コストコの「プチデコラッシュ」の特徴と使った感想。可愛すぎるデコレーションテープがほぼ半額で買える!

スポンサーリンク

こんにちは!

これだけデジタル機器が普及しているのに、「手書き」が止められない小林敏徳です。

コストコに可愛いデコレーションテープがあることをご存知ですか?

デコレーションテープとは、修正テープのような形をしているデザインテープのこと。

サッと引くだけで手帳やカレンダーを可愛く装飾でき、消し方も簡単です。

しかもコストコなら、市販の半額で手に入りますよ。

文具雑貨が好きな方には、たまらない商品かも!?

そんなわけで今回は、コストコで買える「プチデコラッシュ」の特徴と使った感想を紹介しますね。

手帳を装飾するのに便利な文具を探していた

コストコのプチデコラッシュ(手帳)

わが家では、手帳やカレンダーを多用しています。

スマートフォンやタブレットがこれだけ普及しているのに、アナログがやめられないんですよね・・・。

そんなわけで、コストコに行ったときは文具雑貨コーナーも欠かさずチェックしています。

手帳を装飾するのに便利なものはないかなー?と思いながら見ていると、おもしろい商品が目につきました。

コストコで「プチデコラッシュ」を発見!

▼コストコで見つけたのは、「プチデコラッシュ」という商品です。

コストコのプチデコラッシュ(パッケージ)

その場でざっと調べたところ、有名なデコレーションテープのようです。

評判も良さそうですし、値段も割安だったので、さっそく買ってみました。

さて、どんな特徴があるのでしょうか?

プチデコラッシュの特徴

プチデコラッシュは、可愛いデザインが目を引きます。

きっと女性や子供にはたまらない商品でしょう。

使い始めたらハマると思いますよ。

簡単に使えるデコレーションテープ

コストコのプチデコラッシュ(本体のアップ)

プチデコラッシュは、簡単に使えるデコレーションテープです。

本体は修正テープのような形をしていて、使い方としてはサッと引くだけ。

コツがいるようなものではないので、誰でも簡単に使えます。

可愛い柄がたくさんある

プチデコラッシュの売りは、何と言っても豊富なテープの柄。

▼今回購入したものは、このような柄でした。

コストコのプチデコラッシュ(柄の種類)

▼実際にテープを引いてみると、こんな感じです。
めっちゃ可愛いですね。

コストコのプチデコラッシュ(テープを実際に引いた様子)

プチデコラッシュの公式サイトによると、テープの柄は40種類以上あるようなので、選ぶところから楽しめるでしょう。

7個+専用消しゴムのセットで888円(1個あたり126円)

コストコのプチデコラッシュ(7個入り)

プチデコラッシュは、7種類のテープに専用消しゴムが付いて888円です。

1個あたりに換算すると、126円ですね。

ちなみに修正テープのようなカートリッジを交換するタイプではなく、使い切りになります。

コストコなら市販のほぼ半額で買える

プチデコラッシュを買うなら、コストコが断然おすすめです。

ロフトなどのバラエティーショップでも購入できますが、値段の相場は1個200円。

つまりコストコのほぼ2倍ですね。

同じものを半額で買えるのですから、めちゃくちゃお得だと思います。

さて、それでは実際に使ってみましょう。

使い方も消し方も簡単だった!

プチデコラッシュは、使い方も消し方も簡単でした。

▼本体は修正テープとほぼ同じなので、迷うことはないと思います。

コストコのプチデコラッシュ(本体の先端)

さて、今回はカレンダーの装飾を。

旅行の日程を書き込むために、プチデコラッシュを使ってみました。

▼本体をちょっと強めにカレンダーに押し当て、そのまま引いていきます。

コストコのプチデコラッシュ(使い方)

▼このように可愛くマークできました。

コストコのプチデコラッシュ(使った後)

使い方は本当に簡単で、修正テープと何ら変わりありませんでした。

▼もし間違えたとしても、専用消しゴムを使えば簡単に消せます。

コストコのプチデコラッシュ(消し方)

市販の消しゴムでも消せないことはないのですが、やはりちょっと汚くなってしまいます。

プチデコラッシュは、アナログなツールを使い続けるわが家にとって欠かせない商品になりそうですね。

さいごに

プチデコラッシュは、男性のぼくでも楽しめる雑貨商品でした。

特に女性や子供には良いだろうなぁ。

カレンダーや手帳を彩るのが楽しくなりそうです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る