エディオンで使える支払い方法は?クレジットカード・電子マネー・商品券を使ってお得に払う方法まとめ

スポンサーリンク

エディオンは、家電量販店のひとつ。
全国に1,200店舗以上を展開しているので、1回は利用したことがあるかもしれませんね。

そんなエディオンですが、どんな支払い方法があるのか気になりませんか?
事前にどういった支払い方法があるのか知っておくと、いざ買い物をする時に便利ですよ。

このページでは、エディオンで使える支払い方法について詳しく説明していきますね。

エディオンで使える支払い方法は?お得に払う方法まとめ

エディオンで使える支払い方法について

では早速、エディオンで使える支払い方法について紹介しますね。

エディオンで使える支払い方法は、主に以下の通り。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 商品券
  • 株主優待
  • ポイント払い
  • 電子マネー

ここからはそれぞれの支払い方法について、詳しく説明していきますね。

エディオンで使えるクレジットカードの一覧

エディオンでは、クレジットカードを使って支払いができます。

主に使えるクレジットカードは、以下の通り。

エディオンのポイントを貯めたいのであれば、エディオンカードがおすすめですね。
基本的に、エディオンカードで支払うと100円(税別)ごとに1ポイントが貯まります。

また、エディオンが指定する商品によっては貯まるポイント数が違います。

商品ごとに貯まるポイント数は、以下の通り。

  • 家電・パソコン…100円(税別)ごとに1ポイント
  • 消耗品・パソコンサプライ各種アクセサリー…100円(税別)ごとに3ポイント
  • テレビゲームソフト・映像・音楽ソフト…100円(税別)ごとに5ポイント

ポイントが貯まるだけでなく、長期修理保証もついているので安心して買い物ができます。
携帯料金や公共料金の支払いにも使えるカードなので、使い勝手が良いですよ。

ちなみに、エディオンカード以外のクレジットカード払いでは、エディオンポイントはつきません。
エディオンポイントがつくのは、現金払いかエディオンカード払いのみとなります。

エディオンで使えるデビットカードについて

エディオンでは、クレジットブランドのついたデビットカードは使えません。

そのかわり、J-Debitは使えますよ。

J-Debitは、金融機関で発行されたキャッシュカードを使って支払いができるサービスのこと。
支払い時にキャッシュカードを提示し、暗証番号を入力することで支払いが完了します。

エディオンで使える商品券の一覧

JCBギフトカード

エディオンでは、商品券を使った支払いにも対応しています。

支払いに使える主な商品券は、以下の通り。

余っている商品券やギフトカードがあるのであれば、エディオンで買い物をするときに使うのも良いですね。

一部、商品券では支払いができないものもあるので、店員さんに確認してから使うことをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

エディオンの株主優待券を使って安くできる

エディオンは株主優待券を発行していて、株主になっていると優待券がもらえますよ。

100株以上で3,000円相当(250円×12枚)もらえるため、フル活用すれば1年に3,000円節約できます。

ただ、税込1,000円ごとに1枚しか使えないため、全額を株主優待券で支払えないのがちょっぴり残念なところ。

でも、お得なことには変わりありませんので、もしエディオンの株主優待券があるなら使うようにしましょう。

エディオンはポイント払いもできます

エディオンでは、ポイントを使って支払うこともできますよ。

支払いに使えるポイントは、以下の通り。

ここからは、それぞれのポイント払いについて詳しく説明していきますね。

エディオンポイント払いについて

エディオンポイントは、1ポイント=1円として支払いに使えますよ。
現金との併用も可能です。

ちなみに、ポイントの有効期限は2年。
獲得年度の残り月数+2年となるので、たとえば4月にポイントを獲得した場合、有効期限は11ヶ月+2年となります。

有効期限を過ぎたポイントは自動的に失効されるので、期限切れに注意して使いましょう。

Tポイント払いについて

【Tポイントカード全種類』TSUTAYAのTポイントカード

エディオンでは、Tポイントでの支払いもできます。

支払いに使えるほか、エディオンでTポイントを貯めることもできますよ。
Tポイントは、200円(税別)ごとに1ポイントが貯まります。

Tポイントカードを持っているのであれば、忘れずに提示しておきましょう。

貯めたポイントは1ポイント=1円として支払いに使うことができますよ。
現金と同じ感覚で使えるのでわかりやすいですね。

ちなみに、Tポイントの有効期限は最終変動日より1年間。
Tカードを1年間使っていない場合、ポイントは自動的に失効されます。

エディオンで使える電子マネーの一覧

エディオンでは、電子マネーも使えますよ。
電子マネーなら支払いもスムーズに済むので便利ですね。

ちなみに、エディオンで使える電子マネーは以下の通り。

電子マネーで支払うのであれば、200円(税込)で1WAONポイントが貯まるWAONか、支払い金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるiDQUICPayがおすすめ。

ちなみに、残高以上の精算をする場合は、以下のもので不足分が支払えます。

  • 現金
  • エディオンポイント
  • ギフトカード(商品券)

ちなみに、電子マネーとクレジットカードの併用はできません。

スポンサーリンク

エディオンの通販サイトで使える支払い方法について

エディオンが近くにない場合、公式通販サイトのエディオンネットを利用して買い物ができます。

そんなエディオンネットでは、以下の支払い方法が使えますよ。

  • クレジットカード
  • 銀行振込(前払い)
  • 代金着払い

エディオンネットでは、デビットカードでの支払いはできません。
また、ダウンロード商品の支払いはクレジットカードのみ対応しています。

ちなみに、エディオンネットで使えるクレジットカードは以下の通り。

それぞれ一括払い・リボ払い・分割払いに対応しています。

エディオンカードのみ、ボーナス一括払いも使えますよ。
ただし、分割払いのボーナス併用やボーナス2回払いは使えません。

予約商品をクレジットカード払いする場合は、発送日にクレジットカードの有効期限が切れていないかどうか注意しましょう。
クレジットカードの有効期限が切れていると、注文がキャンセル扱いになってしまいます。

さいごに

エディオンでは、現金のほかに電子マネーやクレジットカード払いにも対応しているので、小銭を出すことなくスマートに支払いができますよ。

また、エディオンポイントやTポイントを使って支払いができるのも魅力的。
エディオンポイントを貯めたいのであれば、エディオンカードを作っておくと便利ですよ。

クレジットカードや電子マネーを活用して支払いをスムーズにしつつ、エディオンでの買い物を楽しみましょう!

おまけ:ほかの家電量販店の支払い方法と比較したい場合

このページでは、エディオンの支払い方法に特化した内容を紹介してきました。

ほかの家電量販店の支払い方法と比較したい場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る