セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのお得な使い方を徹底解説!海外旅行保険・審査・ラウンジの活用方法も

スポンサーリンク

家族と海外旅行する時の海外旅行保険を、無料で節約できるクレジットカードがあるって知っていましたか?

こんにちは、海外生活3年目の前原です。

あまり知られていないんてすが、実はクレジットカードを持っていると海外旅行保険がついてくるので、無料で海外の病院に行けてしまいます。

ただほとんどのクレジットカードは、家族分の海外旅行保険まではカバーしてくれないんですね。

しかし家族で海外旅行する人の悩みを解決してくれているのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは家族にも使える海外旅行保険が付帯されているだけでなく、JALのマイルを貯められたり、海外旅行系のサービスが手厚いのでおすすめですよ!

特に会社勤めしている30代以降の家族持ちの人に便利なカードなので、このページでは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイントを解説しますね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードのお得な使い方を徹底解説!

このページの目次

時間のない方へ:要点だけのまとめ

このページでは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをお得に使うためにできることをまとめて紹介しています。

しかし全部読むほど時間のない方のために、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの要点だけまとめてみました。

  • カードの発行が比較的早い
  • JALマイルを最高レベルで効率良く貯められる
  • 家族まで海外旅行保険を適用できる
  • 海外旅行保険の航空遅延保険が付いてくる
  • ショッピング安心保険がある
  • レンタルWi-Fiを割引価格で借りられる

最初に一言でまとめるとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、旅行関係のサービスが手厚いクレジットカードです。

特にすごいのは、JALのマイルをもっとも貯められるSAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)という制度と、家族にまで海外旅行保険を適用できるところでしょうか?

海外旅行をするなら不安を解消してくれるサービスが多いので、持つと役に立ちますよ。

参考:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを今すぐ発行するならこちらから

年会費は初年度年会費無料、2年目以降税抜10,000円

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度年会費無料、2年目以降10,000円(税抜)で持てるカードです。

年会費は10,000円と比較的高いですが、ついてくるサービスの手厚さを考えると、お得さを実感できます。

10,000円でゴールドカードを作れるのは、クレジットカードの平均的な年会費の中でも安めです。

また初年度年会費無料なのはお得ですね!
1年以内の初年度年会費無料期間で使ってみて、自分に合わなければ契約を止めることもできます。

年会費10,000円が高くて不安になるなら、試しに年会費が無料になる初年度に使ってみて、その後使い続けるかの判断をしてみてもいいと思いますよ。

家族カードの年会費

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、1枚あたり税抜1,000円で家族カードを発行できます。

家族カードの枚数は、最大4枚まで発行可能です。
発行できる人は18歳以上(高校生を除く)の同姓の家族に限ります。

発行されたファミリーカードで買い物をして貯めた永久不滅ポイントは、最初に発行した本会員のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに合算される仕組みになっていますよ。

ファミリーカードは本会員カードとほぼ同等のサービスを使えるので、それがありがたいですね。

ETCカードは年会費無料

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでは、付帯でETCカードも発行できます。

もし、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインで使うのであれば、ETCカードがあると支払いを1つのカードにまとめられますよ。

もちろんETCカードの年会費は無料で、家族カードのETCカードも年会費無料です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはオンライン申し込みで最短3営業日で発行可能

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、インターネットから申し込んで審査が降りると、最短3営業日で発行してくれます。

ただ審査から3日営業日といっても分かりにくいので、具体的な手続きの流れを説明すると、こんな感じです。

  1. オンライン(インターネット)で申し込み(24時間可能)
  2. 平日の10〜20時までの間なら、申し込み確認電話電話が届く(土日または夜間は翌営業日の10時以降に電話がかかってる)
  3. 後日、審査結果メールが届く
  4. 発行可能なら、翌3営業日以内にカードを発送
  5. または店舗での受け取りが可能

発行の工程を詳しく見てみると、翌3営業日以内とは審査が降りた後、カードが郵送されるまでの期間のことです。

つまりインターネットから審査を申し込んだり、電話がかかってくる期間のことは入っていません。

ぼくが申し込んだ時は深夜23時に申し込み、翌日の営業日の16時に審査が終わりました。

発行できる時は翌日に発行するので、受取までは3〜5日間くらいの時間が必要です。

だからインターネットから申し込むと、最短で3日くらいだけど、土日などを挟んでしまうと最長で1週間ほどの時間がかかります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのカードブランドはその名の通りアメックス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのカードブランドは、その名の通りアメリカンエクスプレス(アメックス)です。

元々アメリカ人が旅行するために作られたカードなので、旅行系のサービスが本当に充実しています。
空港からスーツケースを送ったり、ホテルなどの割引サービスがありますよ。

