ラクマの手数料はいくらかかる?出品・販売・購入・振込手数料のまとめとお得にする方法

スポンサーリンク

こんにちは!
フリマアプリのラクマを使う機会がときどきある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

出品して販売するにしろ購入するにしろ、手数料がどれぐらいかかるのかが気になりますよね。

これからラクマを使っていく上で、手数料の仕組みはざっくりでも理解しておくほうがよりお得に使えます。

このページでは、ラクマを使うときにかかる手数料はどんなものがあるのかや、ムダに手数料を払わないためにできることをまとめて紹介していきますね。

ラクマの手数料はいくらかかる?

ラクマの手数料はどんなものがある?

ラクマを使うときにかかりそうな手数料をざっとあげると以下のものがありますね。

  • 登録料
  • 月額手数料
  • 出品手数料
  • 販売手数料
  • 購入手数料
  • 振込手数料

ざっと思いつくだけでもこれだけ出てきますね。

この中で必要になる手数料は販売手数料・購入手数料・振込手数料の3つです。

あとは手数料無料ですよ。

登録手数料・月額手数料・出品手数料は無料

ラクマを使うとなったら、まずは登録すると思います。
そのときにお金がかかるのではないかと心配になるかもしれませんが、ラクマは無料で登録できますよ。

楽天のサービスになるため、楽天会員になっていると登録が簡単です!

ラクマの販売手数料は無料ではなく、3.5%かかる

ラクマを使う最大のメリットだと思っているのが、販売手数料が低いことなんですよね。
もともとは無料だったんですが、2018年6月に3.5%に引き上げられました。

とはいえまだまだ販売手数料は低いですよ!
メルカリの場合は、出品したモノが売れた場合、販売価格の10%が手数料で引かれます。

ラクマの場合は3.5%しか手数料で引かれないため、同じものが売れた場合は大きな差になりますよ!

仮に10,000円のモノをメルカリとラクマで販売して売れた場合は、650円もの差になります。

ただ、メルカリのほうが圧倒的に流通している商品が多いので、ラクマの販売手数料が低いメリットがあるのは、どちらに出しても確実に売れるようなモノを出すときですね。

個人的には株主優待を大量にもらっているので、それを出品するときはラクマのほうがいいと思っています。

優待券だとほぼ確実に売れますからね。

スポンサーリンク

購入手数料の一覧

ラクマでは、商品を購入したときの支払い方法によって手数料が必要になる場合があります。

まずは一覧で手数料を紹介しますね。

支払い方法手数料
コンビニ100円
郵便局/銀行ATM100円
クレジットカード無料
楽天ペイ無料
dケータイ払いプラス100円
LINE Pay無料
auかんたん決済100円
ソフトバンクまとめて支払い100円
Paidy払い(翌月払い)無料
ポイント払い無料
売上金払い無料

クレジットカード・楽天ペイが手数料無料でおすすめの支払い方法になります。

クレジットカードは無料キャンペーン中となっているため、もしかしたら今後手数料が必要になるかもしれませんので、楽天ペイが一番おすすめですね。

貯まっている楽天スーパーポイントも使えますし、メリットが大きいです。

クレジットカードを使う場合は、ポイント還元率の高いものを選びましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

また、出品もされているのであれば、売上金の残高があると思います。

これも購入時に使えて手数料無料です。

コンビニ・ATM払いの場合に手数料が発生する

購入手数料が必要になるのは、コンビニやATM(ペイジー)で支払うときです。

ラクマで買った商品の支払いはコンビニでもできますが、手数料100円が必要になります。

わざわざコンビニに行って購入手続きしないといけませんので、基本的におすすめしません。

ちなみに、対応しているコンビニは以下の通りです。

このように、手間もかかる上に手数料まで取られてしまうので、ラクマで購入するならクレジットカードや楽天ペイを使いましょう。

スポンサーリンク

10,000円未満で振込申請すると振込手数料が210円必要

続いて、ラクマを使うと手数料が必要になるのは振込手数料です。

ラクマで出品してモノが売れると「売上金」がどんどん増えていきますよね。

売上金を現金に換金するために振込申請します。
その売上金が10,000円未満だった場合は、振込手数料で210円が必要です。

例えば、8,000円を振込申請した場合は振込手数料が210円引かれて、実際の入金額は7,790円になります。

頻繁に出品しているのであれば、売上金が10,000円以上になるまで貯めてから換金するのがおすすめです。

振込先を楽天銀行に指定した上で10,000円以上の振込申請をすると振込手数料が無料ですからね。

ただ、売上金の有効期限が1年間しかないため、放置していると忘れてしまう可能性もあります。

1回限りしか使わないのであれば、売上金が入ってきたらすぐに振込申請しておきましょう!

振込申請のやり方は以下のページが詳しいですよ。

さいごに

ラクマを使ったときに手数料がかかる可能性があるのは、販売手数料と購入手数料と振込手数料だけ。

販売手数料以外は、使い方によっては手数料無料にできますし、余計な手数料を払わずにラクマを使いこなしましょう!

お金を一切かけずにフリマアプリを使い倒すこともできますので、より手数料を安くしたいと思っているのであれば、ラクマはかなりおすすめです。

おまけ:ラクマに関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る