超初心者向け!楽天証券で株の買い方を画像つきで詳しく説明

スポンサーリンク

第1回:このページ
第2回:株主優待タダ取りに使える!楽天証券で信用売りする注文のやり方を画像つきで詳しく説明
第3回:楽天証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

株をはじめてみようと思って楽天証券に口座開設したけど、どうやって株を買えばいいのかが分からない・・・。初めての場合は、なにをどうすれば株が買えるのかも分かりにくいものです。

このページでは、楽天証券で株を買うための流れを画像付きで細かく説明しています。もし、買おうと思っているのであれば、ぜひ参考にしていただければと思います。

まずは楽天証券の口座にお金がないと取引できないので、以下のページを参考に入金してくださいね。
参考:楽天証券へリアルタイム入金する流れを画像つきで徹底解説

楽天証券での株の買い方

楽天証券で株を買う流れ

メニューの「国内株式」を選ぶと、以下のような画面になります。銘柄を検索する欄がありますので、買いたい銘柄を入力して検索してください。

楽天証券で株を買う流れ

私は、株主優待を取得するためにイオン北海道(7512)を選びました。楽天証券での銘柄詳細ページは、以下のようになっています。

株を買う場合は、右上にひょこっとある「現物買い」ボタンを押してください。

楽天証券で株を買う流れ

次の画面では、買い注文の入力になります。欲しい株数は「数量」欄に、価格は指値にするか成行注文にするかを選びます。

指値にすると、自分で決めた株価でのみ買うことができます。その株価にならなければ買わないという仕組みです。

執行条件は、いつ株を買うかの選択です。口座は、確定申告の手間を省くなら「特定」を選びましょう。

取引暗証番号を入力して「注文内容を確認する」ボタンを押してください。

楽天証券で株を買う流れ

確認画面で、注文内容に間違いがないかどうかをチェックします。問題なければ、下にある「注文」ボタンを押してください。

楽天証券で株を買う流れ

これで株を買うための注文が完了です。

楽天証券で株を買う流れ

注文内容を確認してみると・・・ちゃんと反映されていますね。

楽天証券で株を買う流れ

スマホで株を買う流れ

楽天証券では、スマートフォンのアプリでも株を買うことができます。もし、今後スマホアプリで株を買おうと思っているのであれば、参考にしてください。

アプリの名前は「iSPEED」といいます。ダウンロードがまだなら先にアプリを入れておきましょう。

スマホアプリで取引しない方は読み飛ばしてもらって大丈夫ですよ。

楽天証券のスマホアプリを開いてログインすると、下に5つメニューが表示されます。その中の「注文」を押すと、以下の画面が開きます。

株を買うので「現物買い」を押してください。

スマホアプリの楽天証券で株を買う流れ

今度は、パルコを買うことにします。既に買付画面が開いています。数量・価格・執行条件・口座区分を入力します。

スマホアプリの楽天証券で株を買う流れ

最後に取引暗証番号を入力して、下にある「確認」ボタンを押してください。

スマホアプリの楽天証券で株を買う流れ

注文確認画面に変わりますので、「執行」ボタンを押してください。戻りたい時は、下のメニューを押すことになるのかな・・・。これはちょっと不便かも。

スマホアプリの楽天証券で株を買う流れ

注文完了すると、メッセージが表示されます。これでOKですね。

スマホアプリの楽天証券で株を買う流れ

さいごに

楽天証券で株を買う流れをここまで説明してきました。やってみた感想としては、画面がとても分かりやすいということです。

特にPCからの操作はかなりやりやすいように思いました。このページを見なくても迷わずできるような気もします。

一度やり方を覚えてしまうと、次回以降は迷うことなく株を買えると思います。失敗したくない方は、ぜひこのページを参考にして株を買ってみてくださいね。

楽天証券で株主優待取得するなら、以下のページも必見です。

第1回:このページ
第2回:株主優待タダ取りに使える!楽天証券で信用売りする注文のやり方を画像つきで詳しく説明
第3回:楽天証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

* * *

楽天証券の詳細は、以下のページでまとめています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る