国内で使う場合でも、アメックスはだいたいどこでも使えます。

ただ海外旅行をする際は、台湾や中国などの東アジアやイギリスやオーストラリアなどのヨーロッパ、オセアニア圏ではアメックスで支払える場所が少なかったりするので残念なところ。

海外旅行の支払いは万能ではないので、予備でVISAやMasterCard(マスターカード)を持っていくことをおすすめします。

具体的には、海外旅行前の航空券やホテル予約のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで決済する。

海外旅行中は他のVISAやMasterCardで支払いをしつつ、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードについてくる海外旅行保険やトラベルサービスを使うのがおすすめの使い方です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率は0.75%

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには、「永久不滅ポイント」というポイントサービスがあります。

セゾンカードグループが出しているクレジットカードは、大きく分けて4種類あるんですが、このゴールドカードだけは国内のショッピングで1.5ポイント獲得できるのが特長ですよ。

数字に換算すると、国内での還元率は0.75%なので、ゴールドカードらしい還元率になっています。

セゾンアメックス系のポイント還元率比較
カード名国内海外
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード1.5ポイント2ポイント
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード1ポイント2ポイント
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード1ポイント2ポイント
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード1ポイント2ポイント

他のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは国内で貯められるのが1,000円で1ポイントなので、お得ですね。

さらに海外で買い物をすると1,000円ごとに2ポイント獲得できますよ。この場合の海外での還元率は1% なので、海外ではお得にポイントを貯めることが可能です。

アメックスというカードブランドなので海外で支払いに使える場所は少ないのですが、支払えるところは使うとお得に貯められます。

永久不滅ポイントは、毎月の総合計支払額から月に一度計算される仕組みです。

だからコンビニで300円のものを買っても、ポイントがつかないと心配する必要ありません。
月の総合計支払い金額が1,000円を上回っていればポイントがちゃんと付きますよ。

また家族カードを発行している場合、家族カードの利用で貯まった永久不滅ポイントは全て本カード発行人のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに合算されます。

月の総合計支払額が1,000円未満の端数は切り捨てなので、そこだけ注意してください。

あとは以下のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの利用は、永久不滅ポイント付与の対象外です。

  • キャッシングサービスの利用
  • 年会費
  • カード再発行手数料
  • ATM手数料
  • おさいふPontaへのクレジットチャージ
  • ココカラクラブカードへのクレジットチャージ
  • 楽天Edyへのチャージ
  • nanacoチャージ

年会費やキャッシング、電子マネーへのチャージ以外のショッピングや公共料金の支払いでポイントが貯まると覚えておけばわかりやすいですね。

セゾンカードの利用でnanacoポイントも永久不滅ポイント貯まる

nanacoカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを含むセゾン系のカードには、事前登録をするとイトーヨーカドーとセブンイレブンで永久不滅ポイントとnanacoポイントを両方貯められるシステムがあります。

まず手持ちのセゾンカードとnanacoカードをセゾンNetアンサーというサイトで登録しましょう。

その後セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをイトーヨーカドーとセブンイレブンで使うと、永久不滅ポイントを貯めつつ、nanacoポイントも自動で貯まります。

たとえば1,500円分の買い物をイトーヨーカドーしたら、永久不滅ポイントが1ポイント、nanacoポイントが15ポイント貯まるという計算ですね。

このサービスに登録していなかったら、永久不滅ポイントしか貯まりません。

2重にもらえるので、永久不滅ポイントとnanacoポイントを貯めたい人にはおすすめです。

貯めた永久不滅ポイントの仕組み・使い道

貯めた永久不滅ポイントは「ポイントdeお買い物サービス」というサービスで割引交換できますよ。

最低200ポイントから900円分の割引ができるので、貯めたポイントをそのまま支払い時に利用することも可能です。

他にも永久不滅ポイントは支払いだけでなく、300種類以上ある商品などに交換できます。

具体的な表はこちらをどうぞ。

  • Amazonギフト券1,000円分(200ポイント)
  • nanaco 920ポイント分(200ポイント)
  • ナイストリップ(JTB旅行券)5,000円分(1,000ポイント)
  • UCギフトカード2,000円分(500ポイント)
  • JALマイル500マイル分(200ポイント)
  • ANAマイル600マイル分(200ポイント)
  • MTG ReFa CARAT(3,300ポイント)
  • ワンダーコア スマート(1,600ポイント)
  • バルミューダザ・トースター(4,000ポイント)

いろいろありますが、特にマイルを交換できるのがおすすめです。

JALマイルを貯められるSAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)がすごい

永久不滅ポイントについて説明してきましたが、実はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの強みは、どのカードよりもJALのマイルを貯められることです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費4,320円(税込)SAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)に入ることができます。

ただし、セゾン・マイル・クラブに入ってしまうと、永久不滅ポイントを国内では1,000円につき1.5ポイント、海外では2ポイント獲得できる優遇はなくなります。

しかし代わりに1,000円分買い物をするごとに10マイル貯められるんです。

それだけではなく、2,000円分買い物をするごとに、永久不滅ポイントも1ポイント貯まりますよ。

永久不滅ポイントは200ポイント貯めれば、Net限定アンサーという仕組みでJALの500マイルと交換することができます。

この仕組みによって、JALが出しているJALカードよりもポイントを貯めることができるんです!

