北陸新幹線の金沢から上越妙高まではJR西日本の株主優待券で半額に!使い方と注意点について

スポンサーリンク

JR西日本の株主優待券を使うと、乗車券・特急券の運賃を半額にできます。

JR西日本が管轄している区間であれば、どこでも使えるのが便利ですよね。

今回、富山に家族旅行する機会がありましたので、JR西日本の区間だけの利用で富山まで行くことができます。

実際にどうやって安くできたのかを紹介していきますね。

JR西日本の株主優待を使って買った切符

まず、実際に買った切符を見ていただきましょう。

JR西日本の株主優待を使って買った切符

新神戸から新大阪までは山陽新幹線、新大阪から金沢まではサンダーバードで、金沢から富山までは北陸新幹線を使いました。

新大阪から京都までの新幹線はJR東海なので株主優待が使えない

スピードを重視するなら、京都まで新幹線で行くのが早いです。

ですが、新大阪から京都の区間で新幹線を利用すると、そこはJR東海なんですよね。

なので、JR西日本の株主優待を使うことができません。

JRの在来線は、JR西日本の管轄となっているので、JR西日本の株主優待が使えますよ。

北陸に向かう電車で有名なサンダーバードに乗る時は、株主優待が使えますので、北陸に向かう時は新大阪で乗り換えるのがおすすめです。

サンダーバード

グリーン車も半額になりますので、ここぞとばかりにグリーン車を利用するのがおすすめ。

普通席と比べて、座席の質が明らかに違うので、一度利用するとグリーン車以外を使いにくくなるかも・・・。

北陸新幹線は金沢から上越妙高まではJR西日本の区間

サンダーバードで金沢まで来たら、北陸新幹線に乗り換えです。
金沢から上越妙高まではJR西日本の管轄となっているので、株主優待が使えますよ。

私は今回富山まで利用しましたが、この区間もしっかりと半額にできました。

金沢駅

北陸新幹線は、青が目印。
他の新幹線よりもカッコよく見えるのは私だけでしょうか?

電車好きの息子も北陸新幹線を目の前にして大興奮でしたよ!

金沢で見た北陸新幹線

JR西日本の株主優待を手に入れる方法

今回、私がどうやって手に入れたのか。
せっかく運賃を半額にできるといっても株主優待券を手に入れないと使えないですからね。

ヤフオクで落札する

私が今回利用した方法は、ヤフオクで出品されている株主優待券を落札することです。

買うことになるので、実質的に半額ではなくなりますが、それでも普通に切符を買うのと比べたら明らかに安くできますので、おすすめですよ。

もともとの運賃が高ければ高いほど割引額も大きくなります。

相場は4,500円ぐらいなので、せめて10,000円以上の区間を利用する時に株主優待券を使いましょう。

今回の富山旅行では、片道17,000円以上したので、かなり安く切符が買えました。

株を買って純粋に株主優待をもらう

あとは、普通に西日本旅客鉄道(JR西日本)の株を買って株主優待を手に入れる方法がありますね。

その際は、証券会社の手数料だけで株主優待を手に入れることができるテクニックを使いましょう。

おすすめですよ!

私も過去にこの方法でJR西日本の株主優待を手に入れたことがあります。

乗車券だけを購入して、特急券は別にする方法もあります

その後、また別の機会に上越妙高駅まで行く機会がありました。
そのときも当然のように株主優待を使って半額で移動しましたよ!

上越妙高駅に行くまでにいろいろと寄り道したかったので、先に乗車券だけを買っておき、特急券は別途買うというやり方で行きました。

まだ宿をとってないけど、とりあえず北陸行きます! 株主優待フル活用! #北陸 #株主優待

hiroki matsumotoさん(@cocowa_kobe)がシェアした投稿 –

▼切符を買ってから2日後に上越妙高駅に到着しました。

上越妙高駅

さいごに:これで旅行を楽しみました

JR西日本の株主優待は、高い電車代を半額にできるとっても魅力的なものです。

私たち家族もこれを使って富山まで行き、旅行を楽しんできましたよ^^

JR西日本の株主優待を使って切符を買う方法は、以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る