大掃除はいつから始めていつまでに終わらせるのがいい?大掃除をラクにするためのチェックリストも紹介

スポンサーリンク

年末が近づくと、新年を気持ちよく迎えるために大掃除をする習慣があります。
普段掃除はしないけど、なんだか急に掃除をしたくなってそわそわしてきませんか?

でも年末の大掃除が習慣の一つだとして、一体いつ始めていつまでに終わらせるのがよいのか、気になるところ。
掃除が大好きで、暇さえあれば掃除をしている僕でも気になります…。

このページでは、年末の大掃除のことについて紹介しますね。

大掃除はいつから初めていつまでに終わらせる?

なぜ年末に大掃除するのか?

コストコのスコット ショップタオル(掃除に使っている様子)

そもそも年末の大掃除は、なぜあるのか気になりませんか?

じつは歳時記が関係しているんですよ。
ひな祭り、七夕などの行事や、夏至・冬至といったものの仲間です。
聞いたことがありますよね。

歳時記のなかで、12月13日は「すす払い」の日。
1年の間にたまった「すす」や「ほこり」を落とすために、大掃除をします。

昔々、12月13日は「正月事始め」といって、お正月の準備を始める日でもありました。

以下のような準備をしていたんですよ。

  • 門松にする木々を山へ取りにいく
  • 雑煮を炊くための薪を山へ取りにいく
  • すす払い

すす払いは、お正月にその年の神様をお迎えするため、神棚や仏壇をきれいにして清めていました。

習わしが、現代の大掃除につながっているといわれています。

年末の大掃除はいつから始める?

12月13日が「すす払い」だとしても、この日から掃除を始めたらよいのでしょうか。
それとも「年末の大掃除」なので、本当の年末である12月31日?

現実的に大晦日(おおみそか)に大掃除はできませんよね。
というか、したくありません…。

では、いつから始めるのがよいのでしょうか。

結論、いつからだって問題ありません!
こんなことをいうと元の子もないのですが、始めようと思ったときがタイミングです。

12月に入ってからでもいいですし、11月でもOK。
ただ、冬場はだんだんと寒くなってくるので、少しでも暖かいうちに掃除をしておくのが、おすすめです

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ5)

たとえば、9月ごろにキッチンの換気扇の油汚れを掃除してみましょう。
水道の水温も冬場よりは温かいので、お湯を使わなくてもいいですよね。
ガス代の節約にもつながります。

また気温もまだまだ暖かいので、油汚れも冬場よりは落ちやすいですよ。

「年末になるまでに、また汚れてしまうじゃないか!」と思うかもしれません。
でも9月に大掃除をしたので、それほどの汚れはなく、ササッと掃除を終えることができます。

新年を気持ちよく迎えたい場合、年の途中に掃除をしていたとしても、仕上げ掃除が少しだけ必要ですね。

年末の大掃除はいつまでに終わらせる?

大掃除を始めたからには、終わらせなければなりませんよね。
では、いつ終わらせるのがベストなのでしょうか。

結論、いつ終わらせたって問題ありません!
またこんなことをいうと元の子もないのですが、終わりだと思ったときが終わらせるタイミングです。

  • 今日1日だけ大掃除をするぞ!
  • 仕事が終わってから、少しずつやるから、1週間くらいかな
  • 年末休みに入る日から、連続3日間掃除をしよう

計画を立てることによって、掃除の終わりが見えてきますよね。
大切なことは、だらだらと掃除を続けないことです。

そうしないと、いつまで経っても終わりませんよ…。

また「ここまでやったら、キレイになったかな」と自分や家族が思うレベルを決めておくことです。
すると終わりのタイミングも見つけやすいですね。

年末の大掃除を早く終わらせるためのコツ

年末は何かと忙しいもの。
大掃除が必要だとしても、早く終わらせたいですよね。

▼大掃除を早く終わらせる方法は以下のとおりです。

  • 普段から掃除をこまめにやっておく
  • こだわりすぎない
  • 掃除の業者に依頼する

年末の大掃除が大変そうに思うのは、普段から掃除をしていないからではないでしょうか。
こまめに掃除していれば、その都度、汚れを落とすことができますよね。

再び汚れたとしても、簡単に落とすことだってできます。

また掃除道具にこだわりすぎたり、「徹底的にピッカピカの新品のようにきれいにする!」と思って掃除すると、終わりが見えません。

適度な加減が必要ですよ。

どうしても日々の時間が取れない、それでも徹底的にキレイにしたい場合は、掃除の業者に依頼するのも手です。

掃除料金はかかってしまいますが、自分が手間をかけることなく、しかもプロの手でキレイにしてくれるので、うれしいですよね。

スポンサーリンク

普段の掃除で大掃除を回避するためのチェックリスト

掃除好きな僕が、普段から心がけている掃除を少しだけリスト化してみました。
日ごろのちょっとした掃除で、大掃除を回避することだってできちゃいますよ。

  • 時には窓も水拭きしよう!サッシも忘れず!
  • 玄関はタタキまで掃除機をかけよう!
  • 温かい季節に換気扇の掃除をしておこう!
  • コンロは汚れたあとに必ず掃除をしよう!
  • 入浴時、ついでにちょっとした掃除をしちゃおう!
  • 排水口の汚れと詰まり防止のため、ときどきパイプ洗浄剤で掃除しておこう!

あとは気になったところを、毎日ちょいちょいと掃除しています。
するとどうでしょう。

大掃除の時期には、大げさな掃除がそれほど必要になりません。
何事もそうですが、毎日の積み重ねって大切ですよね。

さいごに

部屋をきれいにして、新しい年を迎えたいものです。
そのためには、しっかりと掃除をしなくてはいけません。

でも一生懸命に掃除をして疲れてしまったり、余計な掃除用品を購入しては無理・無駄がうまれてしまいます。

自分のペースに合った行動(掃除)を心掛けたいですね。

大掃除で出た不要品は、買取サービスに出すのがおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。

執筆メンバの一覧を見る