住信SBIネット銀行での振込方法と他行宛振込手数料が無料になった証拠

スポンサーリンク

こんにちは!
住信SBIネット銀行を日常的に使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

住信SBIネット銀行は、同行宛の振込手数料が無料、他の銀行への振込が月に1〜15回まで無料になるのが大きな魅力ですよね。

普通の大手銀行を使っている方からすれば、「本当にそんなお得な話があるの?」と疑ってしまっても無理がないと思います。
私自身も口座開設して初めて利用するまでは疑心暗鬼でした。

でも実際に振り込んでみると、振込手数料は0円。
その証拠というか、住信SBIネット銀行での振込のやり方を紹介しますね。

住信SBIネット銀行の振込手数料が無料な証拠

住信SBIネット銀行の振込手数料について

改めて、住信SBIネット銀行を使うときの振込手数料についておさらいしておきましょう。
どれぐらい手数料が必要かを知っていることは重要ですからね。

まず、住信SBIネット銀行同士で振り込む場合、こちらは月何回振り込んだとしても1円もお金はかかりません。無料です。

住信SBIネット銀行同士なら安心して振込ができますよね。
最近だと、Zaifなどの仮想通貨取引所に振込するときの銀行が住信SBIネット銀行に指定されているため、口座を持っていることで、余計なお金を払わずに済みますよ。

もう1つの他行宛振込手数料について。
これが最も気になるところだと思います。

他行宛振込手数料は、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクによって無料回数が決まる仕組みです。

  • ランク1:月1回
  • ランク2:月3回
  • ランク3:月7回
  • ランク4:月15回

ランクアップするための方法は以下のページが詳しいですよ。
ランク2ぐらいならすぐなれるため、他行宛振込手数料の無料回数も増やしやすいです。

住信SBIネット銀行から振込する手順

ということで、ここからは実際に住信SBIネット銀行から振込する手順を紹介しますね。

住信SBIネット銀行から振込するには、まずログインしないといけません。

▼ログインすると上のメニューに「振込・振替」ボタンがあります。それを押してください。

ホーム|住信SBIネット銀行

▼次の画面では、残高・振込限度額・今月の振込手数料無料回数が表示されます。
問題なければ「振込」ボタンを押して次へ進みましょう。

振込 振替|住信SBIネット銀行

▼次の画面では、振込依頼人名を変更する場合に入力します。
仮想通貨取引所への入金の場合、名前の前後にIDとなる数字をつけるので、そのときはここで忘れずに入力してくださいね。

入力できたら、「新規振込(金融機関選択へ)」ボタンを押してください。

振込|住信SBIネット銀行

▼次の画面で、ようやく振込先の金融機関を選択します。
どこの銀行でも探せますので、安心してください!
ここでは銀行名と支店を選択します。

振込 金融機関選択 |住信SBIネット銀行

▼上の画面で振込先の銀行と支店を選び終われば、以下のような画面になりますよ。
ここでは振込する相手の口座番号・受取人名・振込金額などを入力します。

すべて入力できて問題なければ、一番下の「確認」ボタンを押してください。

振込 口座指定 金額入力 |住信SBIネット銀行

▼次の画面は、振込する内容がこれで間違いないかどうかの確認です。

間違いなければ、WEB取引パスワードと下の第3認証方法を入力してください。
第3認証方法はキャッシュカードの裏に書かれていますので、見ながら入力しましょう。

ここで、振込手数料の無料回数が1回減っていることも要チェックです。

振込 確認 |住信SBIネット銀行

▼これで振込完了です。お疲れ様でした。
今月はこれで1回分、振込手数料無料を適用しました。

下で振込先の登録もできるので、今後何度も振込する機会があるのであれば、登録しておきましょう。今後の手間が省けます。

振込 完了 |住信SBIネット銀行

振込手数料がゼロなのを確認

このページで伝えたいのは、住信SBIネット銀行で他行への振込手数料が無料になることです。

最後に、振込手数料が一切掛かっていないことをお見せします。

入出金明細|住信SBIネット銀行

先ほど振り込んだ10,000円は、ぴったし10,000円しか引かれていないことがこれでお分かりいただけると思います。

スマートプログラムで決められた回数までは一切振込手数料が掛かりません。
ありがたいですね。

これが、住信SBIネット銀行の大きなメリットです。
わざわざ外に出かけて振込に行かなくとも、振込みできるのも時間の節約につながってお得ですよ。

住信SBIネット銀行の振込に関して、第3認証方法の入力がちょっと面倒なこと以外は全く不満がありません。

いつもタダで振込できているので、大満足です!
住信SBIネット銀行なしの生活は考えられないぐらい。

振込手数料を抑えたい方は住信SBIネット銀行をぜひ使いましょう!

まだ口座がないなら作るのがおすすめ

基本的には住信SBIネット銀行の口座を既に持っていることを前提に使い方を紹介してきました。

とはいえ、まだ持ってなくて、本当に振込手数料が無料になるのかどうか気になっていたかもしれませんね。

もしそうだった場合は、これで住信SBIネット銀行を使うときに振込手数料が無料にできるのがわかったかと思いますので、口座を持っておきましょう。

今なら当サイト(ノマド的節約術)から口座開設後、住信SBIネット銀行に2万円以上振替で現金2,000円もらえます。

住信SBIネット銀行は、SBI証券と同時に口座開設できますよ。

▼SBI証券(+住信SBIネット銀行)の口座開設はこちら▼

住信SBIネット銀行とSBI証券の詳細は以下のページが参考になります。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る