VIO脱毛したら「温泉は恥ずかしい」という考えはもう古い?体験者がリアルな女子トークを公開

Masako Yonedaの画像

「VIO脱毛してみたいけど、温泉のときに毛が少なかったら目立つのかな?」

「VIO脱毛に通ってるんだ!て思われるの恥ずかしいかも…。」

とVIO脱毛に興味があるものの、周りからどう思われるか不安だし、恥ずかしいと思っていませんか?

こんにちは、VIO脱毛をしているMasakoです。

堂々とVIO脱毛していると告白しましたが、私も以前までは「アンダーヘアがなかったら、温泉のときに目立つんじゃないか?」と心配でした。

そんな不安な気持ちがわかるからこそ、VIO脱毛をしてから感じた温泉のリアルな事情について知ってほしいです。

今回は、実際にVIO脱毛をして感じた温泉事情を赤裸々に紹介しようと思います!

VIO脱毛したら「温泉は恥ずかしい」という考えはもう古い?

VIO脱毛をしたら温泉は恥ずかしいの?

VIO脱毛をしたら温泉入るときに、恥ずかしいんじゃないの?」という疑問についてお答えすると、私の場合は恥ずかしいと感じません。

温泉でよくみかけるのが、湯船に浸かっていないときは常に体をタオルで隠しているところです。

体を隠しがちだったのでわかるのですが、これは上半身の胸を隠すよりもお腹やVIOの部位を隠す人が多いです。

私もVIO脱毛をするまでは、「お手入れをしていないアンダーヘアを見られるのが恥ずかしい」とタオルで隠していました。

VIO脱毛をしてからは逆に、きちんとお手入れしているからと自信が持てるようになり、隠さなくなりましたよ。

もしVIO脱毛をして恥ずかしさを感じるとするなら、どんな形にしたのかにもよると思います。

例えば、ハイジニーナでツルツルなのか、Vラインの毛が残っているのかなど状態によっても、人からの視線は変わります。

私はVラインだけナチュラルに現在残していて、普通の人から比べると毛量は少なく薄いです。

なので、周りからすると「この人、VIO脱毛しているんだな〜。」と分かる感じ。

でも私ぐらいにVラインが少し残っている感じだと、あまり視線は感じませんね。

そもそも人のVIOなんかにみんな興味がないし、凝視すると不審者になってしまうので全然見られている感じがなく、気になりませんでした。(笑)

VIO脱毛途中のチクチク状態は恥ずかしいかも

VIO脱毛は何度か施術しないと完了しません。

脱毛最中で施術してから毛がチクチクに生えてくるころだと、毛が中途半端で恥ずかしいと感じるかもしれません。

ただ、恥ずかしい場合は毛を温泉のときだけ剃るなどで対処すれば大丈夫です。

また、脱毛完了後はそういった心配もいらないので、脱毛最中の一時期だけなのでちょっと我慢すれば解決できる問題ですよ。

VIO脱毛してから思った温泉事情

VIO脱毛をしてから、アンダーヘアのケアの大切さを感じ始め、意識が上がりました。

そのため、温泉に行くと自然とアンダーヘアのお手入れしているかなどに目がいってしまうようになりました。(笑)

そこで私がVIO脱毛をしてから思った温泉事情を伝えますね!

VIOを脱毛している人は結構いる!

最近20〜30代では特に、VIO脱毛をする女性がどんどん増えてきました。

友人からも「どこでVIO脱毛してるの?」など色々質問されるのですが、本当にVIO脱毛が身近になっているなぁとひしひしと感じます。

温泉やお風呂に行くことがよくあるのですが、アンダーヘアのお手入れをしている人が以前より増えている印象です。

特に若い女性は、Vラインを整えて残しているのを4人に1人程度で見かけます。

また、VIO脱毛をしていなくてもVラインをカットして整えるなど、アンダーヘアのお手入れに関心がある人が増えてきたように感じました。

逆にお手入れしていない人に驚く

そして私が衝撃だったのが、アンダーヘアのお手入れを全くしていない人です!

全くお手入れしていない、アンダーヘアにノータッチのVIOは毛量・長さがあり迫力がすごいです。

以前男性の友人が言ってたのですが、全くお手入れしていないVIOは「ジャングルのようで吸い込まれそうだ…。」って言ってたのを思い出しました。

海外で「日本人はきれい好きなのに、なぜアンダーヘアはジャングルなんだ!オーマイガー!!」って言われるのも無理がありません。

VIO脱毛をするのが、世界的に見てもエチケットになってきつつあるからこそなんでしょうね。

こんなことを言っておきながら、私も以前アンダーヘアの処理の仕方が分からず、生えっぱなしでした。

アンダーヘアのお手入れって本当に難しいんですよね。

カットするにしても難しいし、剃るとチクチクするし…だからこそVIO脱毛をすると自己処理せずに済むのが人気の理由です。

ハイジニーナ脱毛も1割以上いる

ハイジニーナは毛がないツルツルの状態なのですが、温泉にいくと数人はツルツルの人を見かけます。

10〜20人に1人という感じで全体の1割以上で多くはないものの、これからどんどん増えていくんだろうなという感じです。

ハイジニーナ脱毛は、年層が高い温泉ではもしかしたら視線を感じるかもしれませんが、昔みたいに「え!?毛がないの?」って驚かれません。

そういったところからも、VIO脱毛や脱毛って当たり前になりつつあるんだと感じます。

温泉で盛り上がるVIO脱毛女子トーク

女友達で温泉といえば女子トークに花が咲き、盛り上がりますよね。

仕事、恋愛、近況報告、温泉で裸の付き合いをしているからこそ、いつも話さない話題も自然とできちゃいます。

そんな中、VIO脱毛をしている友人と「脱毛」の話になることがあります。

【ハイジニーナ脱毛をしている女友達と温泉へ行ったときの会話〜】

友人:「VIO脱毛の施術のとき、慣れるまで恥ずかしくなかった?」

私:「いやーわかる。あんな格好だれにも見せないもんね。働いている人すごいわ。」

友人:「でもVIO脱毛してから、彼氏からも好評なんだよね。」

私:「やっぱりしっかりとケアしたほうが恥ずかしくないよね。」

友人:「そうそう!それに毛がない方が感じやすいし、行為のときもスムーズになったよ。」

私:「へ〜!ハイジニーナだと感度変わるんだ?!たしかに行為のときに毛があると、色々と邪魔だよね。」

と大浴場で下ネタを赤裸々に語っていました。(笑)

アンダーヘアのケアは自分にメリットがあることはもちろんですが、パートナーへの思いやりでもあると最近感じています。

VIO脱毛は「新常識」になりつつある

最近では女性だけでなく、男性専用の脱毛サロンやクリニックもできていて脱毛が以前よりぐっと身近になりました。

20〜30代の中では、VIO脱毛が知られ渡り認識されています。

最近では、その世代だけでなく40〜50代の中でも「介護脱毛」といって、介護に備えてVIO脱毛をする人が増えてきているんです。

なので、温泉へいってもVIO脱毛をしているからといって恥ずかしい思いはしません。

私はむしろ、お手入れしているからと自分に自信を持てるようになりました。(笑)

VIO脱毛をすると、生理のときもムレずに快適、自己処理しなくていいのは楽すぎるので「VIO脱毛やって本当によかった!」と思ってます。

この話を聞いて、もしVIO脱毛に興味を持ったら、まずは無料カウンセリングで話を聞いたり、お試し体験に行ってみてくださいね。