Webレターの登録方法と送り方を画像つきで徹底解説。たった99円で封筒いらず・発送の手間が省ける!

小林 敏徳の画像

こんにちは!
ミラクリの小林敏徳です。

「手紙を出す」って意外と手間がかかりますよね。

一瞬で送信できるメールに慣れると、手紙を書くこと自体が面倒になると思います。

そこでおすすめなのが、日本郵便の「Webレター」です。

インターネット上に文章と発送先を入力するだけで、日本郵便が代わりに手紙を出してくれますよ。

料金も手頃です。

このページでは、日本郵便のWebレターについて解説しますね。

たった97円で封筒いらず・発送の手間が省ける!Webレターの登録方法と送り方を画像つきで徹底解説

日本郵便のWebレターとは?

まずはWebレターの特徴を見ていきましょう。

データを入力するだけで封書作成・発送してくれる

Webレターは、日本郵便のサービスです。

インターネット上に文章と発送先を入力するだけで、日本郵便が代わりに手紙を出してくれますよ。

手紙を書くこと自体が面倒なら、これ以上のサービスはないと思います。

Webレターは以下のようなときにも便利です。

  • 請求書の送付
  • 不特定多数へのダイレクトメール
  • 会員向けの手紙
  • 同窓会・イベントの案内

複数の発送先に文書を送るときに活用できそうですね。

A4サイズ8枚まで封入可能・送料は白黒99円〜カラー146円

Webレターは、A4サイズを最大8枚まで封入可能。
送料は白黒印刷が99円、カラー印刷が146円です。

コストは割高だけど手間は省ける

Webレターの料金を見てお気づきかもしれませんが、日本郵便の他のサービスよりは割高です。

たとえば手紙や文書を送るときの料金を確認してみましょう。

  • はがき:63円
  • 定形外郵便(25g以内):84円
  • 定形外郵便(50g以内):94円

いずれもWebレターの白黒印刷(99円)よりも安いですよね。
でも、封書を送る作業自体を代行してもらえることを思えば、「時間の節約」にはなると思います。

たとえば1人で何十枚〜何百枚も案内状を出したりするのは、本当に大変ですからね。

クレジットカード払いに対応している

Webレターのメリットは、クレジットカード払いに対応していることです。

日本郵便のサービスは現金払いが基本ですからね。

たとえば99円のWebレターを50ヶ所に送ると4,950円、100ヶ所なら9,900円になりますので、ポイントがかなり貯まると思います。

それでは、Webレターの利用登録方法から画像つきで解説していきますね。

Webレターの利用登録方法

日本郵便のWebレターを使うには、まず利用登録が必要です。

▼まずはWebレターのサイトにアクセスし、「Webゆうびん利用者新規登録」を選択してください。

日本郵便のWebレター
引用:日本郵便

▼利用上の確認事項をチェックしたら、メールアドレスとパスワードを入力して仮登録を行いましょう。

日本郵便のWebレター

▼仮登録したアドレスに届くメールにURLが記載されていますので、ログインして、本登録を進めてください。

日本郵便のWebレター

▼名前、郵便番号、住所、電話番号等を順番に入力していきます。

日本郵便のWebレター

▼最後に、支払いに使用するクレジットカードを登録します。

日本郵便のWebレター

利用できるクレジットカードは以下の通り。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners

ここまでで利用登録は完了です。
お疲れさまでした!

次は、いよいよWebレターの送り方を解説しますね。

Webレターの送り方

まずはWebレター申込にアクセスしてください。

▼さっそく、送りたい文章を作成していきます。

日本郵便のWebレター

あらかじめ作成したWord、PDFファイルをアップロードすることもできますが、この画面で文書を作成することも可能。

フォントや文字の大きさ、縦書き、横書きかも選べ、レイアウトも自由に調整できます。
最初は「難しいかも?」と思いましたが、プレビューを見ながら作成できるので簡単でしたよ。

とくに文字数指定はなく、A4サイズ8枚分までなら入力可能です。

▼さて、文章の作成が終了したら、差出人の指定です。
ここはお間違いのないように。

日本郵便のWebレター

▼次の送付先の指定もお間違いなく。

日本郵便のWebレター

▼ここまでが完了したら、料金が表示されます。
(*画像にある料金は、作成当時のものです。)

日本郵便のWebレター

▼支払いはクレジットカードか料金後納から選択できますが、今回はクレジットカードにしました。

日本郵便のWebレター

▼これで申し込みは完了です。

日本郵便のWebレター

差出人、送付先情報をアドレス帳に登録しておけば、次回からの入力の手間が省けますよ。

ここまでの作業時間は、文章作成を含めて5分。
あらかじめ文章が準備できていれば、2〜3分で完了すると思います。

さて、今回送った文書は本当に発送されるのでしょうか?
そして、どれくらいで到着するのでしょうか?

到着日数は申込完了後1〜3日

今回は大阪府から三重県までの発送でしたが、申込完了後2日で到着しました。
公式サイトに記載されている到着日数の目安は1〜3日なので、その範囲内でしたね。

▼こんな感じで届きました。

日本郵便のWebレター

▼開封すると、自分で作ったお手紙が・・・なんだか感動です。

日本郵便のWebレター

▼今回はかんたんな文面に加えて、ノマド的節約術のデザインを。

日本郵便のWebレター

白黒印刷ですが、めっちゃいい感じでした。
もはや手紙を手書きすることすら面倒な人にもおすすめですね。

配達スピードもはがきと同じくらいなので、かなり使えると思いました。

まとめ

Webレターはとても便利なサービスです。

封書を作成して送るのは地味に大変なので、ネット上の手続きだけで済むのはとてもありがたいですね。

料金は割高ですが、時間の節約になりますよ!

おまけ:他の格安配送方法と比較してみたい方へ

郵便物をできるだけ安く送る方法を探しているなら、以下の配送方法もチェックしてみてください!

比較する場合は、以下のページもどうぞ。

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール