【2021年版】楽天市場ブラックフライデーの開催日程はいつ?お得なポイントキャンペーンまとめ

小林 敏徳の画像

毎年11月に行われる楽天市場ブラックフライデーはとくに要チェックですよ。

購入金額に応じて楽天ポイントが貯まり、キャンペーンとの併用でさらにポイントが貯まるからです。

もちろん、商品も大幅に安くなりますよ。

このページでは、楽天市場のブラックフライデーについて解説します。

参考:楽天市場のサイトはこちら

楽天市場ブラックフライデーはいつ?

2020年楽天市場ブラックフライデーの開催日程

2020年の楽天市場ブラックフライデーの開催日程はまだ発表されていません。

今のうちに買いたいと思っている商品をチェックしておき、おすすめに入れておくのがおすすめですね。

参考:楽天市場のサイトはこちら

ハピタスモッピーなどのポイントサイトにも登録しておき、もらえるポイントを最大化する準備もしておくのがいいですよ。

楽天カード払いにしてポイントを貯めよう

楽天市場のブラックフライデーで買い物をするときは、楽天カードで支払いましょう。

そうすることで、より効率的に楽天ポイントを貯められるからです。

これから入会する場合は、入会キャンペーンとして最大5,000ポイントがもらえるので、それをブラックフライデーで使うことも可能ですよ。

時期によっては7,000〜8,000ポイントの場合もあります。

参考:楽天カードでポイントをもらうにはこちら

2019年のブラックフライデーの情報

それでは、楽天市場のブラックフライデー2019について見ていきましょう。

日程等を詳しく紹介しますね。

開催日程は11月28日(木)10:00~11月30日(土)23:59

楽天市場のブラックフライデー2019は、11月28日(木)10:00~11月30日(土)23:59の日程で行われます。

2018年は4日間でしたが、2019年は3日間になりました。

要事前エントリー!買い物をしたショップ数に応じてポイント最大10倍

ブラックフライデー2019のポイントアップシステムは、面白い内容ですよ。

以下のように、買い物をしたショップ数がそのままポイント倍率になります。

  • 1ショップ:ポイント1倍
  • 2ショップ:ポイント2倍
  • 3ショップ:ポイント3倍
  • 4ショップ:ポイント4倍
  • 5ショップ:ポイント5倍
  • 6ショップ:ポイント6倍
  • 7ショップ:ポイント7倍
  • 8ショップ:ポイント8倍
  • 9ショップ:ポイント9倍
  • 10ショップ:ポイント10倍

*ショップ買いまわりキャンペーン
*1ショップあたり、税込1,000円以上の購入が必要です。

お得なキャンペーンですが、一つだけ注意したいのは事前エントリーが必要であること。

11月22日(金)以降に、以下からエントリーできますよ。

参考:ポイントアップの祭典(楽天市場)

最大44倍ポイント獲得のチャンスもある

さらに楽天ポイントを獲得できるチャンスもありますよ。

以下のように、他のキャンペーンと併用すれば最大44倍になります。

  • ショップ買いまわりキャンペーン:最大9倍
  • 各ショップ個別設定のポイントアップ:最大19倍
  • スーパーポイントアッププログラム(SPU):最大15倍
  • 合計:最大44倍

2018年は最大43倍でしたが、2019年は44倍まで拡大されました。

楽天ポイントユーザーにとって見逃せないキャンペーンですね。

各種クーポンのプレゼントもある

ブラックフライデー2019には、以下のプレゼントもありますよ。

  • 対象ショップ限定:100円OFFクーポン
  • 対象ショップ限定:300円OFFクーポン
  • 対象ショップ限定:500円OFFクーポン
  • 対象ショップ限定:1,000円OFFクーポン
  • 対象ショップ限定:2,000円OFFクーポン
  • ダイヤモンド・プラチナ会員様限定:777円OFF

これも必ずゲットしておきたいところですね。

以下からどうぞ!

参考:タイムセール(楽天市場)

さいごに

楽天市場のブラックフライデーは、楽天ポイントが貯まりやすい内容になっています。

利用者は見逃せませんね。

割引クーポンも豊富なので、くまなくチェックしてください!

参考:楽天市場のページはこちらから

*楽天市場のサイバーマンデーは以下の記事が詳しいですよ。

*他のお店のブラックフライデーは、以下で紹介していますよ。

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール