VIO脱毛は恥ずかしい?!体験してみた本音や恥ずかしくならない対処法

Masako Yonedaの画像

こんにちは、現在VIO脱毛を5回クリニックで終わらせたMasakoです。

いきなりすごいことをカミングアウトしていますが。(笑)

最近ではVIO脱毛をする人が増えて、VIO脱毛はエチケットになりつつあります。

VIO脱毛をしてみたいと思っても、場所が場所だけに恥ずかしくて、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てずにいませんか?

私も最初はVIO脱毛をする前、抵抗感がありました。

しかしそんな理由でVIO脱毛を諦めてしまうのはもったいないです!

そこで今回は、VIO脱毛を実際に体験した本音や、恥ずかしくなったときの対処法などを紹介します。

VIO脱毛をすると、お手入れや自己処理が本当に楽になりますよ。

VIO脱毛は恥ずかしい?!体験してみた本音

VIO脱毛の施術の流れ

VIO脱毛の施術の流れは以下の通りです。

  • 受付
  • ウォシュレットで綺麗にする
  • 下半身を脱ぎタオルなどかけて待機(紙パンツの場合もある)
  • 看護師による肌・毛が剃れているか確認
  • 施術していく(V→I→O)
  • ジェルを塗る場合は、施術前にジェルを塗り施術後に拭き取られる
  • ジェル以外の場合、施術後氷で冷やす

受付から全部で15〜30分くらいの所有時間です。

ジェルを塗るかどうかはサロンの脱毛機器によって違います。

VIO脱毛が恥ずかしいと思う原因は?

VIO脱毛は恥ずかしいから、なかなか一歩を踏み出しづらく感じませんか?

VIO脱毛が恥ずかしいと思う原因をまとめました。

デリケートゾーンだから恥ずかしい

VIOはデリケートゾーンすぎて、見られるのは恥ずかしいと思う場合がほとんどです。

普段隠れている部分ですし、人様にめったに見せない部位ですもんね。

私は産婦人科でも見られることでもかなり緊張してしまい嫌でした。
そんな感じだったので、VIO脱毛は陰部の粘膜付近まで脱毛されるのは抵抗感がありましたね。

濡れないか心配する人も多い

これは結構悩む方も多いのですが、施術中に脱毛器があたり濡れないか心配する人も実は多いんです。

敏感な人はこしょばいんじゃないか、感じたら変な人に思われないかと不安に感じませんか?

実際に施術して、脱毛機器が冷たくヒヤッとしましたが、こしょばさよりもじんわりとした暑さや痛さを感じました。

痛みの感じ方は人それぞれですが、緊張や痛みで「濡れるのでは?」と心配する余裕はないかもしれません。万が一濡れてしまっても看護師さんは慣れているので大丈夫です。

毛が濃くて見られるのが恥ずかしい

VIOは毛が濃く、色素沈着もしやすい部位です。

人より毛深くて、VIOががっつりと毛が生えていると見られるのも恥ずかしいと感じますよね。

スタッフさんは脱毛を経験している人がほとんどで、毛が濃くて悩んでいる人や、きれいになりたい人の気持ちをよくわかってくれています。

私は色素沈着が嫌で見られるのに抵抗がありましたが、看護師さんがみんな色素沈着はあるので大丈夫ということと、クリームを塗ると薄くなるというアドバイスをくれました。

VIO脱毛を実際にして感じたこと

VIO脱毛は、どんな感じなのか実際にしてみないとわかりませんよね。

ということで、VIO脱毛を実際に湘南美容クリニックで6回契約をしました!

実際にVIO脱毛をして素直に感じたことをまとめました。

恥ずかしさはあるけど慣れてくる

初めてのVIO脱毛では、どういった手順で行われるか分からずとても緊張しました。

紙パンツ履くのだろうと思ったのですが、下半身は全部脱いでタオルをかけて待機だったので待っているときからドキドキでした。

看護師さんに言われるがまま、足を開いて施術が始まり恥ずかしかったのですが、あまりに先生がテキパキしているので、途中で恥ずかしさが薄れました。(笑)

施術は部分的に数回照射し、すぐに終了なのであっという間です。

看護師やエステティシャンは気にしていない

VIO脱毛を見られるのが恥ずかしいと思っていても、看護師さんたちは全く気にしていません。

看護師さんやエステティシャンの人は、何千人の施術をしてきているので、もし濡れてしまっても気にせず丁寧に対応してくれます。

こちらが緊張していると世間話を振ってくれるスタッフさんもいるので、緊張が和らぎました。

VIO脱毛が恥ずかしくないようにする対処法

ここでは「VIO脱毛がどうしても恥ずかしくて、一歩が踏み出せない…。」そんなときにおすすめの対処法を紹介します。

事前にウォシュレットでお手入れする

VIO脱毛のときに確認しておきたいことが、トイレなどのティッシュがついていないか、きちんとおしりも綺麗に拭けているかなど。

施術者に不快な思いは与えたくはないと思うので、脱毛前は外に出る時に念入りに洗って、施術前にもウォシュレットでお手入れするのはマナーです。

ウォシュレットのときに、ティッシュで拭き取るとティッシュがくっついて気づかない場合もあるので確認しましょう。

会話を楽しむ

VIOの施術は緊張すると痛みも感じやすくなるので、リラックスすることが大切です。

施術中に無言だと少しきまづく感じますよね。

施術中は先生と会話すると、恥ずかしさも和らぎます。

みんな体の作りは同じと思い込む

VIOは人に見られるのは恥ずかしい部位ですが、みんな体の作りは同じ。

恥ずかしいと思えば思うほど、恥ずかしさは増しますが、みんな体の作りは同じだから大丈夫と堂々とすると恥ずかしさも減りますよ。

気持ちの持ちよう大事です。(笑)

さいごに

VIO脱毛は最初は恥ずかしく感じるかもしれませんが、脱毛の回数を重ねるごとに変化がわかり嬉しくなります。

毛が徐々に薄くなり、自己処理をする間隔も空くのでお手入れがとても楽になりますよ。

恥ずかしさをちょっと我慢するだけで綺麗になれるので、VIO脱毛が気になるならぜひおすすめしたいです。

VIO脱毛の前に、エチケットとしてウォシュレットで清潔にしておくと安心ですよ。