ではちょっと甘かったようです。
ポップコーンにならなかったものだけ、もう一度チンしました。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(作り方・出来上がりが甘い場合は再度加熱する)

ちなみにわが家の電子レンジでは、3分30秒〜4分がベストでした。

失敗しないコツは長めにチンすること

「500W・2分30秒」という表記通りにやると、ちょっと甘くなります。

失敗しないコツは長めにチンすることです。
破裂したり、焦げたりする心配はないので、4分くらいでもいいですよ。

食べた感想:美味しい&手間いらずだった!

コストコのマイクロウェーブポップコーン(ポップコーンお皿に盛った状態)

さて、それでは食べた感想を紹介しますね。

電子レンジでチンするだけで本当に美味しいポップコーンができるのだろうか。ちょっと疑っていましたが、すぐに払拭されました。

美味しいです!
▼香ばしくて、塩加減もしっかりしていて、バターの甘みもありました。

コストコのマイクロウェーブポップコーン(ポップコーンを手にのせた状態)

ただ、塩加減がちょっとキツめかな。
大人は平気でしたが、子供たちは食べるにつれて辛くなってきたようです。

個人差はあると思いますが、注意してくださいね。

まだ40袋くらいあるので、ガンガン食べていきたいです!

アレンジレシピも紹介しています

マイクロウェーブポップコーンは、アレンジして食べても美味しいですよ。

以下の記事ではアレンジレシピを詳しく紹介しています。

おまけ:おすすめのお菓子を紹介

最後に、コストコのお菓子のおすすめを紹介しますね。

マイクロウェーブポップコーンと一緒にどうぞ!

▼ひとつめのおすすめは、「キャンプファイヤー ジャイアントロースターマシュマロ」です。

コストコのキャンプファイヤー ジャイアントロースターマシュマロ(パッケージ)

こちらはアメリカンサイズのマシュマロです。
▼そのまま食べても美味しいですし、少しだけ炙っても美味しいですよ。

コストコのキャンプファイヤー ジャイアントロースターマシュマロ(弾力性)

バーベキューのときは欠かさず買っています。

▼もうひとつのおすすめは、「トルティーヤチップス」です。
こちらもやみつきになりますよ。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(パッケージ)

▼そのままでも美味しいですが、サルサソースにつけると最高です。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(サルサソースにつける)

酒のつまみにもぴったりです!

さいごに

コストコのマイクロウェーブポップコーンは、評判通りでした。

作り方が簡単で、美味しくて、コスパも抜群。
何人かにあげましたが、みんなよろこんでくれました。

ポップコーンでテンションが上がるのは、みんな同じなんですね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る