表を見るとわかりやすいので、こちらをどうぞ。

カード名通常店1,000円ごと特約店1,000円ごと
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード10マイル

1永久不滅ポイント
10マイル

1永久不滅ポイント
JALカード10マイル20マイル

JALカードにはマイルが2倍貯まるJALカード特約店という提携店があります。

ここではJALカードを使ったほうがマイルが2倍になるので、JALカードの方がお得です。

でもそれ以外のお店でJALのマイルを貯めようと思ったら、SAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)に入ったセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを利用したほうが、JALのマイルと永久不滅ポイントを両方貯められます。

成田空港でJALの飛行機に乗ると、JALのカウンター近くでJALカードの勧誘をされるんですが、そのJALカードよりもマイルを貯められるとは予想外でした。

JALのマイルを効率よく貯めたい人にはおすすめのクレジットカードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行保険について

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはゴールドカードなので、付帯されている海外旅行保険の手当ても充実しています。

ざっと見ただけでも、海外旅行保険では以下の大きな特典があるんですよね。

  • 自動付帯
  • キャッシュレス診察
  • 航空機遅延の保険補償
  • 合算可能
  • 家族にも保険を適用できる

どれも見逃せない充実した機能なので、見ていきましょう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは「自動付帯」と「キャッシュレス診察」に対応

クレジットカードの海外旅行保険を使う時に大事なのは、そのカードが「自動付帯」で、「キャッシュレス診察」に対応しているかどうか?です。

だいたいのクレジットカードに海外旅行付帯保険は付いているんですが、海外旅行付帯保険を使えるクレジットカードはこの2つの機能がないと使えないので注意してください。

自動付帯とはそのクレジットカードを海外旅行に持って行くだけで、自動的に海外旅行保険が適用されるカードを指します。

「利用付帯」と表示されているクレジットカードは逆です。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを使って、航空券やツアーのお金を支払わないと、海外旅行保険サービスを使わせてもらえません。

キャッシュレス診察は、クレジットカードの海外旅行保険を使って海外の病院に行った時、無料で診察を受けられるサービスです。

キャッシュレス診察の反対は、立替診察に当たります。
これは現地で病院に行ったら、いったん現地で診察や入院費用を自分で立て替えて支払い、帰国後にかかった診察代をクレジットカード会社に費用を請求しないといけません。

その点、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは「自動付帯」で「キャッシュレス診察」対応です。

安心して使えるクレジットカードの海外旅行保険なのがうれしいですね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは最大300万円まで海外旅行保険のケガや病気、盗難の保険を保障

クレジットカードの海外旅行保険の支払限度額表を見ると、死亡保障5,000万円などの様々な項目が並んでいます。

カード会社も「死亡保障手当が5,000万円、1億円!」など金額の大きさを宣伝しているので、ついついそちらに目がいってしまいがちです。

しかし一番見るべき大事な項目は「疾病」、「傷害」、「携行品損害」を見てください。

なぜなら海外に行って死亡する確率より、ケガや病気、盗難に遭う確率のほうが遥かに高いからです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの「疾病」「傷害」の補償額はどちらも最高300万円になっています。

項目補償金額
傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺症最高5,000万円
傷害治療最高300万円
疾病治療最高300万円
救援費用最高200万円
賠償責任最高2000万円
携行品損害最高30万円
寄託手荷物遅延費用最高10万円
出発遅延費用最高3万円
乗継遅延費用最高3万円

これは海外で交通事故に遭ったり、盲腸を手術を受けても300万円の治療費までなら海外旅行保険で補償されるという意味です。

ぼくは3年以上海外生活をしていますが、海外で死亡までする悲惨な事故に遭う人は今のところまわりにはいません。

しかしオーストラリアで交通事故に遭って入院したり、台湾で病気になったりという話はよく聞きます。

だから海外旅行保険で押さえるポイントは「死亡補償」よりも「疾病」、「傷害」の補償金額のほうが大事なんですね。

その点セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは300万円の補償額があるので、大きなケガや病気をしても安心だと言えます。

また「携行品損害」の項目も30万円分あるので、盗難にあっても30万円分補償されるのも見逃せません。

3,000円分の自己負担額はかかりますが、1点につき10万円分までならお金が戻ってきます。

なお、請求するときは買った商品のレシートや請求書が必要なので、なるべく旅行に持っていくスマートフォンの領収書やレシートは取っておいてください。

ぼくも盗難に遭った時にクレジットカード会社に請求しようとしたら、レシートを合わせて提出する必要があると言われたので、少なくとも高額商品のレシートは取っておくことをおすすめします。

