イトーヨーカドーの8のつく日はnanaco(ナナコ)カードを手数料無料で発行できて300円節約に!

スポンサーリンク

セブンイレブンなどで使うことができる、nanacoカードを使っていますか?

電子マネーとして便利なnanacoカードですが、作るのに300円かかるのがネックで作るのをためらっていました。

しかしよく調べてみると、実は無料で発行する方法があることがわかります。

ちょっとした縛りがありますが、条件さえ満たせば誰でもできる方法なので、これからnanacoカードを作ろうと思っている方はぜひ試してみてくださいね。

イトーヨーカドーで8のつく日に作る

nanacoカードはセブンイレブンだけでなく、イトーヨーカドーでも発行することができます。

イトーヨーカドーでも手数料は基本300円です。
でも、8日・18日・28日に限っては手数料無料でnanacoカードを作ることができます。

8がつく日という条件だけなので、誰でもできますよね。
この記事を書いているのも18日です。

そうです、私は今から作りに行きます!

簡単に節約できるので、使わない手はないですね。

nanacoカードを活用する方法

手数料の有無に関わらず、発行したnanacoカードは、国民年金や固定資産税、国民健康保険などの各種税金支払いの時に使います。

通常であれば絶対に値引きすることのできない税金を、間接的とはいえ値引きすることができますよ。

その方法を紹介した記事を下に紹介していますので、もし気になったのであれば、読んでいただけると幸いです。

近くにイトーヨーカドーがないなら諦めよう

発行手数料300円は高いように思いますが、税金支払に活用するならすぐに回収できる金額です。

近くにイトーヨーカドーがないなら、セブンイレブンで発行しちゃいましょう!

わざわざ遠くのイトーヨーカドーに行くのも大変だと思いますので、その場合は近くにあるであろうセブンイレブンでnanacoカードを発行すれば、時間短縮になります。

セブンイレブンでは、時々nanacoカードの発行キャンペーンがあり、nanacoポイントが戻ってくることもあるので、安くできることもありますよ。

番外編:セブンカード・プラスを作ると一発で解決できる

nanacoを作る目的は、クレジットカードでチャージできるようにすることだと思います。

別々に用意すると面倒だと思いますので、それならばnanacoとクレジットカードが一体になっているカードを作れば手間も省けますよね。

セブンカード・プラスを持てば、発行手数料も無料になりますし、nanacoにクレジットカードでチャージしてポイントも貯められます。

nanacoカードを作る方法まとめ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る