楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめるには?楽天キャッシュからクレジットカードへの変更方法を紹介

楽天証券でクレジットカードを使って投資信託を買う方法は「クレジット決済」と「楽天キャッシュ決済」の2種類があります。

ポイント還元率で比較すると、ランクの高い楽天カードを持っているとクレジット決済のほうがお得です。

そのため、楽天キャッシュ決済をやめてクレジット決済に変更したいと思うのではないでしょうか。

このページでは、楽天キャッシュ決済からクレジットカード決済への変更方法を紹介していきます。

楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめるには?クレジットカードへの変更方法を紹介

楽天キャッシュ決済からクレジットカード決済の変更方法

楽天キャッシュ決済から楽天カードのクレジットカード決済で投資信託を買うための手順は以下の通りです。

  1. 楽天キャッシュ決済をやめる
  2. クレジット決済の積立設定を行う

まずは楽天キャッシュ決済をやめた上で、クレジット決済で投資信託を買うように設定します。

あくまでここでは、月5万円以内の積立金額でどちらかを選ぶ場合で考えています。

月5万円を超えても積立できるというのであれば、両方とも設定しておくと結果的に最大で月10万円までクレジットカードで積立できますよ。

楽天キャッシュ決済の解除方法

まずは楽天キャッシュ決済の設定を解除してやめる方法から紹介しますね。

楽天証券の投資信託ページから、現在の積立設定一覧を確認できるページに移動しましょう。

▼積立している投資信託が一覧で表示され、楽天キャッシュ決済で買い付けている投資信託の右側にある「解除」ボタンを押します。

楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめる方法

▼次のページに移動すると、解除しようとしている投資信託の情報が表示されます。

楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめる方法

▼設定解除後の積立注文の仕組みについて説明されますので、確認した上で暗証番号を入力して「解除」ボタンを押してください。

楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめる方法

▼これで楽天キャッシュ決済で購入している投資信託の積立設定を解除できました。あっさりですね。

楽天証券の楽天キャッシュ決済をやめる方法

クレジットカードで積立設定する方法

楽天キャッシュ決済の設定を解除できたら、続いて楽天カードのクレジット決済の設定を行います。

詳しいやり方は以下のページでまとめていますので、こちらを参考にしてください。

さいごに

この流れで進めると、楽天証券の投資信託積立を楽天キャッシュ決済からクレジット決済に変更できます。

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを使っていて、かつ月5万円以内におさめたいならクレジット決済のほうがポイント還元率が高くなっておすすめです。

手続きするのが面倒だと思いますが、1回やっておけばあとは毎月勝手に投資信託を買い続けてくれます。

私も楽天証券の投資信託はクレジットカードで買うようにしてポイントがもらえるようにしていますよ。