この海外旅行保険付帯サービスだけでも、数千~数万円の海外旅行保険代が浮くので、海外旅行をするならかなりおすすめですよ。

海外旅行で海外旅行保険のお金を節約したいなら、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行保険サービスは本当におすすめです。

飛行機遅延補償や手荷物遅延保障の海外旅行保険がついている

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が1万円するので、年会費無料のクレジットカードにも海外旅行保険は付いてこない海外旅行保険の項目がついてきます。

それが寄託手荷物遅延費用出発遅延費用乗継遅延費用です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはこの項目がついているのが特長です。金額は以下の通り。

項目補償金額
寄託手荷物遅延費用最高10万円
出発遅延費用最高3万円
乗継遅延費用最高3万円

ひとつひとつ紹介しますね。

寄託手荷物遅延費用は、航空会社に預けた手荷物が飛行機を降りた時に6時間以上自分の手元に届かなかった場合に支払われる保険です。

目的地に到着後、96時間以内に購入した下着、寝間着などの必要不可欠な衣類。洗面用具やカミソリなどの生活必需品。およびやむを得ずに買わざるを得なかったバッグなどの身の回り品を、最高10万円まで補償してくれます。

つまりロストバゲージした時の補償が、寄託手荷物遅延費用に当たりますよ。

出発遅延費用は、搭乗予定の航空機が6時間以上の出発遅延したり、欠航、運休などの理由で、6時間以内に代わりとなる航空機を利用できない場合に適用される保険です。

その場合、ホテルに泊まった時の費用や食事代、ホテルまで移動するタクシー代などを補償してくれます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは3万円まで補償してくれるので、かなり手厚い補償になっていますよ。

乗継遅延費用は、出発遅延費用と似た項目です。

こちらは乗継地点で飛行機を乗り換える必要がある時に、乗っていた飛行機が遅れたり、欠航や運休して6時間以上に代わりの飛行機が利用できない場合に補償してもらえます。

出発遅延費用と同じく、ホテルに泊まった時の費用や食事代、ホテルまで移動するタクシー代などを補償してくれますよ。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは最高3万円までの補償です。

どれも年会費無料のクレジットカードの海外旅行保険にはついていない保険項目なので、海外旅行によく行く人はいざという時に安心できる海外旅行保険サービスになっているといえるでしょう。

よくヨーロッパから帰ってくる時にカタールのドーハ空港に到着するのが遅れて、乗り換えに失敗したという話を聞くので、そんな時に乗換遅延保険などが使えますよ。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードと一緒に別のクレジットカードを持っていくことで、海外旅行保険を合算できる

複数のクレジットカードを持っていると、一部の海外旅行保険項目合算できるって知っていましたか?

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの怪我や病気の補償金額は最高300万円なので、一定の補償までは安心です。

しかし、アメリカやヨーロッパの病院は診察代の高いのはあまり知られていません。

国名治療費容体
アメリカ606 万円激しい腹痛を訴え受診。腎臓結石と診断され手術。
ハワイ
(アメリカ)
436 万円バスルームで転倒し首をバスタブに強打。
頸髄損傷と診断され4 日間入院。家族が駆けつける。
イタリア404 万円ナヴォーナ広場で段差に躓き転倒。
上腕骨・肘部複雑骨折と診断され 9 日間入院・手術。
家族が駆けつける。
オーストラリア388 万円クルーズ寄港中のレストランで転倒し腰を強打。
大腿骨頸部骨折と診断され 12 日間入院・手術。
家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。
インド382 万円ホテルの階段で足を踏み外し大理石の角に頭部を強打。
硬膜下血腫と診断され 11 日 間入院・手術。家族が駆けつける。
看護師が付き添い医療搬送。

引用:ジェイアイ傷害火災保険(株)2013 年度 海外旅行保険事故データ

1回の手術で300万円かかることもあるので、もしアメリカやヨーロッパなどへ旅行する時は、海外旅行保険サービスの付いているをクレジットカードを2枚以上持って行くことをおすすめしたいです。

もし海外旅行保険の手厚いクレジットカードを持っていけば、怪我や病気、携行品などの補償額を合算できるので、ぼくも常に海外旅行中は数枚のクレジットカードを入れています。

仮にセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードとエポスカードを持っていたときの合算金額はこんな感じです。

