楽天スーパーポイントで株を購入できる!楽天証券でのポイント株投資のやり方を解説

スポンサーリンク

証券会社の楽天証券では、以前から楽天スーパーポイントを使って投資信託を買うことができます。

それだけでもすごく便利なのですが、最近はさらに楽天スーパーポイントを使って株を購入できるようになりました!

投資信託よりも株の購入でポイントが使えたらいいな、と思っていたのであれば、今回のサービスはめちゃくちゃうれしい話だと思います。

とはいえ、初めて楽天スーパーポイントで株を買うときは、どうやったらいいのかわからないもの。

私自身も不安に感じていましたので、このページでは楽天スーパーポイントを使って株を買う方法を詳しく紹介していきますね。

楽天スーパーポイントで株を買うメリット

最近では、Tポイント投資などで株を買うときにもポイントが使えるサービスが増えています。

それの楽天スーパーポイント版が出たという感じですね。

楽天スーパーポイントだと、Tポイント以上に貯まりやすいメリットがあります。

また、国内株式を100株などの単元株数で買うときに楽天スーパーポイントを使えるため、他の少額ポイント投資のときみたいに、スプレッドと呼ばれる手数料がかかることはありません。

純粋にポイントを使える分だけ、株を安く買えるのが魅力的ですね!

楽天証券では、手数料コースを「いちにち定額コース」にしていると、10万円までの株取引は手数料無料で済みますよ。

本当に手数料無料で株を買うことができますし、さらに楽天スーパーポイントで割引のようにできるのがお得です!

もちろん株は値動きがあるので、マイナスになることもありますが、楽天スーパーポイントを使っていることも考えると利益が出やすい感覚になりますね。

また、楽天スーパーポイントを使って株を買うと、ポイント数分が現金として戻ってくるのもうれしいところです。

これを知って、楽天証券で株を買いたくなってウズウズしているので、早速買うことにします…!

楽天スーパーポイントで株を買うためのポイント利用設定方法

楽天スーパーポイントで株を買うためには、まずポイントが使えるように設定しておく必要があります。そのやり方から紹介しますね。

▼楽天証券にログインしたら、「ホーム」→「ポイント投資」→「国内株式(現物)でポイント投資する」を選びましょう。

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

▼国内株式でポイント投資する場合の流れについての画面が出てきますので、そこにある「ポイント利用を設定する」を選んでください。

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

▼ポイント利用設定のページに移動しますので、そこにある「国内株式 現物買付」の右側にある「設定を変更する」を押しましょう。

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

▼ポイント利用設定の画面では、利用方法を選択します。

毎月もしくは毎日の上限ポイントを設定できたり、上限とか気にしなくていいから全部使う設定にできたりしますよ。

私は「すべての利用可能ポイントを使う」にしておきました。

そのあとで、取引暗証番号を入力して「設定する」を押してください。

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

▼これで国内株式を購入するときも、楽天スーパーポイントが使えるように設定できました!

たったこれだけなので簡単ですね!

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

▼再びポイント利用設定の画面を見ると、ちゃんと国内株式でもポイントを使うように設定されていました。

楽天スーパーポイントで株を買うための設定 楽天証券

国内株式を注文する

最初の設定ができれば、あとは国内株式を注文すれば楽天スーパーポイントが使えますよ。

欲しい銘柄を選んで、注文画面に移動しましょう。
▼すると、以下のような画面が出てきます。

最初、「楽天スーパーポイントを使う入力欄はないのかな?」って疑問に思いましたが、もともと楽天スーパーポイントを使うように設定済みなので、入力欄はありません。

楽天スーパーポイントを使っても使わなくても、株を買うときの画面は同じですね。

楽天スーパーポイントで株を買う手順

▼ひと通り入力して注文確認画面に移動したら、こんな感じの画面になります。

問題なければ「注文」ボタンを押してください。

▼これで楽天スーパーポイントを使って国内株式の購入注文ができました。

あとはポイントを使えているのかを確認するだけですね。

株を購入したときのポイントの動きについて

楽天スーパーポイントを使って株を買うときは、特にポイントの指定はありません。

そうなると、実際に購入したときはどのようなポイントの動き方をしているのかが気になるところです。

ポイントを使った履歴は、購入した翌日以降に「ポイント履歴」から確認できますよ。

また、使った楽天スーパーポイント分の現金が受渡日に「現金余力」として戻ってきます。

実質的にキャッシュバックのような感じですね。

注文約定日から起算して3営業日後に現金余力として戻ってきますよ。
夜間取引の場合は4営業日後ですね。

▼後日ちゃんと入金されてました。

楽天証券で株を買うのにポイントを使って入金された証拠

さらに、マネーブリッジの設定と一緒に「自動入出金(スイープ)」の設定を済ませておけば、楽天銀行に出金されて、楽天銀行にお金が増えますよ。

▼実際に楽天銀行に入金された証拠はこちら。
ポイントが現金に変わってる…!これはすごいじゃないですか!!

楽天証券で株を買うのにポイントを使って入金された証拠

楽天ポイントクラブを確認したら、ちゃんとポイントが使えていました!

楽天証券で株を買うのにポイントを使えた証拠

投資信託と同時に注文している場合は、投資信託が優先

もし、楽天スーパーポイントを使って株を買おうと思っていた日に、投資信託も合わせて注文していた場合は、投資信託で楽天スーパーポイントを使うことが優先されます。

個人的にはこのほうがありがたいなと思うので、これはいい仕組みだと思いますね。

投資信託のほうがコツコツと積立するのにおすすめなので、長い目で見て資産を増やしやすいからです。

さいごに

今回の楽天証券で楽天スーパーポイントを使って株が買える話、投資信託ほどのインパクトはないですが、やはりこちらもおすすめのサービスなのは間違いありません!

私は普段、投資信託の積立をしているので、株を買うことはあまりないです。

とはいえ、投資信託の積立って一度してしまえば他にやることがなくなってヒマなんですよね…。

そんなときについつい株式投資もやりたくなってしまうもの。
株式投資するときも楽天スーパーポイントが使えると、ポイント利用分だけは割引できているようなものなので、お得ですよね。

普通に楽天スーパーポイントを使うところがなくて困っていた場合にも、楽天証券でポイント株式投資はおすすめです。

もし、この機会に楽天証券で株を買ってみようと思うけど、口座がまだない場合は作っておきましょう!

参考:【無料】楽天証券の口座を作るにはこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!