東京から金沢・富山へ安く旅行しよう!北陸新幹線の運賃を安くする方法のまとめ

スポンサーリンク

2015年3月14日に北陸新幹線が開業しましたね。
東京から金沢まで約2時間半で結びます。

今まで、富山や金沢に行こうと思うと、上越新幹線で越後湯沢駅まで行って、そこから特急はくたか号に乗り換えて、富山・金沢方面に向かう流れでした。

面倒だったと思いますが、今や直通で金沢まで行けます。
時間も大幅に短縮になりますね。

このページでは、北陸新幹線をより安く利用するためにできる方法をまとめていますので、利用前にチェックしていただければと思います。

北陸新幹線

簡単に安くできる方法を知りたい方はこちらがおすすめ。

新幹線に安く乗る方法はこちらが完全版です。

北陸新幹線の通常運賃

まずチェックしておきたいのは、各駅から北陸新幹線に乗った場合、運賃がいくら掛かるのかですよね。

新幹線なので、高くつくというイメージがあると思います。

北陸新幹線は、自由席・指定席・グリーン車グランクラスという4種類の席があり、自由席が一番安くてグランクラスが最も高いサービスです。

東京駅からの富山・金沢までの運賃は以下の通り。

金沢富山
自由席13,850円12,430円
指定席14,380円12,960円
グリーン車19,100円17,680円
グランクラス27,480円26,060円

上野駅からの富山・金沢までの運賃は以下の通りです。

金沢富山
自由席13,390円12,000円
指定席13,910円12,520円
グリーン車18,540円17,150円
グランクラス26,760円25,370円

大宮駅からの富山・金沢までの運賃は以下の通りです。

金沢富山
自由席13,640円12,220円
指定席14,170円12,750円
グリーン車18,890円17,470円
グランクラス27,270円25,850円

通常運賃で買う場合は、クレジットカードの一括払いで買うようにしましょう!
その方がポイントが貯まる分だけお得になりますよ。

運賃を決める細かな計算について

自由席は、通年同じ価格ですが、他の3種類は時期によって料金が変わったり、運賃の計算が少しややこしかったりします。

  • 指定席:閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し
  • グリーン車:通常期の指定席特急料金から520円引いた上でグリーン料金を加算
  • グランクラス:通常期の指定席特急料金から520円引いた上でグランクラス料金を加算

金沢-富山間は激安価格で往復できる

金沢-富山間というごく一部の区間だけですが、北陸新幹線の自由席を通常の運賃よりも安く往復できる切符が販売されています。

買い物や仕事などで、日帰りで往復する機会があれば、忘れずに使った方がいいぐらいお得ですよ。

通常5,720円が3,600円になり、相当安くなります。

えきねっとトクだ値で安くできる

JR東日本のサービスである「えきねっと」に登録していると、ネットから新幹線の切符を予約できます。早めに予約するサービスの「えきねっとトクだ値」を使うと、一部の区間で割引が適用になります。

「東京・大宮」〜「飯山・金沢」と「長野」〜「糸魚川・金沢」の運賃が割引対象です。

ちなみに、東京-金沢の運賃が12,940円(910円割引:10%お得)、東京-富山の運賃が11,660円(770円割引:10%お得)になります。

えきねっとトクだ値で予約する手順は以下のページが詳しいですよ。

モバイルSuica特急券、スーパーモバトクも使える

モバイルSuicaを持っている方は、「モバイルSuica特急券」を北陸新幹線で使えます。えきねっとトクだ値とは違って、どの区間でも利用できるのがメリットですね。

モバイルSuicaで、東京-金沢を利用すると運賃は13,620円(760円割引:5.2%お得)、東京-富山なら運賃は12,210円(750円割引:5.8%お得)です。

