VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)した経験からメリットや効果・痛みについての感想をブログ記事でレポート

スポンサーリンク

こんにちは!
VIO脱毛中のライター、なつみとです。

VIOとはアンダーヘアのことですので、いきなりとんでもないカミングアウトをしていると、自分でもわかっています…(笑)

しかし、VIO脱毛って本当にすごいんです!
みんなにオススメしたいって思うぐらいなんです!!

VIO脱毛に興味はあるけど不安のほうが大きい…と、わたしも以前は思っていました。

でも実際にVIO脱毛を経験してみるとメリットが大きすぎて、もう後戻りできません。

このページでは、VIO脱毛の実際のところをトコトン詳しく解説します。

VIO脱毛に対する疑問や不安が解決できるはずなので、その上で、VIO脱毛をするかどうか決めるといいと思いますよ!

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)のメリットや効果

VIO脱毛が快適な理由

VIO脱毛にはメリットがいくつもあります。

わたしにとって一番のメリットは、「とにかく快適!」ということ。

特にIラインおよびOラインの話になりますが、ここの毛が無いと、下着の中がムレなくて、すっごく快適なんですよ。

とくに生理中は!

はじめはスース―するし落ち着かない感じがしたのですが、今は毛があるほうが違和感。

下着の中が蒸れにくくなるということは肌荒れも起こしにくいし、肌が弱いわたしにとっては大きなメリットですね。

またVラインに関しては、下着からアンダーヘアがはみ出してしまう人は、脱毛することによってはみ出さなくなります。

ちなみにわたしは、Vラインは全部脱毛しているのではなく、少し残した状態で脱毛しています。

Vラインを残すかどうかは好みだと思いますが、わたしはなんとなく、全部丸見えになるのは恥ずかしいなぁと思って残してるんですよね。

たいした理由があるわけではないですし、脱毛したくなったら今後脱毛する可能性もありますよ。

VIO(アンダーヘア)が無いことによるデメリットなんて無い

VIO脱毛のメリットは以下の3つでしょうか。

  • ムレないから快適
  • だから肌荒れもしにくくなる
  • 下着からアンダーヘアがはみ出す心配がなくなる

逆に、デメリットは何でしょうか?

個人的には、デメリットなんてありません

しいていえば、脱毛に通うためにいくらかお金がかかるということかもしれませんが…。

「VIO脱毛をしたら彼氏に引かれるのでは?」という心配はたまに聞きますが、アンダーヘアの生え方なんて人それぞれですし、「あ、この人は脱毛しているな!」と勘づく男性はほとんどいないと思います。

また、「この人は脱毛しているな!」と勘づくほど経験豊富な男性であれば、女性の脱毛事情について口を出すような野暮なことはしない気もします(多分!)。

むしろ、アンダーヘアがめっちゃ生えてしかも剛毛そして臭う、とかよりは、きちんと手入れされているほうが異性からの印象はいいのではないか、と個人的には思いますね。

ほかにも、温泉や婦人科に行くときなど、やはり「他人の目」が気になってしまうこともあるでしょう。

正直、わたしがVラインを少し残して自然な感じで脱毛しているのも、他人の目を気にしているからかもれません。

ただ、恥ずかしいというよりも、「ジロジロ見られたら不快だから」というのが理由ですね。

まあ温泉や婦人科など人に見られるといっても、実際他人のアンダーヘアをじっくり見る人なんて滅多にいないです。

他人がVIO脱毛してようがしてまいが、本気でどうでもいいことですから、気にしなくていいと思いますよ!

VIO脱毛の脱毛範囲や仕組みを解説!

