手数料最安!ライブスター証券の株式取引・投資信託・おすすめの使い方を徹底解説!

スポンサーリンク

株の売買では、どうしても手数料がかかります。
証券口座によって手数料は様々ですよね。

手数料が安ければ安いほど、その分だけ利益が出た時に多くなるし、損失の場合も手数料が安い分だけマイナスが小さくなります。

手数料を徹底的に安くしようと思うなら、ライブスター証券が有力な候補になりますよ。

このページでは、ライブスター証券について詳しく説明していきますね。

ライブスター証券

ライブスター証券について

ライブスター証券は、最近勢いのあるように感じる証券会社です。

取り扱っている金融商品は株、FX、投資信託、先物取引です。
それほど商品数は多くないものの、普通に株式取引がしたいだけであれば十分すぎる機能を持っています。

ライブスター証券の口座を持つ最大のメリットは、株式の売買手数料の安さです。

株の売買手数料はとにかく安い!

まずは、ライブスター証券の大きな強みである株の売買手数料について。

料金プランは、1回の注文ごとに手数料が発生する「一律(つどつど)プラン」と1日の約定代金の合計額に応じて手数料が決まる「定額(おまとめ)プラン」の2つがあります。

どちらのプランであっても、株式手数料は安いですよ。
現物でも信用でも手数料が安いです。

現物の場合は、10万円以下の株式取引手数料が税抜80円です。
20万円までも税抜97円。

他の証券会社と比較しても圧倒的に手数料が安いですよ。

1つ1つの銘柄を厳選して買っていく場合は、ライブスター証券の一律プランの手数料を使うことで、手数料が安い分だけ利幅を大きくしたり、損失額を小さくできます。

1日に何度も取引するデイトレーダーのような使い方をされる場合は、定額プランを使うのがおすすめです。

いくら1つの注文での手数料が安くても、積み重なると大きな額になりますからね。

ライブスター証券 現物手数料

信用取引の場合は、現物取引よりも手数料が安い感じです。

一律プランだと300万円以下の場合、手数料が税抜80円です。
1回で300万円を超えると手数料無料になります。

定額プランの場合は、100万円ごとに税抜400円の手数料です。

証券会社の手数料

の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

100,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-無料-無料
GMOクリック証券95円230円100円100円
ライブスター証券86円432円86円432円
マネックス証券108円2,700円108円2,700円
マネーパートナーズ-216円--
楽天証券150円463円388円463円
SBI証券150円103円154円103円
岡三オンライン証券106円106円106円106円
カブドットコム証券97円-106円-
SMBC日興証券135円-無料-
むさし証券237円1,296円237円1,296円
内藤証券180円195円267円174円
立花証券108円216円540円540円

証券会社の手数料

の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

1,000,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-1,080円-1,080円
GMOクリック証券470円860円100円420円
ライブスター証券367円648円86円432円
マネックス証券1,620円2,700円1,620円2,700円
マネーパートナーズ-1,944円--
楽天証券525円926円388円926円
SBI証券525円822円388円515円
岡三オンライン証券648円864円540円756円
カブドットコム証券1,069円-820円-
SMBC日興証券864円-無料-
むさし証券475円1,296円475円1,296円
内藤証券740円813円483円731円
立花証券2,052円972円540円2,160円

証券会社ごとに手数料を比較すると、ライブスター証券の安さが際立つと思います。

入金方法や株の買い方など

ライブスター証券に口座開設したあとに、利用するには入金しないといけません。初めて使う方向けに、入金方法をまとめています。

株の買い方、信用売り、現渡の方法を以下のページでまとめています。株主優待を取得する方は必見です!

株主優待を手数料だけで取得する時の流れと注意点はこちらで。

IPOには対応していない

新規公開株を買う時に応募するIPO、ライブスター証券では残念ながら対応していません。

いずれ対応する日がくるといいですね。手数料が安い分、IPOで株を買えるようになったら有利になると思います。

NISA口座も作れる

ライブスター証券でも、2014年から始まったNISA口座を作ることができます。NISAを使うと、収益に対する税金が非課税になります。

NISAを作るとキャンペーンが適用される証券口座も多いですが、ライブスター証券でNISAを作っても特典はありません。純粋にNISAが使えるようになります。

キャンペーンなしでNISAをすすめているライブスター証券に潔さを感じるのは私だけでしょうか。

投資信託はレオス・キャピタルワークスの2つのみ

ライブスター証券では、投資信託にも対応しています。といっても、他の証券口座のように多くのファンドが売り買いできるわけではありません。

ひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの投資信託だけが購入可能です。以下の2つですね。

  • ひふみプラス
  • レオス・アジアセレクト株式ファンド

ひふみプラスの場合は、ひふみ投信から直接購入する方がいいと思います。

ライブスター証券でしか購入できない「レオス・アジアセレクト株式ファンド」

もう1つのファンド「レオス・アジアセレクト株式ファンド」これは今回初めて知りました。

これはライブスター証券でしか買えないファンドです。
日本以外のアジア諸国の株式に投資しているファンドですね。

香港、中国、マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、韓国、台湾、フィリピン、インド、ベトナム、スリランカなどに投資しています。

購入時の手数料は無料で、信託報酬は税抜1.4%です。実質的な信託報酬は、以下のように記述がありました。

投資対象とする外国投資信託のコストを含めた実質的な信託報酬等は、純資産総額に年2.5%程度の率を乗じて得た額程度になります。

via: レオス・アジアセレクト株式ファンド商品概要

アジア諸国に投資するため、少し手数料は高めですが、興味のある方は試してみてもいいかもしれません。

今のところ、順調に基準価格が上がっているようです。もちろん投資信託なので、購入時よりも安くなる可能性があります。その点は注意した上で自分の判断で投資してくださいね。

最初の40営業日は手数料無料!

ライブスター証券は、キャンペーンで口座開設日から40営業日、手数料が無料になります。

これを株主優待が集中する3月や9月に合わせるようにすると、1回分は格安で株主優待を取得することができますよ。

私も過去、2012年3月の優待はライブスター証券を活用して手数料無料で取引することができました。

うまく時期を調整して口座開設すると、手数料無料で株の売買ができます。

さいごに

ライブスター証券は、現物取引・信用取引に関わらず、株式手数料の安さが魅力的です。

株をこれから始めてみようと思っている方や、株主優待をできる限り低コストで取得したいと思っている方にピッタリの証券口座ですよ。

当然ながら、口座開設・維持にかかる手数料はゼロです。
一切費用はかかりません。

口座だけ作って全く使わなかったとしてもお金を取られることはありません。

オリコンの手数料ランキングでも1位になるなど、知る人ぞ知るお得な証券口座です。私も当然口座開設していますよ。

口座開設はともかく、一度ライブスター証券のページをチェックすることをおすすめします!

▼ライブスター証券の詳細ページ・無料口座開設はこちらから▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。

執筆メンバの一覧を見る