北陸新幹線に乗る方は、モバイルSuicaが必須レベルですね。
モバイルSuicaを使う方が確実にお得なので、登録がまだの方はしておきましょう。

登録後、モバイルSuica特急券を予約する方法は以下のページが詳しいです。

おまけ情報なのですが、モバイルSuicaがあると、北陸新幹線だけでなく、東海道新幹線や山陽新幹線も安くできる方法があります。

ビューカード系(ビュー・スイカルミネカードビックカメラSuicaカード)を持っていると、モバイルSuicaの年会費1,030円が無料になります。

JR西日本からはe5489で割引価格で予約できる

関西に住んでいる方も、金沢や富山に行ったあとに東京方面に北陸新幹線で移動する、ということがあると思います。
そんな方に向けてか、JR西日本の「e5489」でも北陸新幹線の切符を予約できますよ。

割引切符は、以下の3種類があります。

  • WEB早特1
  • eきっぷ
  • e早特1

WEB早特1は、e5489に会員登録さえすれば使えますが、他の2つはJ-WESTカード専用の割引サービスです。

私はよく出張することがあるので、J-WESTカードが欲しいのですが、全然審査に通りません…。自営業だと大変だ…。

一度でも北陸新幹線で割引を適用すれば、J-WESTカードの年会費の元はすぐとれます。

出張や旅行することが多い、私のような方にはJ-WESTカードがおすすめです。

それぞれの割引切符を使った時の東京までの運賃を以下にまとめました。

金沢富山
WEB早特112,940円11,660円
eきっぷ13,730円12,310円
e早特112,360円11,090円

ちなみに、大阪や京都方面から金沢・富山に行くときもe5489で割引できます。

金沢から上越妙高まではJR西日本の株主優待券が使える

金沢駅から上越妙高駅まではJR西日本の管轄となっています。

この区間であれば、JR西日本の株主優待券を持っていると、運賃を半額にできますよ。

関西方面からサンダーバードで移動してくる場合は、JR西日本の株主優待券を使ってみましょう。

私自身、実際に使って運賃を半額にしました。

大阪-東京を往復する料金で金沢に寄る方法

私の知り合いで、電車にやたら詳しい方が、とっておきの裏ワザを見つけたみたいです。大阪から東京を往復する運賃で、金沢で1泊できるそう。

新幹線から特急に乗り継ぐ場合、在来線の特急料金が半額になる仕組みを利用して、サンダーバードの特急料金を割引します。大阪からサンダーバードで行く場合は、金沢で1泊してもOKというお得さ。

詳しくは知り合いの方が書いたページをチェック!
参考:北陸新幹線ができたら大阪ー東京をただ往復するんじゃもったいないよ!という話。 – ken.fm

この方に後日、インタビューしました。

日本旅行の新幹線プランで宿泊代込みで安くする

ツアーのサービスを提供している日本旅行では、新幹線のプランがあります。

1泊するぐらいであれば、往復の新幹線代とほぼ同じぐらいの値段で利用できますよ!

新幹線の予約と宿の予約の両方をするのは面倒だと思うので、日本旅行のプランで一括予約するとかなり手間が省けます。

事前にしておく必要がありますが、予定が決まっているのなら、ぜひやっておきましょう。

北陸新幹線は回数券がない

電車の運賃を割引する方法で一番手っ取り早くて、すぐに思い浮かぶ回数券。

北陸新幹線、実は回数券がありません。

以前、特急はくたか号を使って富山や金沢に行く場合は、「北陸回数券」という割引率の高い切符がありました。

同様の回数券が出てくるものかと思いましたが、残念ながら回数券はなかったですね。他の方法で電車運賃を割引することにしましょう。

今はもうないですが、過去の北陸新幹線について知りたい方は、こちらのページもどうぞ。

さいごに

北陸新幹線が開通してから金沢や富山に行きやすくなりましたね。
金沢や富山に住んでいる方だと、東京にも出やすくなりました。

でも、新幹線の運賃ってどうしても高くなりがちなので、安くできる方法を活用して、安く快適な旅を楽しみましょう!

おまけ:金沢観光する方へ

金沢に行ったら、いろいろと観光しますよね。
移動するのもお金がかかりますので、安くできる方法を知っておくと便利ですよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!