ビックカメラでPayPayを使う方法・支払いの流れ・ポイントを二重取りで貯めるやり方を徹底解説

スポンサーリンク

家電量販店の「ビックカメラ」では、買い物するときの支払い方法がたくさんあります。

最近だと、QRコードやバーコードを使った支払い方法が増えていて、その中の1つである「PayPay」にもビックカメラは対応していますよ。

ビックカメラで初めてPayPayを使おうと思ったときに、どうやって支払えばいいのかドキドキするのではないでしょうか。

私も初めてビックカメラでPayPayで支払うときは、失敗しないか不安になりましたが、なんとか支払い完了できましたよ。

このページでは、ビックカメラでPayPay支払いする手順や、ポイントカードを提示してビックポイント楽天スーパーポイントをあわせて貯める方法など、詳しく紹介していきますね。

ビックカメラでPayPayを使う方法・支払いの流れ・対処法

ビックカメラでPayPayを使うときの流れ

ビックカメラでPayPayを使ってみようと思ったとき、実際にどうやって支払えばいいのか使い方が気になりますよね。

使い方の流れを知っておけば、いざ支払いに使うときもスムーズにできますよ。

ビックカメラでは、レジにあるQRコードを読み取って決済します。

PayPayでQRコードを読み取って支払うときの流れは以下の通り。

  1. PayPayのアプリを開く
  2. 会計時に「PayPayで」とレジの店員さんに伝える
  3. レジにあるPayPayのQRコードを読み取る
  4. 支払い完了ボタンを押せば決済完了

ビックカメラでは、バーコード読み取りではなく、QRコードを自分で読み取る支払い方法でした。

自分で支払い金額を入力しないといけないので、入力ミスには気をつけてくださいね。

▼ビックカメラでPayPay支払いした履歴はこちら。

ビックカメラでPayPay払いした証拠

ビックポイントや楽天スーパーポイントも合わせて貯める方法

ビックカメラでは、100円買い物するごとに10円分のビックポイントが貯まります。

そこで、PayPayで支払ってもビックポイントが貯まるのか気になりますよね。

PayPay決済前にビックカメラのポイントカードを提示すればビックポイントがつきますよ!

ただし、現金で払うときと同じように10%戻ってくるわけではありません。
PayPayの場合は8%になります。

ビックポイントではなく、楽天スーパーポイントを貯めたい場合は、楽天ポイントカードを提示しましょう。

楽天ポイントカードだと、ビックポイントよりもポイント付与率は下がってしまいます。(5%・楽天ペイだと4%)

また、家電ではない商品を買ったときはポイント付与率が異なるので注意してくださいね。

ビックカメラの中にあるドラッグストアコーナーで買い物したときは、1%分のポイントしかついていませんでした。

▼以下のレシートだと、一旦ビックポイントが付与されたあとに取り消され、さらにその上で楽天スーパーポイントがついていますね。

ビックカメラでPayPay支払いしたときのレシート

PayPayのキャンペーンがないときは現金払いやビックカメラSuicaカードのほうがお得

ビックカメラでPayPayしたときは、ビックポイントの付与率が8%になってしまいます。

PayPayは通常だと0.5%還元なので、合わせても8.5%とそこまでお得ではないですよね。

PayPayのキャンペーンがない限りは現金払いやビックカメラSuicaカードで支払うほうが、10%分のビックポイントが付与される分だけお得です。

ただ、20%還元のキャンペーンなどがあった場合は、どう考えてもPayPayのほうがお得になるため、その場合は例外になりますね。

PayPayとほかの支払い方法は併用できる?

ビックカメラで使える支払い方法

ビックカメラは、クレジットカードや電子マネー、バーコード決済などいろいろな支払い方法に対応しています。

そこで、PayPayとほかの支払い方法が併用できるかも気になる部分ですよね。

ただ、残念ながらPayPayとほかの支払い方法は併用できません

別のバーコード決済はもちろん、クレジットカードや電子マネーとの併用できないので気をつけましょう。現金との併用しかできません。

また、ビックポイント楽天スーパーポイントを貯めたい場合は、必ずPayPay決済する前にポイントカードを提示してください。

決済後にポイントカードを提示しても、ポイントの後づけはできません。

ビックカメラでPayPayが使えないときの対処法について

ビックカメラでPayPayをしようと思ったのに、なぜか使えないこともあるかもしれません。

使いたいときに使えないと困りますよね。
原因になりそうなことを知っておけば、いざというときも対処しやすいです。

PayPayが使えないときの理由として考えられるのは以下の通り。

  • PayPayの上限金額を超えている
  • (カード払い時)PayPayに登録したクレジットカードの限度額を超えている
  • PayPayで購入できない商品を買おうとしている

また、PayPayの上限金額や、登録しているクレジットカードの限度額以上のものは買えないので注意しましょう。

さいごに

ビックカメラの外観

ビックカメラでPayPayといえば、最初の100億円キャンペーンのときによく使われていました。

その名残もあってか、PayPayで支払いしたときも店員さんは慣れている感じでしたよ。

QRコードを読み取る支払いでしたが、スムーズに終わらせることができました。

PayPayでは、お得なキャンペーンが開催されていることがあるため、そのときに使えばどの支払い方法よりも節約になる可能性があります。

PayPayのキャンペーンがあればぜひ使ってみましょう!

おまけ:ビックカメラをお得に使う方法

ノマド的節約術では、ビックカメラで買い物するときにお得にできる方法をたくさん紹介していますよ。

気になる記事があればチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る