海外旅行保険の合算の仕組みセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードエポスカード2枚合わせた時の補償金額
傷害死亡最高5,000万円最高500万円最高5,000万円(大きい金額優先)
傷害後遺症最高5,000万円最高500万円最高5,000万円(大きい金額優先)
傷害治療最高300万円最高200万円最高500万円(合算可能)
疾病治療最高300万円最高270万円最高570万円(合算可能)
救援費用最高200万円最高100万円最高300万円(合算可能)
賠償責任最高2000万円最高2,000万円最高4,000万円(合算可能)
携行品損害最高30万円最高20万円最高50万円(合算可能)
寄託手荷物遅延費用最高10万円なし最高10万円(合算可能)
出発遅延費用最高3万円なし最高3万円(合算可能)
乗継遅延費用最高3万円なし最高3万円(合算可能)

クレジットカードの海外旅行保険項目で合算できるのは以下の通り。

  • 傷害治療
  • 疾病治療
  • 救援費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 寄託手荷物遅延費用
  • 出発遅延費用
  • 乗継遅延費用

だから怪我の治療費が300万円から500万円に上がり、病気をした時の治療費も300万円から570万円に上がります。

これなら海外で大事故に遭ったり、大病を患った時も莫大な治療費を払う確率が低くなるでしょう。

合算できるという理由からクレジットカードに付帯している海外旅行保険は何枚も持っておくとお得です。

ぼくも海外でどんな病気や事故に遭ってもいいように、海外旅行保険の付帯してるクレジットカードを5〜6枚ほど持っています。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード以外にも、海外旅行保険の手厚いカードを持つことを持っておくと、さらに安心を重ねることができるのでおすすめです。

家族にもクレジットカードの海外旅行保険を適用できる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特長は、最初に紹介したとおり、家族にも海外旅行保険を適用できることです。

その場合の請求できる保険の金額は以下の通りになります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード本会員家族特約
傷害死亡最高5,000万円最高1,000万円
傷害後遺症最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療最高300万円最高300万円
疾病治療最高300万円最高300万円
救援費用最高200万円最高200万円
賠償責任最高2000万円最高2000万円
携行品損害最高30万円最高30万円
寄託手荷物遅延費用最高10万円最高10万円
出発遅延費用最高3万円最高3万円
乗継遅延費用最高3万円最高3万円

家族には傷害死亡・後遺障害の金額が5,000万円から1,000万円に引き下げられています。

しかしそれ以外の項目は全て本会員と同じです。

海外旅行保険で大事な項目は怪我や病気、盗難などの被害補償なので、そこが同じ金額なのは本当に嬉しいですね。

年会費1万円のゴールドカードで家族まで海外旅行保険を適用できるカードは他にほとんどないので、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは家族で旅行をする時に持っていくのをおすすめします。

家族にも海外旅行保険を適用できる家族特約の範囲は以下の通りです。

  • 本会員の配偶者
  • 本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族
  • 別居の未婚の子ども

ちょっと難しいですね。だからもう少し身近な言葉でたとえると、適用できる範囲はこんな感じです。

配偶者の奥さん、もしくは旦那さん。一緒に住んでいる親族のおじいちゃん、おばあちゃん、子ども。一人暮らしをしている結婚していない子どもまで、家族特約は適用されます。

大学生になって海外旅行をする子どもにも海外旅行保険を適用できるのはすごいですね!

正直、ここまで適用範囲の広い海外旅行保険のほとんどないのでびっくりしました。

これはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな強みです。

クレジットカードでは珍しい利用付帯の国内旅行保険付き

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには国内旅行でも適用される旅行保険も付いています。

国内旅行保険は「利用付帯」なので、国内旅行の交通費や宿泊費をセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使って払った場合のみ適用されますよ。

もしセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで国内旅行保険を使いたい時は注意が必要です。

カードの国内旅行保険の補償金額はこちらです。

項目本会員
傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺症最高5,000万円
入院日額5,000円
通院日額3,000円

傷害死亡・後遺障害は公共交通機関や旅館やホテルなどの宿泊施設などで事故に遭った場合、最大5,000万円まで補償されます。

入院日額とは旅行中に怪我を負った場合、8日間以上入院すると補償される金額です。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、この補償金額が1日5,000円になるんですね。

通院日額とは旅行中に怪我を負った場合、同じく8日間以上通院した場合に補償されます。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、この金額は1日3,000円になっていますよ。

もし国内旅行するときは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで支払うとこれらの補償が受けられるので、国内旅行の支払いはこのカードで支払うことをおすすめします。

家族にもクレジットカードの国内旅行保険を適用できる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの国内旅行保険は、海外旅行保険と同じように家族にも適用できます。その時の金額はこちらです。

項目本会員家族特約
傷害死亡最高5,000万円最高1,000万円
傷害後遺症最高5,000万円最高1,000万円
入院日額5,000円5,000円
通院日額3,000円3,000円

