ATMで下ろせない1,000円未満の小銭を引出したい時に使える住信SBIネット銀行

スポンサーリンク

私が今以上にお金に困っていた頃、1円でもムダにしたくないと考えていました。(今でもそうですが)

銀行に預けているお金をATMで引き出す時は、1,000円単位になります。

1,000円以下のお金はどうしたらいいの?と常々思っていました。
自分のお金なので、ムダにしたくないじゃないですか。

銀行の窓口に行って、1,000円未満のお金を引き出すことはできるでしょうけど、とても小さな金額なので、言いにくいし、恥ずかしいですよね。

住信SBIネット銀行で1,000円以下のお金をおろす

住信SBIネット銀行の他行宛振込手数料無料を利用して1,000円単位に合わせる

1,000円未満の端数的な扱いになっているお金は、1,000円以上になれば、ATMで下ろせます。

それなら、ちょうど1,000円にすればOKです。

例えば、三井住友銀行の残高が980円あったとしましょう。
980円だと、あと20円あれば1,000円になりますよね。
20円を三井住友銀行に振り込めば、ATMでお金が下ろせます。

でも、振り込むといっても、振込手数料がかかってしまうと思いますよね。
そんな時は振込手数料が無料になる銀行を利用します。

他行宛振込手数料が無料(月3回)になる銀行の代表格である、住信SBIネット銀行を利用するのが一番いいですよ。

住信SBIネット銀行で振込する手順は以下のページで。

振込手数料が無料なのを活用して、1,000円未満のお金をちょうど1,000の倍数に調整します。

上の場合だと、1,020円でも、10,020円の振込でもOKです。
ちょうど1,000の倍数になればOKなので。

他行への振込手数料が無料にできる銀行であれば、住信SBIネット銀行でなくても問題ありません。

ソニー銀行野村信託銀行大和ネクスト銀行オリックス銀行なんかも他行宛振込手数料が無料にできますね。

平日の無料でATM引き出しできる時に下ろす

ちょうど1,000の倍数になったら、ATMに行ってお金を下ろします。
この時も平日のお昼などの、無料でお金を下ろせる時間帯を利用するようにしてくださいね。

そうしなければ、わざわざ1,000円単位に調整した意味がなくなってしまいますので・・・。

ATMの手数料は、以下のページで一覧にしています。

今後も手数料無料にできる方法なので、ぜひお試しあれ

ここまでの手順を行うことで、1,000円未満の銀行のお金もムダなく引き出すことができますね。ぜひ試してみてください。

ネット銀行で振込すれば、窓口に行く必要もないので、恥ずかしい思いをすることもありません。

住信SBIネット銀行の特徴やお得な使い方は以下のページで。

もし、これから住信SBIネット銀行に口座開設しようと思うなら、SBI証券と同時に口座開設することをおすすめします。

ノマド的節約術限定でのキャンペーンがあって、現金2,000円プレゼントがありますよ。

▼SBI証券から住信SBIネット銀行の口座開設へ進む▼

SBI証券って何?お得なの?という方は以下のページを読むことをおすすめします。

おまけ:他の銀行で1,000円未満の入出金を行う方法

他の銀行でも1,000円未満の入出金方法があります。
住信SBIネット銀行と併用して、1円もムダにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る