LINEクーポンのメリットや使い方と取得方法・使ってみた感想のまとめ

スポンサーリンク

すっかり日常にとけこんだLINEは、とても便利なサービスですよね。

2018年10月31日から、さらに便利な機能である『LINEクーポン』が始まりました。
さまざまなブランドやサービスのクーポンが提供されています。

便利だとわかっていても、いざ初めて使おうとすると、どうしていいのかわからなこともありますよね。

このページでは、LINEクーポンの使い方を画像付きで詳しく紹介しています。

LINEクーポンのメリットや使い方と取得方法

LINEクーポンを使っているのなら、LINE Payもあわせて使うともっと節約になりますよ!

LINEクーポンとは?

LINEクーポンとは、全国展開するメジャーな飲食店ブランドのクーポンを提供するサービスです。
その数はなんと、国内メジャーブランド22,000店舗以上!

なかには、LINEクーポン限定のクーポンもあります。

【LINEクーポン使い方】LINE限定クーポン

使い方としては、ざっくりと以下のようなことができますよ。

  • 行きたいお店のお得なクーポンを探す
  • 各ブランドのお得情報を見比べていく店舗を決める

LINEクーポンを提供するブランド

どんなブランドのクーポンがあるのか、気になりますよね。
サービス開始時点でクーポンを提供するブランドは、以下のとおりです。

ローソンでは、LINEクーポンのクーポンを提示してから『LINE Pay』のQRコード決済で支払うことができます。

LINEクーポンの使い方と取得方法

LINEクーポンが使えるブランドがわかったあとは、実際に使ってみたいですよね。

▼LINEクーポンのアイコンがある場所は、『LINEウォレット』内です。
LINEウォレットは、画面上側にあるメニューの一番右側。
『クーポン』のアイコンを押してみましょう。

【LINEクーポン使い方】ウォレットにあるクーポンを押す

▼初めての場合、『LINEクーポンをはじめる』のメッセージが出てきます。
押すとLINEクーポンの公式アカウントが友だち追加され、お得な情報届きますよ。

【LINEクーポン使い方】LINEクーポンをはじまめる

▼LINEクーポンのトップページです。

【LINEクーポン使い方】LINEクーポンのトップ画面

▼少し画面を下に移動すると、サービスが開始した日である11月2日(金)のクーポンが確認できました。

【LINEクーポン使い方】11月2日(金)のクーポン

▼画面一番上に、クーポンを提供しているブランドのロゴマークが並んでいますね。
試しに、マクドナルドを押してみましょう。

【LINEクーポン使い方】マクドナルドのロゴマークを押す

▼すると、マクドナルドで使えるクーポンの一覧が出てきました。
サービスを開始したときのクーポンの種類は、以下のとおりです。

メニュー店頭価格LINEクーポン価格割引額
グランベーコンチーズセット690円640円50円
ビッグマック390円330円60円
フィレオフィッシュセット490円400円90円
カフェラテ200円190円10円

割引額は10円~90円。微々たるものかもしれませんが、普通に買うよりかは節約につながりますよね。

【LINEクーポン使い方】マクドナルドのクーポン一覧

▼グランベーコンチーズセットのクーポンを押してみます。

【LINEクーポン使い方】グランベーコンチーズセットのクーポンを押す

▼グランベーコンチーズセットのページが出てきました。

【LINEクーポン使い方】グランベーコンチーズセットのクーポン

画面には、以下の情報が書いてあります。

  • クーポン有効期限
  • 利用時間の指定(10時30分以降に使える)
  • 1回に提示につき2セットまで
  • ドリンクMはセットで選べるドリンクから選ぶ
  • カフェラテ(アイス・ホット)、マックシェイクはSサイズ
  • サントリー黒烏龍茶#濃いめは選べない
  • 取扱いがない場合、ダブルチーズバーガーMセットを540円で提供
  • 表記している商品・サイズのみ有効
  • 税込価格での表示
  • 店頭価格は店舗によって異なる

クーポンを使う前に、しっかり読んでおきましょうね。

▼クーポンを使うときは、『クーポンを使う』を押します。

【LINEクーポン使い方】クーポンをつかう

▼クーポンが表示されました。画面を店員さんに提示して「これください!」と伝えましょう。

【LINEクーポン使い方】クーポンが表示される

▼そして、こちらがクーポンを使って購入した実際の商品。

【LINEクーポン使い方】クーポンで実際に購入した商品

▼レシートはこちら。

【LINEクーポン使い方】クーポンで実際に購入したときのレシート

レシートの上部に『クーポン45セット』と載っています。
「50円割引」とは載っていませんが、割引後の価格である640円で会計をしましたよ。

dポイントカード楽天ポイントカードを提示してポイントを貯めると、さらにお得感が増しますね。

クレジットカード支払いも可能(マクドナルドの場合)

先ほどは現金で会計を行いました。
クレジットカード支払いもできるのかどうかも、気になるところ。

▼後日、同じLINEクーポンを使って、同じ商品をクレジットカードで会計してみました。

【LINEクーポン】クレジット会計も可能

問題なく支払いできましたよ。

特別企画で無料クーポンに申し込む方法

さまざまなブランドのクーポンを使って、お得な価格のサービスを受けられるのはうれしいですよね。
でも、どうせなら「無料クーポン」だってほしい!