その場合、傷害死亡・後遺障害補償の項目が5,000万円から1,000万円に下がりますが、入院や通院した時にもらえる金額は一緒です。

死亡補償項目より入院や通院する確率の方が高いので、ここの金額が同じならまず安心ですね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはショッピング安心保険もついている

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはショッピング安心保険もついてきます。

ショッピング安心保険は、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使って購入した商品が120日間以内に破損、盗難、火災などの偶然の事故で壊れたら、その購入した金額を払い戻してくれる保険のことです。

買い物した場所は国内、国外問わないので、海外旅行にも使えます。

他のクレジットカード会社は、ショッピングプロテクションという名前で表現していることもありますね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、1万円以下の商品は補償されませんが、自己負担額はないので、何か高額商品を買った時の保険になっています。

ショッピングプロテクションの対象外の商品は以下の通りです。

  • 商品券、航空券、乗車券など
  • ヨットやモーターボート、自動車などのエンジン付きの乗り物
  • 自転車、ハングライダー、サーフボード、スキーなど
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡等
  • 現金、手形、乗車券などのチケット類
  • 設計図、図案、帳簿等
  • 動物、植物
  • 携帯電話などの通信機器、ノート型パソコン等
  • 食料品・飲料品(酒類を含む)
  • クレジットカード保持者の職業上の商品として購入したもの

エンジン付きやスポーツで使う乗り物、身体の補助する器具、現金や金券類、動植物、通信機器、食料品以外なら対象内なので、ショッピング安心保険の対象の幅は広いです。

年会費無料の横浜インビテーションカードなどのクレジットカードにも、ショッピング安心保険(ショッピングプロテクション)はついてくる場合があります。

しかしセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費無料のカードと比べ、2つの特長があるんです。

  • 補償期間が120日間までと長い(年会費無料のカードは90日間まで)
  • 自己負担額が必要ない(年会費無料のカードは3,000円取られる)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費がかかる分、補償も手厚くなっていますよ。

海外旅行をすると盗難などのトラブルに巻き込まれやすいので、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで全部買い物をして、何かあった時のためにショッピング安心保険をかけておくという使い方もできます。

プライオリティパスを特別優待価格で発行できる

取得したプライオリティパス

海外の空港には航空会社が運営するラウンジの他に、プライオリティパスというカードの会員になることで入れるラウンジがあります。

通常このプライオリティー・パスは399ドル(約44,000円)の年会費を支払わないといけないのですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、特別優待料金の10,800円で手に入れることができるんですね。

ただプライオリティー・パスを発行するためだけに別途10,800円かかるので、それだけではお得とはいえないです。

楽天プレミアムカードは年会費10,800円を支払うと無料でプライオリティー・パスを発行できます。

プライオリティー・パスの発行目的でセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで作るのは向いていません。

国内空港とハワイの空港ラウンジが無料で使える

プライオリティー・パスは有料でしたが、国内の主要空港30のラウンジとハワイのダニエル・イノウエ空港のラウンジを無料で利用できます。

使える空港の一覧はこちらです。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 仙台国際空港
  • 秋田空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港第1ターミナル
  • 羽田空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 熊本(阿蘇くまもと空港)空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)

手荷物無料宅配サービスがある

海外旅行から帰った時、重いスーツケースをなるべく運びたくないという状況、よくありませんか?

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなら日本の主要国際空港からスーツケースを無料で送ることができます。

カードの持ち主1人につき、1つのスーツケースを送れるので、帰りは手ぶらで帰宅もできちゃうんですね。

手荷物を送れる空港は以下の4つの空港です。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港(国際線ターミナル)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

ちなみに自宅から空港に送る時は一つにつき100円引き、空港から自宅に帰る時に2つ目以降を送りたい時は200円引きで送れます。

コート預かりサービス

日本が冬の時に南半球のオーストラリアや赤道直下の国に行くと、暑くてコートがじゃまになってしまいますよね。

そんな悩みにも応えられるよう、空港にあるコート預かりサービスの割引も受けられます。

通常の価格から20%割引してくれる上、ファミリーカードや一緒にいる家族や友達の分も割り引いてくれますよ。

空港名日数料金
成田・中部国際空港4日以内820円(通常1,030円)
7日以内1,070円(通常1,340円)
10日以内1,240円(通常1,550円)
11日以降10日ごとに410円(通常520円)
関西国際空港4日以内820円(通常1,030円)
5日以降1日ごとに160円(通常210円)
羽田空港(国際線)1日ごと160円(通常200円)

普段は高くて使おうと思わなくても、割引が効くなら使いやすくなりますね。

海外アシスタントデスクの存在がうれしい

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには、海外アシスタントデスクサービスもあります。

日本や海外にいる時に、海外アシスタントデスクに電話すると、日本語でサポートしてくれるのでおすすめですよ。

ぼくも海外で病気になっり、盗難などにあった時はクレジットカード会社に電話して、日本語で説明と対処方法のアドバイスを受けているので、意外とあなどれないサービスだといえます。

