IPO口座開設におすすめの証券会社まとめと個人的ランキング。当たりやすくする方法も紹介

スポンサーリンク

こんにちは!
最近はIPOにも興味が出てきている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

当選したら、そこそこの確率で利益が出ることで知られているIPOの取引。

せっかくIPOに挑戦してみるのであれば、当選できるほうがうれしいですよね。

そのためにはIPOがあるときに申込ができる証券会社の口座が必要になります。

IPOを始めてみるときにどの証券会社がおすすめなのかも気になるところではないでしょうか。

基本的には全部の証券会社に口座開設しておくのがいいのですが、このページではIPOに挑戦するときにおすすめの証券会社を順番に紹介していきますね。

IPO口座開設におすすめの証券会社まとめ

IPOにおすすめの証券会社の基準

証券会社を選んでいる基準はIPO株の取り扱いがあることや、主幹事証券会社になっているかどうかです。

特に主幹事証券会社になっているところだと、引き受けている株数がとても多くなるため、その分だけ当選しやすくなります。

これらの基準を参考に、IPO株を買うためにおすすめの証券会社を紹介していきますね。

対応している銘柄数が多いほうが当選確率も高くなりやすいですよ。

それでは証券会社を紹介していきます!

野村證券

IPO目的で証券会社に口座開設するのであれば、野村證券は必ず持っておきたいところ。

全体の割合の中でもトップクラスに取り扱いが多く、IPOするなら野村證券に口座があるだけでもチャンスが大きくなります。

しかも、IPOにありがちな資金の拘束がないため、資金不要でIPOに申込ができますよ。当選したら購入代金を口座に用意すればOKという仕組みですね。

もし余裕があって、IPO当選の確率を上げたいのなら、家族全員分の口座を持っておいてもいいぐらいです。

また、主幹事証券会社になることも多いため、その点でも野村證券はIPOにおすすめの証券会社ですね。

SMBC日興証券

SMBC日興証券も、IPOの取り扱いがとても多いです。
主幹事証券会社になることも多いですよ。

普段の取り扱い数が多く、だいたいいつ見てもIPOの申込ができる感じになっています。

SMBC日興証券では、信用取引の手数料が無料になるメリットもあり、工夫すれば株主優待を取得するときのクロス取引の手数料をかなり節約できますよ。

このようにIPO以外にもメリットがあるのがSMBC日興証券の特徴です。

参考:SMBC日興証券の口座開設はこちらから

大和証券

大和証券も大手の証券会社になり、主幹事証券会社になることも多いです。

また、IPO銘柄の取扱数自体も多いため、大和証券に口座開設しておくとIPO当選確率も高くできますね。

ただし、大和証券からIPO申込するときは、一時的に資金拘束されてしまうため、当選しなくてもお金が必要になります。

大和証券では、ポイントプログラムと呼ばれるIPO当選確率を高めるための仕組みがありますが、高い株式手数料を払わないと手に入らないため、そこまでして当選確率を高める必要はないですよ。

地道に当選を狙いつつ資金を用意して使うのがおすすめの方法ですね。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券は、ネット証券会社の中ではIPOがおすすめの証券会社になります。

資金不要でIPOに申込ができるのがうれしいところ。

IPO銘柄の取扱数はそこまで多くないですが、気軽にIPO申込できるのがいいですね。

また、岡三オンライン証券は口座開設キャンペーンで現金プレゼントがあるのも魅力的です。

SBI証券

ネット証券会社で有名なSBI証券でもIPO投資に対応しています。

年々取扱数が増えている印象で、少しでも当選確率を上げたいのであれば、ぜひ利用したい口座です。

SBI証券は、IPO以外の他の投資サービスも充実しているため、それらを使うという目的でも十分おすすめできる証券会社になります。

私自身も投資信託の積立や株式投資に使っていますよ。

カブドットコム証券

あまりIPOのイメージはありませんが、カブドットコム証券でもIPOの取扱がありますよ。

カブドットコム証券のIPOは、そこまで数が多いわけではありませんが、少しでも当選確率を高めたいのであれば、口座を持っておくのがおすすめです。

カブドットコム証券は、大手の証券会社になりますので、対応している取引の種類も多いですよ。

現物取引信用取引はもちろん、投資信託やフリーETFといったサービスがあります。

楽天証券

楽天証券でも、ごくわずかではありますがIPOの取扱があります。

ただ、他の証券会社と比較すると少なくなるため、IPO目的だけだと少なさに驚くかもしれません。

でも当たる可能性はゼロではありませんので、少しでも当選確率を高くしたいのであれば、楽天証券の口座も持っておきたいところです。

楽天証券の場合は、IPOよりもポイント投資のために使うのがおすすめです。

楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入積立ができるため、他の証券会社にはない使い方ができますよ。

個人的なIPOにおすすめな証券会社ランキング

いろいろとIPOのために作っておきたい証券会社を紹介してきましたが、さらにこの中でランキングも作ってみました。

あくまで主観的なランキングになるため、参考程度にしていただけたらと思います。

  1. 野村證券
  2. SMBC日興証券
  3. 大和証券

やはり、IPOの取扱数が多い証券会社は特におすすめです。
IPO当選を目指すなら、口座がなければ何も始まりませんので、まずは証券会社の口座開設をしておきましょう。

さいごに

いろいろと証券会社を紹介してきましたが、もしIPOで当選したいのであれば、IPO株を取り扱っている証券会社の口座はすべて作っておくのがおすすめです!

挑戦できる回数が多くなればなるほど、当選する確率も上がりますからね。

単純に当たりやすくするためにも、1つ1つの証券会社に口座開設しておきましょう。

もちろん、口座開設や口座の維持にお金はかかりませんよ。

また、IPOは当選しなければお金が必要になることもないため、その点でも始めやすい投資方法の1つです。

これを機会にIPO投資を始めてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る