auウォレットクレジットカードの解約方法・ブランド変更のやり方・WALLETポイントをムダにしない方法まとめ

スポンサーリンク

auウォレット(au WALLET)クレジットカードのブランドを変更したい場合、今持っているカードは解約しないといけないのか気になりますよね。

また、auウォレットクレジットカードを解約することになったら、残っているWALLETポイントがどうなるのかも気になるところ。

事前に解約方法を知っておくと、いざ解約したいときにスムーズに手続きできますよ。

このページでは、auウォレットクレジットカードの解約方法や手続きの流れ、WALLETポイントをムダなく使う方法について詳しく紹介していきますね。

auWALLETクレジットカードの解約・ブランド変更方法

auウォレットクレジットカードを解約する方法

au WALLETクレジットカード

では早速、auウォレットクレジットカードを解約する方法について説明していきますね。

auウォレットクレジットカードは、インターネットから解約することはできません。

KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに連絡して、電話で解約する流れになります。

解約するときの手順は以下の通り。

  1. KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに電話する
  2. 解約手続きをする

手元にカードを用意した上で、カード名義の本人が連絡しましょう。

ちなみに、auウォレットクレジットカードを解約すると以下のカードも自動的に解約となります。

  • 家族カード
  • ETCカード

▼KDDIフィナンシャルサービス コールセンターの連絡先はこちら。

電話番号:03-6758-7388(通話料有料)
受付時間:9時~18時(年中無休)

解約後のWALLETポイントについて

auウォレットクレジットカードを解約した場合、貯めていたWALLETポイントがどうなるかも気になりますよね。

結論からいうと、auウォレットクレジットカードを解約しただけでは、WALLETポイントはなくなりません。

ただし、auウォレットクレジットカードに登録したau回線契約を解約した場合、WALLETポイントは失効されます。

対象となるau回線は以下の通り。

  • au携帯電話(スマートフォンやタブレット含む)
  • au回線のWi-Fiルーター
  • auひかり
  • auひかり ちゅら

au回線も解約するのであれば、WALLETポイントを使い切ってしまうのがおすすめですね。

WALLETポイントの使い道は以下の通り。

  • auウォレットクレジットカードの請求額を支払う
  • auウォレットプリペイドカードへチャージする
  • au STARギフトセレクションで商品と交換する
  • auかんたん決済に使う
  • 携帯電話の購入や修理・オプション品購入に使う
  • 提携会社のポイントと交換する

新しくカードを作り直した場合も、au IDが同じならWALLETポイントは引き続き使えます。

スポンサーリンク

ETCカードの解約方法について

auウォレットクレジットカードそのものではなく、ETCカードだけ解約したいこともありますよね。
ETCカードだけの解約も可能です。

もし、ETCカードのみ解約したい場合は、KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに連絡しましょう。

ETCカードだけ解約した場合でも、auウォレットクレジットカードはそのまま継続して使えますよ。

auウォレットクレジットカードを解約すると、ETCカードも自動的に解約となります。

家族カードの解約方法について

auウォレットクレジットカードはそのまま継続で、家族カードのみ解約したい場合もあると思います。

ETCカードと同じように、家族カードだけ解約することも可能ですよ。
家族カードを解約する場合も、KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに連絡しましょう。

もし家族カードだけ解約しても、auウォレットクレジットカードはそのまま使えるので安心してくださいね。

ちなみに、auウォレットクレジットカードを解約すると、家族カードも自動的に解約されます。

リボ払いや延滞していても解約できる?