そんなVIO脱毛ですが、エステや美容クリニックでおこなわれるVIO脱毛プランとはどういうものなのか、説明しますね。

ちなみにVIO脱毛は、「ハイジニーナ」と呼ばれることもあります。

Vライン・Iライン・Oラインの3つの部位に分けられます

VIO脱毛と一言で呼ぶことが多いですしセットで脱毛するほうがいいと思いますが、一応3つの部位に分けることができます。

  • Vライン:アンダーヘアのうち、前から見えるところ。トライアングルとも。
  • Iライン:アンダーヘアのうち、真下(性器周り)のところ。
  • Oライン:アンダーヘアのうち、お尻の穴の周りのところ。肛門周り。

お店によってはVラインを「上部」と「下部」に分けていることもあります。

でも、アンダーヘアを整えたいのであれば、Vラインだけなど単品ではなく、VIOをセットで脱毛することをオススメしますよ。

わたしもはじめはVラインだけ、形を整える程度に脱毛を開始したのですが、今となっては「Vラインよりむしろ、IラインとOラインのほうが脱毛すべき!!」と熱弁したいです。

セットのほうがもちろんお得ですし、あとになって「やっぱりIラインも……あ、Oラインも」と追加するより、はじめからVIO脱毛にしたほうがいいでしょう。

2~3か月に1回通いながらじっくり毛を減らしていきます

VIO脱毛だけでなく脱毛全般に共通する話ですが、脱毛は2~3か月に1回通って、少しずつムダ毛を減らしていく仕組みになっています。

と言っても、実際には「一度全部なくなる→また生えてくる→脱毛する→」というサイクルを繰り返しながら、少しずつ生えてくる毛量が減ってくるという感じ。

一度施術を受ければ、その1週間後には毛が抜け始め、2週間後ぐらいにはほとんど生えていない状態になります。

このときはめっちゃ快適です!

1か月後ぐらいから少しずつまた生えてくるので、ある程度生えそろったころ、前回の施術から2~3か月後にまた施術を受けましょう。

この繰り返しで脱毛していくので、VIO脱毛が気になる人は、とりあえず1回だけ脱毛してみるのもオススメです。

1回脱毛しただけではほとんど毛量は変わらないのですが、脱毛後にひととおり毛は抜けるので、「アンダーヘアが無い状態」を経験できますよ。

この状態が気に入ればコース契約すればいいですよね。

「VIO脱毛は痛い」は本当!

VIO脱毛は痛い、とよく言われるのですが、これは本当です。

痛みのレベルについては個人差も大きいですし、お店で使っている機械の種類によっても違うのですが。

わたしの場合は、エステの光脱毛は全然痛くなかったけど、クリニックの医療レーザー脱毛は泣いて謝りたいぐらい痛かったです…。

人によっては、エステの脱毛でもすごく痛いという人もいますし、医療脱毛だけど全然我慢できる程度だという人も。

こればかりは個人差も大きいので、実際に体験してみるのが一番ですね。

※クリニックの場合は麻酔を使えるので、追加料金はかかりますが、麻酔を検討してもいいかもしれません。

VIO脱毛完了までの流れ

ジョウクリニック院内

ここからは、実際にVIO脱毛をする場合の、契約から脱毛完了までの流れをみていきましょう。

お店探しと申込

まずはお店探しですね。

脱毛は大きくわけて「エステ脱毛」と「医療脱毛」がありますが、わたしは医療脱毛派です。

違いはこんな感じ。

  • エステ脱毛:痛くない・効果が低い・通う回数が多く、通う期間も長くなる
  • 医療脱毛:痛い・効果が高い・通う回数が少なく、通う期間も少なくなる

料金については、正直どちらもあまり変わらないと思います。

エステのほうが安く見えるのですが、1回あたりの効果が低いので、追加契約していくと結局は医療脱毛と変わらない感じですね。

また、エステは医療機関でないため、施術時のヤケドや肌トラブルが絶対に起こらないよう、細心の注意を払っており、それは逆に言うと「慎重すぎて、少しでも肌荒れしているとその部分は施術してくれない」という問題も。

医療脱毛であれば万が一ヤケドなどの肌トラブルが発生したとしてもその場で処置が受けられます。

とくにIラインは粘膜付近になりますが、エステでは粘膜に当たらないように注意するため、あまりギリギリまで照射してくれません。

とは言え「痛くない・単価が安い」という点を重視してエステ派の人もいます。

「とりあえず1回体験してみたい」という場合は、1回あたりの単価が安いエステで体験してみるのがよさそうですね。

脱毛のお店選びのポイントと契約時のチェックポイント

お店を選ぶときや契約するときには、以下のポイントをチェックすることをオススメします。

  • VIOそれぞれの対象範囲
  • 中途解約の扱いについて(返金時の計算方法や手数料について)
  • (医療脱毛の場合)麻酔の有無と料金
  • シェービング関係のルール(お店で剃毛してもらえるか?料金は?)
  • 予約方法(ネット予約できるか?)

