三井住友VISAゴールドカードの年会費を半額以下の60%引きで持つ方法

スポンサーリンク

30歳以上であれば手軽にゴールドカードを持ちやすい「三井住友VISAゴールドカード」、ゴールドカードを持つと空港ラウンジが無料で使えたりと、普通のカードではできないお得なことがたくさんあります。

その代わり、年会費が普通のクレジットカードよりも高くなってしまいます。年会費が高くなってしまうとそれだけで持つことをためらってしまうと思います。

三井住友VISAゴールドカードの年会費

三井住友VISAゴールドカードは持っているだけで年会費が10,000円+消費税分かかります。消費税が8%だと10,800円、10%だと11,000円の年会費となります。

数千円ならまだしも1万円を超えると、急にハードルが高くなる感じですよね。ゴールドカードなので、当然かかる費用なんですけど、それでも1万円は高いと思ってしまいます。

三井住友VISAゴールドカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

年会費を4,000円+消費税にする方法

1万円の年会費がかかる三井住友VISAゴールドカードですが、年会費を4,000円+消費税にできると聞けばどうでしょうか?急に手軽な感じがしてきますよね。

三井住友VISAゴールドカードは、やり方次第で年会費を4,000円にできます。消費税が8%だと4,320円、10%だと4,400円ですね。

マイ・ペイすリボ(リボ払い)の毎月支払額をカードの利用枠と同じにする

三井住友VISAゴールドカードでは、カードの支払い方法を一括払いとリボ払い(マイ・ペイすリボ)があります。

支払い方法をマイ・ペイすリボにした場合、年に1回以上カードを使えば、それだけで年会費が5,000円+消費税まで下がりますよ。

マイ・ペイすリボはリボ払いなので、利息がかかりすぎて逆に損になってしまうと思いますよね。

このサイト(ノマド的節約術)でも何度もリボ払いはダメと言い続けています。

でも、裏ワザというか、やり方次第ではリボ払いによる利息を払わず、年会費だけを安くすることができます。

マイ・ペイすリボでの毎月支払額を、カードの利用枠いっぱいまで引き上げておくことです。

三井住友VISAゴールドカードは、200万円まで利用枠があるので、毎月のリボ払い支払額を200万円にしておけば、借金になることもなく、一括払いと同じになります。

明細書をWebのみにすると1,000円割引

マイ・ペイすリボだけでは年会費が半額になるだけです。
ここからさらに安くするには、毎月の利用明細をWebのみにする必要があります。

WEB明細書サービスを利用することで1,000円+割引になります。
さらに、マイ・ペイすリボと併用することで年会費4,000円+消費税になりますよ!

まとめ

ここまでの方法をやることで、年会費10,000円のゴールドカードを年会費4,000円で持つことができます。
それ以外の費用も掛かることがないので、まるまる6,000円浮かせるのと同じです。

まとめると以下の通り。

  • マイ・ペイすリボを利用
  • マイ・ペイすリボでの支払額はカードの利用枠MAXにする
  • Web明細書サービスを利用

ちなみに、この方法は三井住友VISAゴールドカードだけでなく、別の三井住友VISAカードでも使えます。

20代で持つことができるプライムゴールドカードも普通なら年会費5,000円かかるのを、上で紹介した方法を使うことで年会費1,500円まで下げれます。

他のカードも年会費が掛かっていたところを無料にできたり、大幅に安くできたりするので、三井住友VISAカードを使っている方はぜひ試して安くしてくださいね。

三井住友VISAゴールドカードの公式ページはこちら

具体的な手続きのやり方は、以下のページで詳しく説明しています。

ゴールドカードについての詳しい説明は以下のページで。

申し込み手順は以下のページにまとめています。三井住友VISAカードの違う種類ですが、やり方はほぼ同じです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る