また海外旅行の際にちょっといいレストランで食事をしたい時、予約を事前にする必要があるんですね。

そんな時にその国の言葉や英語を話せないと予約しづらくなるんですが、海外アシスタントデスクにお願いする方法もあります。

ホテルのコンシェルジュに頼んでもいいんですが、コンシェルジュとのやりとり自体を英語でやることになるので、海外アシスタントデスクの利用はおすすめです。

海外用Wi-Fi・携帯電話レンタル割引サービスがある

海外旅行では、通信手段の確保は欠かせません。レンタルWi-Fiルーターを借りて持っていくことがおすすめなんですが、少しでも借りる料金を下げたいですよね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードならグローバルWiFi、テレコムスクウェア、JAL ABCで借りられるWiFiルーターを会員限定の割引価格で借りられます。

なかでもおすすめなのが、大手のグローバルWi-Fiです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで決済すれば、通常500円かかる受け取り手数料が無料。利用料金も20%割引が効きます。

会社グローバルWi-Fi
割引価格
グローバルWi-Fi
3GWi-Fiプランの値段670円 / 936円870円 / 1,170円
1日あたりに使える容量250MB / 500MB250MB / 500MB
4GWi-Fiプランの値段1,096円1,370円
1日あたりに使える容量500MB500MB
あんしん保障
(1日あたり)
160円 (税抜)
240円 (税抜)
400円 (税抜)
200円 (税抜)
300円 (税抜)
500円 (税抜)
商品手配手数料500円 (税抜)500円 (税抜)
配達手数料500円 (税抜)500円 (税抜)
配達返却手数料有料 (自己負担)有料 (自己負担)
空港受け取り手数料なし500円 (税抜)

台湾で借りる場合、1日あたりの値段

グローバルWiFiの利用料金20%オフはiPadなどのオプション商品を借りる時にも適用されます。

海外旅行保険だけでなく、通信料金も割引になるのは大きいですね。

この割引は本当に良心的だと感じます。

スマホやパソコンからセゾンカード経由でnanacoにチャージできる

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのお店では、nanacoというプリペイド電子マネーを使って支払うことができます。

しかしセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、パソコンやスマートフォンを使って、手持ちのnanacoにチャージできるようになるんですね。

これはとても便利です。

ただnanacoにチャージしても、永久不滅ポイントやSAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)でのマイル付与はないので、そこは気をつけてください。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーではセゾンカードを使ったほうが、永久不滅ポイントもnanacoポイントも、両方貯められます。

アップルペイ(Apple Pay)に対応にしている

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、2017年現在、iPhoneとアップルウォッチで使える決済サービスのアップルペイに対応しています。

2018年1月現在、iPhone7、iPhone7Plus、iPhone8、iPhone8Plus、アップルウォッチ (Apple Watch) のシリーズ2、シリーズ3で使えますよ。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはQUICPayに対応しているので、登録したら「QUICPay」と表示された加盟店で利用可能です。

あまりApple Payを使っている人を見かけませんが、サインをするクレジットカードよりも決済スピードが速いので、本当にこれは便利です。

ぼくも日本に帰国した時は使っているので、対応しているアップル製品を持っているならぜひ使ってみてください!

もちろんApple Payを使っても、ちゃんと永久不滅ポイントやJALマイルを貯めることができるので、安心してくださいね。

また、Apple Payの利用キャンペーンが行われていることもあり、こちらもお得でうしょ!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの注意点 (デメリット)

どのカードもそうですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードにも他のクレジットカードと比べて、強みと弱みがあります。

ぼくが感じる弱い点を紹介すると、この点です。

  • 還元率が0.75〜1%なので、還元率が飛び抜けてはよくない
  • アメリカンエクスプレス(アメックス)なので、海外の支払いに弱い
  • プライオリティー・パスの発行に別途10,800円かかる

一つ一つ説明しますね。

還元率が0.75〜1%なので、還元率がそこまでよくない

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの弱点は、クレジットカードの還元率の低さです。

0.75〜1%というセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの数字は、ゴールドカードの還元率から考えると標準的ですが、世の中にはまだまだ還元率の良いクレジットカードがあります。

高還元率のクレジットカードを探しているなら、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの還元率は1%以上を超えると良いとされているので、普段の買い物や支払いでクレジットカードを使う時には向いていないと言えるでしょう。

ただセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの強みは、還元率ではなく、JALのマイルを効率よく貯められるSAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)です!