VIOそれぞれの対象範囲

お店によって、VIOそれぞれの対象範囲は異なります。

大手というか全国展開しているお店ほどマニュアルが細かいので、「○センチ×○センチ」のように厳格に決まっています。

個人のお店やクリニックのほうがそのあたりは融通が利きますね。

中途解約の扱いについて

施術内容が不満な場合や、引越し等で通えなくなった場合など、中途解約する可能性もあると思います。

通常は残り回数に応じて返金されますが、計算方法はしっかり確認しましょう。
たいていは、解約時には「コース料金ではなく単発料金で計算する」形なので、思ったより返金が少なくなります。

また、事務手数料と称して実質違約金のようなペナルティが差し引かれることもあるので、契約前にしっかりチェックしておきましょう。

麻酔の有無と料金

医療脱毛の場合は麻酔も使えますし、VIO脱毛の場合は「どうしても我慢できない!」という人もいるようなので、念のため確認しておきましょう。

麻酔もクリームタイプやガスタイプなどクリニックごとに違いますし、料金設定も「1回あたり○円」だったり「1部位あたり○円」だったりと異なります。

シェービング関係のルール

事前に脱毛する部位をシェービングしますが、お店によっては、お店でシェービングしてくれるところもあります。

とくにクリニックの場合は、コース料金に剃毛代も含まれていることも珍しくありません。

また「剃り残しがあればその部分は剃ってくれるけど、事前に自分でシェービングしていることが前提」の場合もあります。

そして、シェービング料金が別途設定されているお店もあります。

VIOは自分でシェービングできる部位ではありますが剃り残しは発生しやすい部位なので、契約前にチェックしておいてくださいね。

予約方法はネット予約もあるか?

予約方法についても確認しておきましょう。

「電話予約しかできないけど全然電話がつながらない」なんて笑えないケースもあります。

最近はLINE予約ができるお店も多いですよ。

生理とかぶらないように予約する

さてここからは、契約後のお話です。

まず予約をするときですが、VIO脱毛なので生理期間とかぶらないようにしなければなりません。

終わりかけなどで施術に支障がないようであれば大丈夫だと思いますけどね。

施術日の前日にシェービングしておく

お店で無料でシェービングしてくれるお店ならラクですが、たいていは自分で、事前にシェービングしておかなければなりません。

まずVラインですが、わたしのように少し残した状態で脱毛する人は、照射してほしいところだけシェービングします。

ちなみにお店でシェービングしてくれる場合も、どのような形でVラインを残すかはスタッフと相談しながら決めていけるので安心してくださいね。

次にIラインですが、自分では見づらい部分なので、人に見られたらめちゃくちゃ恥ずかしい格好で剃ることになります。

Oラインに関してはまったく自分では見えませんので、手探りで剃ることになりますね。
毎回ドキドキします…。

剃る道具にもいわゆる「カミソリ」や電気シェーバーなどいろいろありますが、肌の安全を考えると、電気シェーバーがおすすめですね。

フェリエと呼ばれる、Panasonicの顔用電気シェーバーがいいですよ。

※脱毛テープや除毛クリームの使用は、脱毛する場合は厳禁です!!

VIO脱毛の施術時の流れ

VIO脱毛の施術自体が恥ずかしいと思ってしまう人もいるようですが、まあそれは、仕方ないですね。

でも施術者は当然女性ですし、相手も仕事ですから淡々とやってくれますよ。

施術の流れや施術時の体勢はお店によっても異なると思いますが、わたしがこれまでに行ったことのあるいくつかのエステ・クリニックでのやり方を踏まえて、よくありそうなパターンを紹介しますね。

