楽天証券に入金する3つの方法・リアルタイム入金する手順・手数料を無料にするコツを徹底解説

松本 博樹の画像

こんにちは!
楽天証券の口座をフル活用している、ノマド的節約術の松本です。

楽天証券の口座を作ったら、次は株を買ったり投資信託したりしたいですよね。

そのために楽天証券の口座に入金しないと何もできません。

でも、初めてだと、どうやって入金すればいいのかがわからないですよね。
そこでこのページでは、楽天証券へ入金する方法を具体的な手順と一緒に紹介していきます。

楽天証券には、リアルタイム入金という便利な機能があって、他の銀行から即時で入金できますよ。
時間に関係なく、自分の銀行口座から証券会社の口座に資金移動ができます。

楽天証券にリアルタイム入金する方法

楽天証券へ入金する3つの方法

楽天証券に入金する方法はいくつかあって、全部で3種類あります。
その方法が以下の通り。

  • リアルタイム入金
  • 振込入金
  • らくらく入金

一番おすすめな方法がリアルタイム入金ですが、それぞれの入金方法を使うときに知っておくとお得なことを紹介していきますね。

リアルタイム入金のやり方はあとで手順を説明します。

リアルタイム入金について

楽天証券にリアルタイム入金したい場合は、対応している金融機関を使えば即時入金できます。

ただ、楽天証券のメンテナンス時間があるため、その時間以外であればリアルタイム入金できるようになっていますよ。

リアルタイム入金できない時間は以下の通り。

  • 15:30〜17:15
  • 翌3:00〜6:00
  • 翌7:30〜7:40

リアルタイム入金に対応している金融機関は以下の通り。

楽天グループの楽天銀行以外のネット銀行でも対応しているのがいいですね。

ちょっとした裏ワザですが、三井住友銀行やみずほ銀行などのメガバンクからもリアルタイム入金ができるので、楽天証券に入金したあとに楽天銀行に移すなどすれば、手数料無料で送金できちゃいます。

振込入金について

振込入金は文字通り、銀行やATMから楽天証券の「入金先銀行口座」に振込すれば入金できます。

入金先銀行口座は、ログインしたあとで「設定・変更」→「入金口座」から振込先を確認できますよ。

振込入金したときに入金が反映されるのは、営業日の9:00〜15:00になります。
そのため、土日を挟んでしまった場合は入金が遅くなりますので注意してください。

どうしても銀行振込する場合は、振込手数料が無料になるように工夫しましょう。
リアルタイム入金に対応していない銀行の中だと、住信SBIネット銀行ソニー銀行が他行宛振込手数料が無料にできますね。

入金先銀行口座はどこがおすすめなのかと気になるかもしれませんが、振込手数料が無料にできればどこでも関係なくなります。

らくらく入金について

一番手っ取り早い入金方法が「らくらく入金」です。

楽天証券だけでなく、楽天銀行の口座も合わせて持っていると、連携サービスの「マネーブリッジ」が使えるようになり、そのうちの1つの機能ですぐに入金できます。

らくらく入金を使えば楽天銀行にログインする必要すらなく、楽天証券の口座に入金できますよ。

マネーブリッジを使えば、楽天銀行の普通預金金利が0.10%になるため、両方とも口座開設するほうがおすすめです。

楽天証券と楽天銀行は同時に口座開設できるため、入金の手間を省くためにも両方の口座を持っておいたほうがいいですよ。

現金1,000円もらえるキャンペーンもあるのでおすすめ。
以下のボタンから詳しく見れますよ!

楽天証券へのリアルタイム入金手順

▼楽天証券にログインすると、上のメニューに「リアルタイム入金」というのがあります。そこを押しましょう。

楽天証券にリアルタイム入金する

▼リアルタイム入金の画面で、どの銀行からリアルタイム入金するかを選びます。

楽天証券にリアルタイム入金する

私は住信SBIネット銀行を選びました。
たまたま残高が多かったという理由だけで選んでます。ひとまず40万円を楽天証券に入金することにしましょう。

▼振込入金額に400,000円と入力して、右下の「確認」ボタンを押します。

楽天証券にリアルタイム入金する

▼確認画面が表示されますので、右下のオレンジ色のボタンを押してください。

楽天証券にリアルタイム入金する

▼次はようやく住信SBIネット銀行の画面に変わります。
ここから先は、選んだ銀行によって画面が異なりますので、それぞれの銀行から手続きを進めてください。

楽天証券にリアルタイム入金する

▼すべて手続きが終われば、楽天証券のリアルタイム入金完了画面に戻ってきます。

楽天証券にリアルタイム入金する

▼楽天証券のトップページに戻ると、ちゃんと40万円が反映されてますね。
リアルタイム入金って便利!いいですね〜。

楽天証券にリアルタイム入金する

らくらく入金のやり方

もっともよく使うことになるであろう「らくらく入金」のやり方も紹介しますね。

▼楽天証券の口座にログインして「入出金・振替」→「入金」のページを開き、楽天銀行(らくらく入金)を選びましょう。

楽天証券 らくらく入金

▼画面が切り替わったら楽天銀行の情報が出てきます。
入金額を入れて確認ボタンを押しましょう。

楽天証券 らくらく入金

▼確認画面で間違いがないかを見て、暗証番号を入力して「振込」ボタンを押します。

楽天証券 らくらく入金

▼これで、らくらく入金の手続きができましたね。
ここまで1分もかかっていません。あっという間です!

楽天証券 らくらく入金

▼入出金履歴を確認したら、ちゃんと入金済になっていましたね。

楽天証券 らくらく入金

さいごに:入金できたら株を買ってみよう

楽天証券へのリアルタイム入金は、画面の流れに沿って進めていけばいいだけなので、そんなに難しくありません。

私自身も初めて使ったといっていいぐらいですが、迷うことなくできました。
画面デザインがキレイなこともあって、使いやすいように思います。

楽天証券で株の取引をしようと思っている方は、まずこのページを見ながらリアルタイム入金してみてくださいね。入金が終わればいよいよ取引です!

楽天証券で株を買う方法は、以下のページで詳しく説明しています。

まだ楽天証券の口座を持っていなかったけど、これを見て自分でもできそうと思っていただけたのであれば、この機会に作っておきましょう。