リボ払いや支払いを延滞している場合、auウォレットクレジットカードを解約できるのか心配になりますよね。

結論からいうと、リボ残高が残っている状態での解約はおすすめしません。

たとえauウォレットクレジットカードを解約したとしても、リボ払いで利用した分の支払いは続きます。
すべて支払いを終えた上で解約したほうがいいですね。

リボ払いの残高や延滞している金額は、利用明細から確認できますよ。

早く払いきってしまいたいというのであれば、繰上返済しましょう。

繰上返済は以下の方法から選べます。

  • ATM
  • 口座引落
  • 口座振込

リボ払いを一括返済したい場合は、KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに連絡しましょう。

auウォレットクレジットカードでキャッシングを使っている場合

auウォレットクレジットカードでキャッシングを利用している場合も、支払いを終えてから解約しましょう。

解約前に支払い額を確認した上で、計画的に支払うのがおすすめです。

また、キャッシング機能つきのauウォレットクレジットカードを解約したいけど、そのまま解約するのは不安ということもあるかもしれません。

心配な場合は、auウォレットクレジットカードを解約する前にキャッシング利用枠をなくしましょう。
利用枠の変更は電話から行います。

auウォレットクレジットカードを手元に用意した上で、KDDIフィナンシャルサービス コールセンターに連絡してくださいね。

ちなみに、キャッシングの繰上返済したい場合も、同じくコールセンターに連絡することで手続きできます。

ブランドを変更したいときは?

auウォレットクレジットカードを使っているうちに、ブランドを変更したくなることもあるかもしれません。
あとからブランドを変更できるのかどうか気になりますよね。

カードブランドは変更できますが、変更手数料として1,000円(税別)がかかります。

ちなみに、家族カードを持っている場合は、本会員がブランドを変更すると家族カードのブランドも自動的に変更となりますよ。

この際、変更手数料は再発行するカードの枚数分かかってしまうので注意してくださいね。

カードブランドを変更する手順は以下の通り。

  1. 会員サイトにログインする
  2. 「各種カードを申し込む」から手続きする

auショップでは申し込めません。
必ず、会員サイトからブランド変更を申し込みましょう。

カードブランドを変更しても、以下のものは新しいカードに引き継がれます。

  • 支払口座
  • カードの有効期限
  • 年会費の請求月
  • カードの暗証番号
  • 本人認証サービスのパスワード・パーソナルメッセージ

現在持っているカードの有効期限が3ヶ月未満で切れてしまう場合、有効期限を更新した新カードが発行されます。

カード番号やセキュリティコードは新しくなるので気をつけましょう。

auウォレットクレジットカードの解約後に再入会したい場合

auウォレットクレジットカードを解約した後、再入会できるかも気になる部分ですよね。

一度解約しても、auウォレットクレジットカードに再度申し込むことは可能です。

ただし、入会特典はもらえません。
新規入会キャンペーンが適用されるのは、あくまでも初めてauウォレットクレジットカードを発行したときのみです。

たとえば、以下のような場合は入会特典の対象外になります。

  • 家族カードに新規入会した
  • ETCカードに新規入会した
  • ブランドを変更した

再入会するとまた審査をしなければならない上、入会特典もありません。
特に不満がないのであれば、解約しないほうがいいですね。

auウォレットクレジットカードの解約についてまとめ

auウォレットクレジットカードの解約についてまとめてみました。

  • 解約したい場合はコールセンターに連絡する
  • au回線を解約するとWALLETポイントも失効される
  • auウォレットクレジットカードのブランド変更は可能
  • au IDが同一の場合はWALLETポイントも引き続き使える
  • リボ払い・キャッシング利用時は支払い終えてから解約する

auウォレットクレジットカードはあとからブランド変更ができますが、変更手数料がかかってしまいます。

ムダな出費をおさえるためにも、よく考えてからブランドを選んで、auウォレットクレジットカードを発行したほうがいいですね。

au回線と契約している限り、auウォレットクレジットカードは年会費無料で使えます。

使えば使うほどWALLETポイントも貯まるので、不満がない場合は解約せずに持っておいて損はない1枚ですよ。

おまけ:ほかのクレジットカードを検討している場合

もしほかのカードブランドを持ちたいという場合は、別のクレジットカードを作ってみるのもひとつの手ですね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る