まず施術時の格好ですが、VIO脱毛だけであれば下半身だけ脱ぎます。

エステは紙ショーツが用意されていることが多いですが、クリニックはタオルがかけられるだけです。

服を脱いでいるあいだは施術室に自分ひとりだけですし、タオルをかけてベッドに横になった状態でスタッフさんを待つので、たいして恥ずかしくありません。

エステのボディコースと思えばいいですよ。

施術はVラインから。
ベッドに仰向けの状態で、足を肩幅ぐらいに開きます。

Vラインの毛を少し残す場合は、どの程度残すのか、どのように残すのかを確認してから照射が始まりますよ。

紙ショーツを履いている場合は紙ショーツをずらしてからの照射です。

次に、Iライン。

Iラインは、片脚を曲げて外側に倒した状態で照射することが多いです。
片方が照射できたら、逆の脚を曲げて、逆側の照射、という流れですね。

Oラインは、うつぶせで照射します。
うつぶせで、足を肩幅ぐらいに開いた状態での施術が多いですよ。

スタッフさんがお尻のお肉を押しのけながら照射してくれます。

と、このように書いているとなかなか恥ずかしいものですが、施術時にはわたしは痛みでそれどころではないです(笑)

紙ショーツを履いていても結局ずらしながら施術するし、はじめから履かなくていいんじゃないかな、と個人的には思いますよ。

VIO脱毛にかかる費用と回数、期間など

VIO脱毛は、ほかの部位と比べると割高な部位です。

面積的にはかなり小さな部位なのに、腕や脚など大きな部位と同じぐらいお金がかかるんですよね。

料金体系はお店によって全然違うので相場というのは出しにくいですが、1回あたりの単価だとエステで5,000円から、クリニックで10,000円からが目安になるでしょう。

ただ大事なのは、トータルでいくらかかるか、どれぐらいの回数・期間通うのか、ということです。

VIO脱毛はほかの部位より効果が出にくい

VIO脱毛はほかの部位より効果が出にくいです。

デリケートな場所なので、強いパワーで照射できないんですね。

そのため、クリニックの6回コースでも脱毛完了せず、10回ほどかかってしまうこともあるそう。

エステの場合はもっと効果が出にくいので、20回以上かかるという話も聞きます。

脱毛は2~3か月に1回通うものなので、20回通えば4~5年以上かかるということになりますね。

女性の場合、妊娠・出産の可能性もあると思いますし、そのあいだは脱毛に通えなくなりますので、そのあたりも考慮して契約する必要がありますよ。

もちろん、脱毛のゴールというのは「完全にムダ毛をなくすこと」だけではありません。

「全体的に薄くなれば満足」という人もいるでしょうし、VIOの場合はとくに、ある程度薄くなった時点でやめても十分かな、と個人的には思いますよ。

VIO脱毛は10万円出せば大満足できる気がしています

VIO脱毛の費用は、1回あたりの値段や6回コース等の値段で比較するのではなく、トータルいくらかかるか、を想定して検討してください。

コースの料金設定次第では、本当は割高なのに安く見えたりもします。

エステなら20回程度、クリニックなら10回程度通うことを前提に、トータルでいくらかかるか計算するのがオススメですよ。

個人的には、VIO脱毛は10万円ぐらいかければ、たいていの人は満足できるんじゃないかなぁと思っています。

もちろん格安なお店を探すことが大前提ですけどね。

医療脱毛なら、格安なクリニックだと5~6回のコースで6~7万円からあります。
完全じゃなくてもある程度ムダ毛がなくなればいい、という人ならこういう基本のVIO脱毛プランで十分ですよ。

わたし自身はこれまでにさまざまなエステ、クリニックで体験プランや格安なセットプランなどでちまちまと脱毛してきて、現在はクリニックの全身脱毛に通っています(5回コースの4回目が終わったところ)。

さいごに

脱毛はたしかにお金がかかりますが、コンプレックスが解消できて、ムダ毛処理の時間が節約できて、結果的に肌もきれいになるのが魅力です。

わたしは全身脱毛をしているぐらいですので、脱毛は出ていくお金以上に、メリットのほうが大きいと考えているんですよね。

VIO脱毛はワキや腕などに比べると優先度は低いかもしれませんが、個人的には必須だと思えるほど。

少しでも興味があれば、一度でいいので体験してみてください!
本当に快適だと思いますよ!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る