コストコの「トルティーヤチップス」の特徴と食べた感想。有機イエローコーンとホワイトコーンを使用したオーガニックなお菓子

スポンサーリンク

こんにちは!

メキシコ料理を食べに行ったら、トルティーヤチップスをバリバリ食べてしまう小林敏徳です。

ぼくはコストコのトルティーヤチップスが大好きなんです。

やみつきになるようなものではないと思っていたのですが、それは間違いでした。いつもつい食べすぎてしまいます。

しかも有機イエローコーンとホワイトコーンをベースにしたオーガニック仕様なので、食べすぎたときの罪悪感が少なめ。笑

内容量が1.13kgもあるので、しばらく食べられますよ。

今回は、コストコのトルティーヤチップスを紹介します。

素朴な味にハマる!コストコのトルティーヤチップス

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(袋から出した様子)

コストコのトルティーヤチップスは、いつの間にかハマっていました。

トルティーヤチップスは、ガツンとインパクトのあるようなものではなく、素朴な味なので、食べすぎるようなものではないとお思いでしょう。

でも、おそらくその考えは裏切られると思いますよ。
めちゃくちゃ美味しいですから!

さて、まずは商品の特徴から紹介していきますね。

カークランドシグネチャー トルティーヤチップスの特徴

コストコのトルティーヤチップスは、「カークランドシグネチャー」という自社ブランドから発売されています。

米袋のように大きいので、すぐに見つけられるでしょう。

超ビッグサイズのトルティーヤチップス

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(パッケージ)

コストコのトルティーヤチップスは、超ビッグサイズです。

一般のスーパーでは、ここまで大きい袋を見かけることはないでしょう。

あるとすれば、米袋くらいですね。
しかも10kgの。笑

オーガニックの原材料を使用

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(中身)

コストコのトルティーヤチップスは、次のようなオーガニック原材料を使用しています。

  • 有機イエローコーン
  • 有機ホワイトコーン
  • 有機植物油
  • 有機塩

シンプルな原材料で作られているぶん、その善し悪しが味にハッキリ出ているように思います。

同じものを食べるなら、体に害の少ないほうが良いですよね。

内容量1.13kgで698円(100gあたり61円)

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(お皿に盛り付けた様子)

コストコのトルティーヤチップスは、内容量1.13kgで698円です。
100gあたりに換算すると、61円ですね。

これが高いのか安いのか、判断しかねるでしょうから、市販品と比べてみましょう。

たとえばカルビーのポテトチップス(60g)は、90円〜100円くらい。

ジャパンフリトレーのドリトス(60g)は、100円〜120円くらいなので、そう考えると安いと思います。

さて、お味のほうはどうなのでしょうか?

コストコのトルティーヤチップスを食べた感想

コストコのトルティーヤチップスは、やっぱり美味しかったです。

そのまま食べても美味しいですし、何らかのソースをつけてもウマい。
個人的にめっちゃ気に入っています。

▼1枚あたりの大きさは、これくらいです。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(1枚あたりの大きさ)

▼厚みも標準レベルですね。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(1枚あたりの厚み)

先日は、グラタンの中に砕いたトルティーヤチップスを入れて食べましたが、これもなかなかイケました!

サルサソースをつけたら最高に美味しい

トルティーヤチップスの定番といえば、やっぱりサルサソースですよね。

▼自宅で作ったサルサソースにつけて食べたら、一生食べ続けられそうな勢いでした・・・。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(サルサソースにつける)

コストコの「バジルペースト」との相性も抜群

個人的に気に入っているのは、コストコの「カークランドシグネチャー バジルペースト」との組み合わせです。

▼これもめちゃくちゃ美味しい。

カークランドシグニチャー トルティーヤチップス(コストコのバジルペーストにつける)

バジルペーストはちょっと濃いめですが、トルティーヤチップスがシンプルなので、ちょうどいいですね。

今度は「ヨシダソース」もつけてみたいと思います。

バジルペーストとヨシダソースについては、次の記事で紹介していますよ。

さいごに

コストコのトルティーヤチップスは、意外にハマる商品です。

そのまま食べても美味しいですし、ソースにつけてもウマい。

パスタやグラタンなどに合わせても最高です。

この記事を書くという口実で、また買ってしまいました。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る