究極の節約術・節約生活のやり方と考え方8つ。お金を使わず生活がコツ

松本 博樹の画像

使うお金を徹底的に減らしていきたいときは、究極の節約術を求めるのではないでしょうか。

私も2011〜2013年前半ぐらいまでは、ほとんど仕事がなく収入がありませんでした。

そうなると、節約しないとやっていけません。

ここでは、私が実際にやっていた究極ともいえる節約術をまとめて紹介していきますね。

究極の節約術・節約生活のやり方と考え方

究極の節約術は「お金を使わない」こと

このサイト「ノマド的節約術」では、あらゆる節約ネタを紹介していますが、何よりも効果があるのは、そもそもお金を使わないことです。

お金を使わなければ、お金が減ることもありません。
あれこれケチったりしようと思うこともなくなります。

究極の節約生活で実践できること

それを踏まえて、実践編を紹介しますね。

いろいろやってましたので、今の時代に合わせて取り入れるかどうかを検討していただければと思います。

コンビニで買い物しない

コンビニで買い物すると、スーパーで買い物するよりも高くなってしまいます。

究極の節約をしていくなら、コンビニでの買い物はしないほうがいいですね。

収入が増えて、普通の会社員のように生活できるようになった今でも、コンビニで買い物はしていません。

私がコンビニを使うときは、コピー・PDFプリント・ATMでの出金だけです。

もちろん、ATM出金も手数料無料にしています。
ネット銀行を使えば、かんたんにATM手数料を無料にできますからね。

飲み物は水だけにする

ペットボトルの水
ONWAイラストより

生きていくのに欠かせない水分の補給、飲み物はいろいろとありますが、私は基本的に水しか飲まない生活を送っています。

誘いがあってカフェなどに出かけたときは、他の飲み物を飲むこともありますが、普段の生活では水だけです。

水だとコストがそんなにかかりませんからね。
こだわらなければ、蛇口をひねるだけでOKです。

水を飲む生活が基本になると、他のものを飲んだときに少し違和感が出るようになりました。不思議ですね。

ちなみに水しか飲まないのが基本なので、お酒もまったく飲みません。
今までの人生で、お酒に払ったお金は1円もないですね。

お菓子を買わない

お菓子って、美味しいからついつい買ってしまうかと思います。

ただ、本当に生活が困るとお菓子を買う余裕なんてまったくないんだなと気づきました。

お菓子を買わない生活が続いていくうちに、お菓子を食べないのが当たり前になってくるので、意外と大丈夫ですね。

かなり難易度が高い節約術ですが、究極の節約生活を実践するなら確実にやりたい方法です。

テレビを持たない

究極の節約生活をするなら、テレビもいらないです。
真っ先に捨てていい代表格ですね。

テレビを持つことでお金が発生しますし、時間も取られてしまうのでもったいないです。

テレビを持たないメリットは以下の通りです。

  • NHKに契約しなくていい
  • テレビに時間を取られなくていい
  • 録画するための出費と時間も不要になる

浮いた時間を他のことに使っていけば、より充実した時間を過ごせますよ。
また受動的な時間が減るため、より主体的な人生にしやすいです。

私がお金に困ったときも、テレビは真っ先に手放しました。
テレビなしの生活をしてみたら、まったくテレビがいらないことに気づきましたね…。

新聞を契約しない

テレビと同じ理由で新聞も契約しなくていいと思います。

新聞になると、テレビよりも毎月お金がかかるので、節約するなら契約しないほうがいいですね。

一人暮らしを始めたときに、よく新聞のセールスが来てましたが、いつも断っていました。

いらないものはいらないと伝えるほうがお互いのためです。

外食をしないで自炊する

外食ってとても楽しくてラクなんですが、毎回しているとどうしてもお金がかかります。

食費を長期的に見て安くしていきたいなら、自炊するようにしましょう。

スーパーなどで手頃の値段の食材を仕入れて、自炊していけばそこまでお金はかからないです。

私が一人暮らしをしていたときは月に2万円以内だった記憶があります。

もっと節約のやり方が上手い人や、料理が上手な人ならより安くできるでしょうね。

自分で散髪する

バリカンのイラスト
ONWAイラストより

散髪するとき、美容院や床屋さんに行くとお金がかかります。

これを自分でカットすれば、バリカンなどの初期投資だけであとはずっと無料になりますよ。

過去、散髪代も節約したいと思って、バリカンだけで散髪していることがありました。

毎回坊主にするだけでしたが、これも使い方に慣れたらキレイにカットできると思います!

2ヶ月に1回、3,000円の散髪をしていたなら、年間で18,000円も節約できますよ。

携帯を契約せずに使う

携帯電話(スマートフォン)って、ドコモやauなどのキャリアに契約しないと使えないようなイメージがあるかと思います。

今は格安SIMを使って安くすることもできますよね。

私は一時期、手持ちのスマートフォンにSIMカードを入れずに使っていました。

Wi-Fiルーターだけ持ち歩いて、電話番号は050で始まる番号を取得して、どことも契約してなかったです。

さすがにちょっと不便ではありましたが、電話を必要としない生活や仕事のスタイルであればできると思いました。

毎月かかる固定費を安くすることも、究極の節約生活にはとても大切ですね!

極力、自分で何でもやる意識でいること

究極の節約生活を実践していくために大切な考え方は、「何でも自分でやるのを意識する」ことです。

人にお願いすることで、どうしてもお金が発生してしまいがちなので、とことんまでお金を使いたくないのであれば、自力でいろいろできるようにしていくのがいいですよ。

過去の自分も、収入がほぼない状態だったから、究極的に節約しないと生きていけないと思っていました。

そのときは、脳をフル回転させて、何をやるにしても自分で完結できないかを考えていましたね。

もちろんすべてのことが一人で完結できるわけではないので、自分で何でもやるようになってから、あらゆるサービスや商品のありがたみを感じるにようになりました。

その点でも、一度究極の節約生活を経験したのは良かったと思いますね!