クイニーアマンとは?コストコ・コンビニでの販売状況・カロリー・アレンジレシピなど作り方のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
コストコに行ったら、3〜4回は試食をする小林敏徳です。

試食で気に入った「クイニーアマン」を購入してみました。

家に帰ってさっそく食べてみると、これがめちゃくちゃ美味しい。
個人的には初めてだったのですが、とても気に入りました!

そこで気になってきたのが「クイニーアマンってそもそも何なの?」ということ。
どこのお菓子なの? 作り方は? カロリーは? コンビニでも買えるの?

それらについて詳しく調べてみました。

というわけでこのページでは、「クイニーアマンとは?」について徹底的に解説します。

また、コストコのクイニーアマンも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

試食で気に入った「クイニーアマン」を買ったみた!

コストコのクイニーアマン(パッケージ)

コストコで「クイニーアマン」を購入しました。

店内で試食をしたときに、サクッとした食感と深みのある甘さの虜になったんですよね。

でも、クイニーアマンってそもそも何なのだろう?
家に帰ると、そんな疑問がふつふつと湧いてきました。

というわけで、まずは「クイニーアマン」について調べてみました!

クイニーアマンとは?

クイニーアマンというのは、聞き慣れない名前ですよね。

どうやら「フランス」にルーツがあるみたいですよ。

バターをたっぷり使用したフランスの伝統的な洋菓子

クイニーアマンは、フランスのブルターニュ地方に伝わる伝統的な洋菓子です。

名前の意味を調べてみると、クイニーは「お菓子」のことで、アマンは「バター」のことなのだそう。

つまり「バターのお菓子」ということですね。

バターたっぷりのパイ生地を、溶かしたグラニュー糖でコーティング。
そんなスイーツのような、パンのような洋菓子です。

クイニーアマンは自宅でも作れる

ちょっと手間はかかりますが、クイニーアマンは自宅でも作れますよ。

用意する材料は、以下のとおりです。

  • 強力粉
  • 薄力粉
  • ドライイースト
  • 砂糖
  • スキムミルク
  • 牛乳または乳清
  • バター
  • グラニュー糖

パンをよく作る方なら、常備しているものばかりでしょう。

作り方の大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. バター・強力粉等を使い、パンの生地を作る
  2. 一次発酵させる
  3. ガス抜きをしてからベンチタイム
  4. グラニュー糖とバターを混ぜ、よくこねる
  5. 好きな大きさに成形する
  6. 二次発酵させる
  7. 仕上げ用のグラニュー糖とバターを適量まぶす
  8. オーブンで焼いて完成

ぼくのような素人からすると大変な工程ですが、慣れている方なら簡単だと思います。

クイニーアマンのレシピは、クックパッドで検索できますよ。

アレンジレシピもある

クイニーアマンを自分なりにアレンジすることも可能ですよ。

味付けを変えることもできますし、食パンで作ることも可能。
買ってきたバターロールやクロワッサンで作ることもできるので、ぜひ一度お試しください。

こちらもクックパッドにレシピがのっています。

カロリーはちょっと高め

「クイニーアマンは、見た目からしてカロリーが高そう・・・。」
「食べ過ぎたら太るかも・・・?」

そんな心配をしている方もいるでしょう。
お察しのとおり、クイニーアマンのカロリーはちょっと高めです。

カロリーSlismというサイトを参考にすると、1個(75.6g)あたり288kcalだそうです。

もちろん、これはあくまでも目安ですが、大きくは外れないでしょう。
パンのカロリーとしては高めなので、食べ過ぎに注意してくださいね。

クイニーアマンが買えるコンビニは、セブンイレブンなど

「クイニーアマンを自分で作るのは面倒だし、コストコに行こうにも会員じゃないし・・・。」

そんな方は以下のコンビニに行ってみてください。
オリジナルのクイニーアマンがありますよ。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

コンビニのクイニーアマンも人気なようで、定期的にリニューアルされている模様。

バターの香りと食感が素晴らしいと評判だそうです。

さて、いかがでしたでしょうか?

ここまでで「クイニーアマンとは?」の調査は終了です!

カークランドシグネチャー クイニーアマンの特徴

ここからは、コストコのクイニーアマンについて解説しますね。

この記事を書いた数日後に、さっそくリピートしてしまいました!

不定期で店頭に!?基本に忠実なクイニーアマン

コストコのクイニーアマン(表面)

コストコのクイニーアマンは、基本に忠実。
奇をてらったものではないので、とても食べやすいですよ。

生地は見るからにサクサクで、バターの香りがふんわり。
口にした瞬間に、グラニュー糖の強い甘みが広がります。

ぼくはクイニーアマン初心者でしたが、美味しく食べられました。

ただ、いつも店頭に並んでいるわけではないようです。
パンコーナーで見かけるときと、そうでないときがあるので、おそらく不定期で販売されているのでしょうね。

9個入りで1,298円(1個あたり144円)

コストコのクイニーアマン(9個入り)

クイニーアマンは、9個入りで1,298円です。

1個あたりに換算すると、144円ですね。

一般的なパンやドーナツと比べると「高い」と感じるかもしれませんが、パン屋さんのクイニーアマンは1個200円〜230円程度なので、そう考えると安いと思います。

何よりも「9個入り」というのは、お得感がありますね。

賞味期限は4日!冷凍保存は厳しいかも

コストコのクイニーアマン(底面)

クイニーアマンの賞味期限は、製造日を含めて4日。
つまり1日あたり2〜3個消化すれば、賞味期限内に食べ切れます。

コストコのパンは冷凍保存できるものがほとんどですが、これに関してはちょっと難しいでしょうね。

表面のグラニュー糖が解凍時に溶けてしまう可能性があるからです。
ただ、めちゃくちゃ美味しかったので、余らせる心配はないでしょう!

とても上品なスイーツパンだった!

クイニーアマンは、とても上品なお味でした。

さすがはフランスの伝統的なお菓子ですね。

これはパンというよりも、スイーツパンと言ったほうが正しいかもしれません。

▼パイ生地は一般的なものよりも固めですが、サクッと噛み切れます。

コストコのクイニーアマン(断面)

食感に関して言えば、クッキーに近いかもしれません。

▼表面を覆うグラニュー糖は、このとおり。

コストコのクイニーアマン(生地の表面)

写真でも、どれだけ甘いかお分かりいただけると思います。

ランチに2個食べたのに、夕食にもう1個食べてしまいました。
甘いもの好きのぼくにとって、たまらない商品です。

おまけ:ラグジュアリーな味がお好きなら、クロワッサン系もおすすめ

最後にちょっとだけ余談です。
クイニーアマンのようなラグジュアリーな味がお好きなら、クロワッサン系もおすすめですよ。

▼「ラグジュアリーミニクロワッサン」は、見た目こそシンプルですが、バターの甘みと香りがすばらしい商品です。

コストコのラグジュアリーミニクロワッサン(パンの表面)

いつも2〜3個はかるく食べてしまいます。

▼「パンオショコラサヴール」は、大人気のミニパンオショコラのリニューアル品。

コストコのパンオショコラサヴール(手に取った様子)

生地とチョコレートのグレードがアップしています。

こちらの商品については、次の記事をご覧ください。

さいごに

よく考えてみたら、クイニーアマンは初体験でした。

名前はよく聞いていましたが、口にしたのはコストコのが初めてです。

第一印象が良かったので、またリピートしたいと思います!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る