JALのマイルは現在発行されているカードの中では、最高レベルで貯められるので、JALマイルを貯めたい人にはおすすめしたいですね。

アメリカンエクスプレス(アメックス)なので、海外の支払いに弱い

アメリカンエクスプレス(アメックス)ブランドは、海外であまり使うことができません。

旅行用のために作られたカードなんですが、実際に海外に行くとアメリカンエクスプレス(アメックス)のカード利用を断られるお店は多いです。

ぼくのなかの経験だと、台湾のATMで海外キャッシングできなかったり、オーストラリアのレストランの支払いで使えなかったり、アフリカのルワンダのホテルで使えなかったり……。

海外還元率は1%になっていますが、使えない場所が多いので、実質1%の還元率の恩恵を受けることはあまりありません。

海外に行く時はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをサブカードとして持っていき、VISAかMasterCardのカードをメインで持っていくことをおすすめします。

でも海外旅行保険などは他のカードよりも使えるので、海外旅行時はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行サービスを使うと割り切ったほうがいいでしょう。

プライオリティー・パスの発行に別途10,800円かかる

プライオリティー・パスを持っていれば、ビジネスクラスに乗らなくても、空港でラウンジを利用できます。

だからよく海外旅行をする人はプライオリティー・パスを持っておくと便利なんですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは発行に別途10,800円かかってしまいます。

これではカードの年会費10,800円(税込)に加え、プライオリティー・パスの発行に10,800円(税込)かかり、合計21,600円(税込)かかってしまいます。

楽天プレミアムカードは年会費10,800円(税込)を支払うと無料でプライオリティー・パスを発行できるので、そこが残念なポイントです。

もしくは年会費21,600円(税込) を支払って、上級クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持ったほうが、プライオリティー・パスを無料で発行することができます。

海外旅行保険を家族にも適用できるのですごくいいカードなんですが、プライオリティー・パスを使いたいなら、別の方法を考えたほうがいいですね。

ちょっと1人で安くラウンジを使ったり、クレジットカードの海外旅行保険を使いたかったら別のクレジットカードがおすすめです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの審査の基準は?

ここまで説明してきたセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが、気になるのは申し込んだ時の審査基準です。

そこで2年間フリーランスをやっている個人事業主をぼくが申し込んでみることに・・・。
▼ネットでサクッと深夜23時ごろに申し込んだんですが、翌日さっそく審査結果が出ました。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード申し込み

▼その結果は残念ながら審査に断られてしまいました!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード申し込み

えー!?ちょっと何が悪かったんでしょうか?
他のゴールドカードなどは比較的審査に通ってきたので、これはショックです・・・。

発行条件として、安定した収入、今までクレジットカード払いを延滞したことがない、などの項目が重要視されるので、個人事業主には厳しいのかもしれません。

いや、クレジットカードの支払いを多少延滞したことがあるので、ぼくはそれがまずがったんでしょうか……?

もしこれからセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを発行したい人は、安定した収入とクレジットカードの支払い延滞には気をつけたほうがよさそうです。

さいごに

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを紹介してきましたが、やはりこのカードの強みは旅行系や買い物サービスです。

  • カードの発行が比較的早い
  • JALマイルを最高レベルで効率良く貯められる
  • 家族まで海外旅行保険を適用できる
  • 海外旅行保険の航空遅延保険が付いてくる
  • ショッピング安心保険がある
  • レンタルWiFiを割引価格で借りられる

特に海外旅行保険の手厚さはすごいです。
ケガや病気でも300万円まで家族を含めて治療が受けられるので、家族と海外旅行する時は持ちたいカードだといえます。

いろんなクレジットカードの海外旅行保険がありますが、家族まで適用できるのは少ないので、本当に貴重です。

カードの発行も比較的早いので、海外旅行前の10日から1週間前に発行しておけば、海外旅行保険に加入しなくても大丈夫ですよ。

またSAISON MILE CLUB(セゾン・マイル・クラブ)に入れば、JALマイルを最も効率よく貯めることも可能です。

2,000円で20マイルと1永久不滅ポイントを貯められるので、JALカードよりも貯められるスピードが速いのは、声を大にして伝えたいセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの強み!

JALマイルと海外旅行保険、ショッピング保険、旅行サービスが充実しているので、家族と海外旅行する人には本当に使えるカードです。

年会費10,800円(税込)かかりますが、家族分の海外旅行保険まで補償してくれるクレジットカードはほとんどありません。

自分1人なら他のいいカードがありますが、家族を持っている人には格安で使えるクレジットカードになっています。

初年度は年会費無料なので、使ってみて自分に合っているか判断するしても大丈夫!
気になったら試してみることをおすすめします。

また、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードではお得な入会キャンペーンもありますので、初年度年会費無料のうちに条件を満たせばプラスにできますよ。

参考:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使うにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

前原 和裕

主に海外に住みながらブログを更新するブロガーです。『あしたはもっと遠くへいこう』というブログを運営してます。海外系のお役立ち情報を提供させていただきます。

執筆メンバの一覧を見る