銀行口座の小銭を引き出したいときに手数料無料で下ろす方法まとめ。1,000円以下の硬貨出金のやり方

松本 博樹の画像

私が今以上にお金に困っていた頃、1円でもムダにしたくないと考えていました。(今でもそうですが)

銀行に預けているお金をATMで引き出す時は、1,000円単位になります。

1,000円未満の小銭になるお金はどうしたらいいの?と常々思っていました。
自分のお金なので、ムダにしたくないじゃないですか。

銀行の窓口に行って、1,000円未満のお金を引き出すことはできるでしょうけど、とても小さな金額なので、言いにくいし、恥ずかしいですよね。

このページでは、銀行口座に残っている小銭を引き出すやり方・手数料無料にするにはどうすればいいのかを紹介していきます。

銀行口座の小銭を引き出したいときに使える方法

早速ですが、銀行に残っている1,000円未満の小銭を手数料無料で引き出す方法をまとめました。

主に以下の方法が使えると思います。

  • 小銭でも手数料無料のATMを使って引き出す
  • 他行から振込して1,000円の倍数にする

小銭引き出しでも手数料無料になる銀行ATMを使う

シンプルな方法は、小銭引き出しでも手数料無料になる銀行ATMを使うことです。

対象になる主な銀行は以下の通り。

これらの銀行口座を持っていれば、ATMで小銭引き出しを試してみましょう。

ATM手数料が無料になる平日のお昼の時間に使うのがおすすめです。

以前はゆうちょ銀行ATMであれば、無料の小銭引き出しできることが有名でしたが、今は有料になっています。

他行から振込して1,000円の倍数に調整する

小銭引き出しでも手数料無料になる銀行ATMはどうしても限られてしまいます。

他の銀行を使っていたときに、同じように小銭を引き出せないのだろうかと思うのではないでしょうか。

そこで提案したいのが、もう1つ別の銀行から小銭が残っている銀行へ振込をして、ATMで気兼ねなく引き出せる1,000円の倍数にすることです。

例えば、三井住友銀行の残高が980円あったとしましょう。
980円だと、あと20円あれば1,000円になりますよね。
20円を三井住友銀行に振り込めば、ATMでお金が下ろせます。

でも、振り込むといっても、振込手数料がかかってしまうと思いますよね。
そんな時は振込手数料が無料になる銀行を利用します。

他行宛振込手数料が最低でも月に1回は無料になる住信SBIネット銀行を利用するのがいいですよ。

住信SBIネット銀行で振込する手順は以下のページで。

他行宛振込手数料が無料なのを活用して、1,000円未満のお金をちょうど1,000の倍数に調整します。

上の場合だと、1,020円でも、10,020円の振込でもOKです。
ちょうど1,000の倍数になればOKなので。

ちなみにもしこれから住信SBIネット銀行に口座開設しようと思うなら、SBI証券と同時に口座開設することをおすすめします。2つ作っても手間は1つ分なので時間短縮にもなります!

ノマド的節約術限定でのキャンペーンがあって、現金2,000円プレゼントがありますよ。

参考:SBI証券から住信SBIネット銀行の口座開設へ進む

おまけ:他行宛振込手数料が無料の銀行

先ほど紹介した、振込を使って1,000円の倍数に調整するやり方ですが、他行への振込手数料が無料にできる銀行であれば、住信SBIネット銀行でなくても問題ありません。

他行宛振込手数料が無料にできる銀行は主に以下の通りです。
基本的にはネット銀行になります。

今後も手数料無料にできる方法なので、ぜひお試しあれ

これまで紹介したやり方だと、1,000円未満の銀行のお金もムダなく引き出すことができますね。ぜひ試してみてください。

ネット銀行で振込すれば窓口に行く必要もないので、恥ずかしい思いをすることもありません。

私も過去に使わなくなった銀行の1,000円未満の端数分をこの方法で全額吸い出しました。

おまけ:他の銀行で1,000円未満の入出金を行う方法

他の銀行でも1,000円未満の入出金方法があります。
住信SBIネット銀行と併用して、1円もムダにしないようにしましょう。