コストコの「オキシクリーン」の特徴と使った感想。洗濯・掃除・漂白などに使える万能クリーナー!

スポンサーリンク

こんにちは!

「掃除が好きです」と言うと、決まって「えっ・・・意外・・・」と驚かれる小林敏徳です。

お掃除好きのぼくにとって、コストコの「オキシクリーン」は必須アイテムです。

オキシクリーンとは、洗濯、掃除、漂白など、どんなことにでも使える万能クリーナーのこと。

大人気商品なので、売り切れていることも珍しくありません。

便利なのはもちろんですが、コストコでは市販よりも大幅に安く手に入るので、コスパも抜群です。

そんなわけで今回は、コストコのオキシクリーンの特徴と使い方、使った感想を紹介しますね。

とにかく便利なコストコの「オキシクリーン」

コストコのオキシクリーン(パッケージ)

とにかく便利なコストコのオキシクリーンは、お掃除や洗濯の必須アイテムです。

この商品自体は市販や通販でも手に入りますし、アメリカ製や日本製など、バリエーションもいくつかありますが、コストコが最も安く販売しています。

パッケージの雰囲気は、大容量の洗濯洗剤(粉末タイプ)という感じですね。

オキシクリーンの使い道はこれだけある

コストコのオキシクリーンは、とにかく使い道が豊富。

▼英語表記ではありますが、パッケージにも用途が記載されています。

コストコのオキシクリーン(用途)

主な使い方を以下にまとめてみました。

  • 洗濯(汗ジミ、頑固汚れ、シミなど)
  • つけ置き洗い(靴、タオルなど)
  • 洗濯機の掃除(カビ、洗剤のカス除去など)
  • 室内清掃(フローリング、ベランダなど)
  • お風呂掃除
  • 台所掃除
  • キッチン用品の掃除(コゲ、カビなど)
  • トイレ掃除
  • 配管掃除
  • 車の掃除

とにかくどんなことにでも使えるので、本当に便利なんです。

車や部屋の掃除にオキシクリーンを使うときは、次の記事で紹介している「カークランド マイクロファイバータオル」と組み合わせると便利ですよ。

それでは次に、オキシクリーンの特徴を紹介しますね。

オキシクリーンの特徴

オキシクリーンの良さを簡単に説明するのは難しいですが、がんばります!

本当に良い商品なので、全力でお伝えしていきますね。

とにかく万能な酸素系漂白剤

オキシクリーンは、とにかく万能な酵素系漂白剤です。

▼見た目はこのとおり、昔ながらの粉末洗剤という感じですね。

コストコのオキシクリーン(中身)

これをしっかり泡立ててから使えば、頑固な汚れも簡単に漂白できてしまうので、お掃除や洗濯が楽しくなります。

内容量4.98kgで2,048円

コストコのオキシクリーン(パッケージ)

オキシクリーンは、内容量4.98kgで2,048円です。

ほぼ5kgの酵素系漂白剤なんて、なかなかお目にかかれませんよね。

でも、掃除や洗濯を頻繁にするわが家では、3〜4ヶ月で使い切ってしまいます。

コストコなら、市販・通販よりも安く手に入る

オキシクリーンは、コストコで購入するのが最もお得です。

前述しましたが、オキシクリーン自体は市販や通販でも手に入りますし、アメリカ製や日本製などのバリエーションもありますが、コストコが最安です。

(*ちなみにコストコのはアメリカ製です。)

参考までに、通販の値段と比較してみました。

内容量値段100gあたり
コストコ4.98kg2,048円41円
Amazon4.98kg2,838円57円
楽天市場1.5kg1,180円78円
ロハコ500g513円102円

コストコでは、約20%〜60%も安く買える計算です。

品質や性能が同じなら、できるだけ安く購入するに越したことはありませんよね。

さて、それでは次に、オキシクリーンの使い方を紹介していきます。

オキシクリーンの使い方

オキシクリーンの使い方は簡単です。

▼パッケージにも、英語や図解で使い方が表記されています。

コストコのオキシクリーン(使い方)

▼もちろん日本語訳もありますよ。

コストコのオキシクリーン(使い方)

さて、それでは実際に使ってみましょう。

使い方のポイントは、しっかり泡立てること

オキシクリーンの使い方のポイントは、しっかり泡立てることです。

▼最低でもこれくらい泡立てたほうが、洗浄力を発揮します。

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ4)

使う前の「一手間」を大切にしてくださいね。

台所・キッチン用品を漂白してみた

それでは、さっそく台所・キッチン用品の漂白を。

▼まずは流しの排水口に栓をし、オキシクリーンをスプーン1杯いれてください。

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ)

次に泡立てです。

▼「ぬるま湯や熱湯で使用したほうが効果を発揮する」と書かれていたので、今回は60度のお湯を使用しました。

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ2)

▼流しにお湯を貯めて、泡立てていきます。

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ3)

▼十分に泡立ったら、そこに汚れたキッチン用品を投入してください。

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ5)

この状態で30分ほど放置した後、お湯を流しましょう。

その後、スポンジで軽くこすれば、このとおり流しがピカピカに!

コストコのオキシクリーン(台所・キッチン用品洗浄の流れ6)

では、その漂白力をチェックしてみましょう。

▼漂白する前のまな板には、油汚れがついていました。

コストコのオキシクリーン(まな板洗浄のBefore)

▼ところが、オキシクリーンに漬け込んだだけで、このとおり真っ白に。

コストコのオキシクリーン(まな板洗浄のAfter)

やはりすごい漂白力ですね。

洗濯洗剤として使ってみた

次に、洗濯洗剤として使ってみます。

洗濯洗剤として使う場合は、通常の粉末洗剤のように洗濯機に入れるだけでOKですが、1つだけ注意したいことがあります。

それは洗濯機の種類によって使い方が異なること。

オキシクリーンのパッケージには、次のように記載されています。

タテ型洗濯機の場合、洗濯機に水を入れ、洗濯物を入れる前に備付スプーン4/1〜4/3杯のオキシクリーンと洗濯洗剤を入れて下さい。

省エネドラムタイプドラム式洗濯機の場合、洗濯物を入れる前に備付スプーン1/4〜半分のオキシクリーンを加えてください。

なぜかドラム式洗濯機の場合は、洗濯用洗剤を別に入れなくていいみたいですね。

今回はその通りにやってみます。

▼洗濯物を入れる前に、洗濯槽にオキシクリーンを投入。

コストコのオキシクリーン(洗濯用洗剤としての使い方)

▼こんな感じで、バサッと入れます。

コストコのオキシクリーン(洗濯用洗剤としての使い方2)

それから通常どおり洗濯をしました。

▼その仕上がりを見てみると、たしかに白シャツがワントーン明るくなっていました。

コストコのオキシクリーン(洗濯が終わった白いTシャツ)

基本的には漂白剤なので、色物などには要注意ですが、すごいですね、この洗浄力は。

洗濯がもっと楽しくなりそうです!

さいごに

コストコのオキシクリーンは、使い道がとにかく豊富です。

大量購入する方が多いのか、2回に1回は売り切れになっているので、購入できたときは幸運かもしれません。

年末の大掃除でも大活躍です。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る