2018年11月6日には「特別企画」と題し、抽選で商品の無料クーポンが当たるサービスも開始しました。
どんな方法で申込むのか、紹介しますね。

▼わかりやすく、LINEクーポンのトップ画面に表示されています。

【LINEクーポン】特別企画への応募

▼キャンペーンのページに移動しました。『応募する』のボタンが少し下に見えていますね。画面を下げてみましょう。

【LINEクーポン】特別企画のトップページ

▼『応募する』の下には『応募履歴』が見られるようなボタンがありました。
ではさっそく『応募する』のボタンを押してみましょう。

【LINEクーポン】特別企画へ応募する

▼無料クーポンは、指定されたコンビニで引き換えです。
そのため選択肢の最後に、コンビニ名が載っています。

【LINEクーポン】引き換えできるコンビニを選ぶ

▼立ち寄ることができるコンビニを選んで、『応募する』を押しましょう。

【LINEクーポン】応募する

▼すると、抽選結果がでます。

【LINEクーポン】結果

当選した場合は、コンビニへ行き商品を引き換えましょう。

当選したのでコンビニで引き換えてきた

何度か応募していると、当選することだってありますよね!
当選したあと、どんな手順で商品と引き換えるのか気になるところ。

▼こちらが、実際に当選した画面です。

【LINEクーポン】特別企画当選画面

▼LINEメッセージで、商品引換の券が届きます。『景品はこちら』を押しましょう。

【LINEクーポン】クーポンは、メッセージで届く

▼すると、無料券のクーポンコードが出てきます。引換ができるお店で、バーコードを読み取ってもらいましょう。

【LINEクーポン】クーポンは引き換え店舗で表示させる

▼僕が当選した商品は、ローソンで引き換えることができるものでした。まず店内に商品がかるかどうか、確認してくださいね。

【LINEクーポン】対象商品があるか店頭でチェックする

▼ちなみに、商品は無料でしたが、dポイントも貯めることができます。ラッキーですよね。

【LINEクーポン】無料で商品を引き換えるが、dポイントも付与される

特別企画に応募や当選した場合の注意点

何点か注意点があります。

  • プレゼントを提供するブランドの、公式アカウントが友だち追加される
  • キャンペーン期間中、当選するまで1日1回抽選に参加することができる
  • クーポンの受け取りは、「LINE SP キャンペーンのお知らせ」から届くメッセージ内の「景品はこちら」ボタンを押して、画面の案内に従う
  • 無料クーポンは各コンビニ内のマルチメディア端末を操作し発券する
  • 無料クーポン発券には期限がある
  • 当選した無料クーポン(引換券)の転売は禁止
  • 15歳未満がキャンペーンに参加する場合、保護者の同意が必要
  • 当選の権利は応募者本人のみ有効で、譲渡はできない
  • 店舗によって、対象商品の品ぞろえがない店舗もある
  • 予定当選数に達した場合、キャンペーンが早期に終了することがある
  • 応募は日本国内に住んでいる場合に限る

▼応募後、各ブランドが友だち登録されメッセージが届きましたよ。

【LINEクーポン】公式アカウントが友だち登録される

LINEクーポンを使うメリット

LINEクーポンを使うのであれば、メリットも気になりますよね。

メリットは以下のとおり。

  • LINEを使っていれば、新たにアプリをダウンロードすることなく使える
  • LINEが入ったスマホさえ持っていれば、特定のクーポンを忘れたとしても、LINEクーポンで対応できる
  • 通常の価格より、安くサービスを受けられる
  • 特別企画で無料クーポンが当選する場合がある

LINEクーポンを使うときの注意点

スマホの画面を見せて会計をするだけなので、特に難しいことはないのですが、注意点もあります。

  • Android OSまたはiOSでVer.8.3.0以上の「LINE」をインストールする必要がある
  • スクリーンショットでの提示は不可

LINEのアプリを入れたままで更新をしていない場合は、アプリが古いので使えません。
更新はマメに行いましょう。

参考:iPhoneはこちら
参考:Androidはこちら

LINEクーポンを使ってみた感想

自分がほしいと思う商品のクーポンを探して、スマホ表示させるだけという手軽さがよかったです。

僕はマクドナルドで試してみたのですが、店員さんは特に困ることなく普通に会計を進めてくれました。
事前にメニューを決めてレジカウンターへ行き、選ぶ手間がないので時間の節約にもつながりましたよ。

さいごに

普段LINEを使っていれば、誰でも使えるLINEクーポンはお手軽なサービスです。
通常価格より安くなるクーポンは、魅力的ですよね。

ただし安くなっているからといって、いつもは行かないようなお店にいって無駄遣いをしても仕方がありません。

クーポンとは、上手に付き合っていきたいものですね。

LINEクーポンを使っているのなら、LINE PayやLINEポイントもあわせて使うともっと節約になりますよ!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る