コストコの「プルコギのたれ」の特徴と食べた感想。いろんな料理に使える韓国風焼肉のタレ

スポンサーリンク

こんにちは!
夕食の献立に困ったら、炒め物か煮物をつくる小林敏徳です。

コストコのお肉の定番といえば、プルコギビーフ
約1.5kgのプルコギが2,000円台という驚愕のコスパで、テレビや雑誌なんかでもよく取り上げられています。

ただ、コスパが良いとはいえ、値段が張るのも事実。
しかも量が多いので、食べきれるか心配になる方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、プルコギのたれ
これさえあれば、自宅で簡単にプルコギビーフを再現できますよ。

このページでは、コストコのプルコギのたれについて解説していきます!

プルコギビーフを簡単に再現できる「プルコギのたれ」を購入

コストコのお肉と言えば、プルコギビーフを思い浮かべるのではないでしょうか?

▼甘辛く味付けされたお肉が、約1,5kgで2,000円台。
人が集まるタイミングなんかに購入すると、安いし美味しいしで、めちゃくちゃ喜ばれます。

ただ、これだけ大量のお肉を購入するのは勇気がいるもの。
できれば、何らかの形で「お試し」するか、代用できるものを探したいですよね。

▼そんなときに「プルコギのたれ」は便利ですよ。

コストコのプルコギのたれ(パッケージ)

前から便利だとは聞いていましたが、本当にそのとおりでした!

プルコギのたれ(プルコギヤンニョム)の特徴

プルコギのたれは、韓国語で「プルコギヤンニョム」というそうです。

見た目はちょっと辛そうですが、実はとてもマイルドですよ。

甘辛い韓国風焼肉ダレ

コストコのプルコギのたれ(中身)

コストコのプルコギのたれは、甘辛い韓国風焼肉ダレです。

「甘辛い」と言いましたが、実はほとんど辛くはありません。
韓国産の梨とりんごを配合することで、マイルドな味に仕上げているようです。

実際、ウチの子供たち(4歳、8歳)でも食べられましたので、ほとんど辛さは感じないでしょう。

とにかく万能!いろんな料理に使える

プルコギのたれは、どんなことに使えるのでしょうか?

用途が幅広いので、とても便利ですよ。
▼パッケージには、プルコギとチャプチェの作り方が記載されていました。

コストコのプルコギのたれ(使い方等に関する注意書き)

▼使用量の目安としては、お肉400gに対して大さじ5杯(約80g)とのこと。

コストコのプルコギのたれ(使い方の表記)

ちなみにわが家は、次のようなことにプルコギのたれを使っています。

  • 野菜炒め
  • 焼肉
  • 炒飯
  • 焼きそば
  • 焼きうどん
  • 餃子のタレ
  • チキンの照り焼き

このタレがあれば、野菜炒めがサッとできるので便利なんですよね。

塩コショウとか、そういった細かい味付けを省略できますよ。(はい、面倒くさがりです・・・。)

840g×2本セットで868円

コストコのプルコギのたれ(2本セット)

コストコのプルコギのたれは、840g×2本セットで868円です。

1本あたりにすると434円なので、量が多ければ友達とシェアしても良いでしょうね。

ただ、1回の使用量が多いので、思っているより早くなくなるかもしれません。

賞味期限は11ヶ月(開封後は要冷蔵)

コストコのプルコギのたれ(開封)

プルコギのたれの賞味期限は、11ヶ月です。

開封後は冷蔵庫で保存してくださいね。

チキンの照り焼きと肉野菜炒めを作ってみた

さて、それではいよいよコストコのプルコギのたれを使ってみましょう!

今回は、チキンの照り焼きと肉野菜炒めを作ってみました。

まずはチキンの照り焼きから。
▼プルコギのたれを大さじですくって。

コストコのプルコギのたれ(タレをすくったところ)

▼鶏肉(約400g)にかけていきます。
タレの中にりんごのようなものが浮いていたので、これが甘みを生み出しているのでしょうね。

コストコのプルコギのたれ(鶏肉にかける)

▼鶏肉をしばらく漬け込みます。

コストコのプルコギのたれ(鶏肉を漬ける)

▼鶏肉にタレがしみわたったら、フライパンで炒めます。

コストコのプルコギのたれ(タレに漬けた鶏肉を焼く)

▼これで完成。
めっちゃ美味しそうです!

コストコのプルコギのたれ(チキンの照り焼きの完成)

お味の方は、もっと辛いのかと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。
というか、個人的には甘みしか感じないかも。

濃厚なタレの中に、りんごの甘みとにんにくの風味があって、とても香ばしい。

鶏肉の旨みをよく引き出してくれました!

辛さはほとんどなし!子供でも食べられる

コストコのプルコギのたれ(肉野菜炒め)

もう一品、肉野菜炒めも作りましたが、やはり辛くはありませんでした。
ぼくがそう感じるだけかと思いましたが、ウチの子供たちもよく食べていたので、やはり辛くないのでしょう。

このタレはめっちゃご飯に合う!
そのままご飯にかけても美味しいでしょうね。

かなり気に入りました。

おまけ:おすすめの調味料を紹介

最後に、コストコの調味料のおすすめを2つ紹介しますね。

個人的なお気に入りをピックアップしてみました。

▼まずは定番の「ヨシダソース」から。
こちらも用途が幅広い、万能調味料です。

▼野菜炒めなんかに使っても美味しいですし、お肉のタレにしても抜群ですよ。

コストコのヨシダソース

約1.3kgで798円というコスパも魅力です。

▼もう1つ、「ALCALA minioliva」というオリーブオイルもおすすめ。
これは大人気商品であるため、なかなか手に入らないかも。

コストコのALCALA minioliva(オリーブオイル)(パッケージ)

▼オリーブオイルがポーションで小分けされているので、常に新鮮な状態で使えます。

コストコのALCALA minioliva(オリーブオイル)(使い方5)

バーベキューのときなんかに持っていくと、めちゃくちゃ便利ですよ。

さいごに

コストコのプルコギのたれは、思いのほか便利でした。

これなら自宅で簡単に「プルコギビーフ」が作れそうですね。
辛いものが苦手な方でも、子供でも食べられる。

そんな万能調味料です!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る