A5サイズの封筒に貼る切手の料金はいくら?切手の貼り方・送り方も解説

スポンサーリンク

こんにちは!
郵便局をよく利用する小林敏徳です。

メールやLINEが主流の今の時代。
いきなりA5サイズの封筒を送ることになったら、どうしますか?

どの規格の郵便物にあたるのか、いくらの切手が必要なのかなど分からないことがたくさんありますよね。

また、切手の貼り方や送り方についても悩むでしょう。

このページでは、A5サイズの封筒に貼る切手の料金、切手の貼り方、送り方を解説します。

A5サイズの封筒に貼る切手の料金はいくら?

A5サイズの封筒は「定形外郵便(規格内)」にあたる

A5サイズの封筒に貼る切手の料(封筒)

最初に結論をいいますね。

A5サイズの封筒は「定形外郵便(規格内)」にあたります。

以下を見れば、サイズが規定に収まっていることがわかると思います。

  • 定形外郵便(規格内)の最大サイズ:34cm(長さ)×25cm(幅)×3cm(厚さ)
  • A5サイズ:縦(長さ)14.8cm、横(幅)21cm

「A5サイズの封筒=定形外郵便(規格内)」と覚えておきましょう。

定形外郵便は重さによって料金が変わる

定形外郵便の気になる切手の料金ですが、重さによって変わります。

詳しくは後で紹介しますが、定形外郵便(規格内)の料金は、50g以内=120円〜1kg以内=580円までの幅がありますよ。

重さが1kgを超えると料金がアップする

ちなみに重さが1kgを超えると、定形外郵便の「規格外」になり、料金がアップします。

郵送コストを抑えたいなら、できるだけ郵便物を軽くしたほうがいいですよ!

A5サイズの封筒は何を送る時に使えるの?

定形外郵便について詳しく見ていく前に、A5封筒の使いみちを紹介しますね。

用途の参考例は以下のとおりです。

  • 小さいサイズの書類
  • ノート
  • 冊子・チラシ
  • 写真

▼このような小さめのパンフレットなら、すっぽり収まります。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(A5サイズのパンフレットが入る)

▼もちろん、A5サイズの書類もちゃんと入りますよ。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(A5サイズの用紙が入る)

使う機会は限られるかもしれませんが、参考までに覚えておいてくださいね。

定形外郵便のサイズと重さ

今度は、定形外郵便について詳しく見ていきましょう。

サイズと重さの規定は以下のとおりです。

定形外郵便のサイズと重さ
定形外郵便(規格内)定形外郵便(規格外)
重さ1kg以内4kg以内
最大サイズ34cm(長さ)×25cm(幅)×3cm(厚さ)長さ60cm以内 且つ 長さ+幅+厚み=90cm以内
最小サイズ14cm(長さ)×3cm(直径)の円筒形、又は、14cm(長さ)×9cm(幅)の円筒形以外のもの14cm(長さ)×3cm(直径)の円筒形、又は、14cm(長さ)×9cm(幅)の円筒形以外のもの

文字だけではちょっとイメージしづらいと思いますので、日本郵便の公式サイトにある画像を引用します。

A4サイズの封筒に貼る切手の料金(定形外郵便の規格内と規格外のサイズの違い)
定形郵便物・定形外郵便物のサイズ・重さについて

先ほども紹介したように、A5サイズの封筒は定形外郵便(規格内)にあたります。

料金は重さによって変わりますので、注意してくださいね。

定形外郵便の料金

次は、定形外郵便の料金を紹介しますね。

以下にまとめてみました。

定形外郵便の送料一覧
重さ送料(規格内)送料(規格外)
50g以内120円200円
100g以内140円220円
150g以内210円300円
250g以内250円350円
500g以内390円510円
1kg以内580円710円
2kg以内取扱なし1,040円
4kg以内取扱なし1,350円

定形外郵便(規格内)は120円〜580円までの幅があるので、郵便物はできるだけ軽くしたほうがいいですよ。

たとえば書類を送る場合は、「50g以内=120円」と思って大丈夫です!

A5サイズの封筒に切手を貼って送る方法

最後に、A5サイズの封筒に切手を貼って送る方法を紹介します。

大まかな流れを以下にまとめてみました。

  1. 封筒の表面に宛先の郵便番号、住所、氏名を書く
  2. 封筒の裏面に自分の郵便番号、住所、氏名を書く
  3. 封筒に送付物を入れる
  4. はかりなどで重量を計測する
  5. 送料に相当する切手を用意する
  6. 封筒の表面に切手を貼り付ける

ここからは画像で紹介しますね。

▼まずは封筒の表面に宛名を書きます。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(送り方・表面に宛名を書く)

▼次に、裏面に差出人を記入してください。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(送り方・裏面に差出人を書く)

▼そこまでできたら送付物を中に入れて、封をしましょう。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(送り方・中身を入れて封をする)

▼最後に料金に相当する切手を貼り付けて。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(送り方・切手を貼り付ける)

▼完成です。

A5サイズの封筒に貼る切手の料(送り方・完成)

▼送り方は、郵便ポストに投函するだけ。
郵便局やコンビニからも郵送できますよ。

メルカリで定形外郵便を送る方法(郵便ポストに投函する)

切手の貼り位置について少しだけ補足しますね。

▼封筒が縦向きの場合は、左上部の「縦7.0cm×横3.5cm」の範囲内に切手を貼ってください。

A4サイズの封筒に貼る切手の料金(切手の貼り方と送り方・切手の貼り位置は左上部:縦7.0cm×横3.5cmの範囲内)

▼範囲内であれば何枚貼ってもOKです。

A4サイズの封筒に貼る切手の料金(切手の貼り方と送り方・範囲内であれば何枚貼ってもOK)

▼封筒が横向きの場合は、右上部の「横7.0cm×縦3.4cm」の範囲内に切手を貼りましょう。

A4サイズの封筒に貼る切手の料金(切手の貼り方と送り方・切手の貼り位置は右上部:横7.0cm×縦3.4cmの範囲内)

こちらも範囲内であれば何枚貼ってもOKですよ。

さいごに

A5サイズの封筒は、定形外郵便(規格内)にあたります。

料金は重さに応じて決められていますので、郵便物はできるだけ軽くしたほうがいいですよ。

1kg以上になると「規格外」になり、料金もあがるので、注意してくださいね!

おまけ

ノマド的節約術では、いろいろな配送方法について紹介しているページがあります。
気になったものがあれば、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る