定期預金のおすすめと選び方のコツをどれがいいか気になる初心者向けに徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
コツコツ定期預金を使っていた時期もある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

貯金をより増やすために、これから定期預金をしていこうと思うこともあるのではないでしょうか。

そんな定期預金ですが、どこにするのがおすすめなんだろうと思いませんか?

いろいろな銀行がありすぎて迷ってしまいますよね。

ということで、このページでは個人的におすすめできる定期預金をまとめて紹介していきます。

定期預金のおすすめを節約家が厳選!おすすめ定期預金の選び方のコツについても

ボーナス時期におすすめ!静岡銀行インターネット支店

定期預金したくなる時期って、まとまったお金が入ってきやすいボーナス時期だと思います。
そんなボーナス時期に特におすすめになる定期預金が、静岡銀行インターネット支店です。

静岡銀行インターネット支店の定期預金は、ボーナス時期になると「ウルトラ金利」という名目で、特別な定期預金金利になっていますよ。

夏や冬のボーナス時期から1〜2ヶ月ぐらいは、静岡銀行インターネット支店の金利をチェックしておくのがおすすめです!

ちなみにボーナス時期の定期預金金利を確認するには、以下のページがおすすめですよ。

参考:夏のボーナス定期預金金利一覧
参考:冬のボーナス定期預金金利一覧

口座開設時におすすめの定期預金もあります

他には、口座開設したタイミングでキャンペーン金利で定期預金を申し込める銀行がありますよ。

これまたボーナス時期に多くなります。
代表的なところだと、じぶん銀行がありますよ。

3ヶ月の定期預金が0.5%になるキャンペーンがあってお得です!

まとまったお金があるのであれば、この機会に口座開設して、定期預金でたくさん利息をもらいましょう。

参考:じぶん銀行の口座を作るにはこちらから

楽天銀行は1週間と2週間の定期預金があります

楽天銀行JCBデビットカード

定期預金の場合、資金を拘束されてしまう時間がどうしても長くなりますので、短いほうがいいと思ってしまいますよね。

そんなときに使いたいのが、楽天銀行の1週間定期預金や2週間定期預金です。

基本的には金利がそれほど高くなく、あまりおすすめできるものでもないんですが、時期によっては金利が高くなっていることもあります。

そのタイミングを逃さずに定期預金にしておけば、もらえる金利も多くなりますよ。

すごく小さなことかもしれませんが、こういった小さなお金を積み上げていくことがお金持ちになるためには大切です。

1週間定期預金や2週間定期預金の場合、楽天銀行だけでなく他の銀行でも同様のサービスがありますよ。

詳しくは以下のページで説明しています。

新生銀行の2週間満期預金は金利以上のメリットも

新生銀行のキャッシュカード

先ほどは楽天銀行の1週間定期預金や2週間定期預金を紹介しましたが、新生銀行でも「2週間満期預金」という名称の2週間定期預金があります。

他のネット銀行の定期預金と比較しても、そこまで金利は全然高くないんですが、100万円以上を2週間満期預金にしておくと、新生銀行の会員ステージが「ゴールド」になりますよ。

ゴールドになることで、他行宛振込手数料の無料回数が月5回に跳ね上がるのがとてもおすすめです!

振込することが多い場合は、もらえる金利以上に手数料節約の面で2週間満期預金を使うメリットがありますね。

株主優待で定期預金の金利を高くすることも

普通の銀行でも、株主優待を実施しているところの場合、株主優待で定期預金の金利を高くすることもできます。

もちろん、株を持っていることが条件になるので、定期預金するお金にプラスして株を買うお金が必要です。

そのため、使える機会はそんなにないと思うんですが、もし使える機会があるなら検討してみるのも1つの方法ですよ。

私の住んでいる神戸だと、「みなと銀行」が株主優待の定期預金がありました。
提示されている金利+0.3%なので、悪くない金利ですよね。

参考:定期預金の金利が高くなる株主優待銘柄の一覧

定期預金の選び方のコツ・考え方

もし、これから定期預金を選ぼうと思っている場合、どうやって選べばいいのかがわかりづらいのではないでしょうか。

ただ単純に金利が高ければいいってことでもありません。

定期預金は、一定期間中に資金を預け続けることで金利が高くなっています。

となると、期間が短くてかつ金利が高いほうがおすすめです。
1年以上になってしまうと、もしかしたら金利の変更で機会損失になる可能性があります。

3ヶ月ぐらいの短い定期預金を渡り歩いて、その都度いい金利の定期預金を選んでいるほうがお金は増えやすいですよ。

ずっと定期預金の金利を見てきていますが、3ヶ月や6ヶ月ごとにキャンペーンなどで一時的に金利が高くなることが多いです。

そのタイミングに乗っかることができれば、こちらもいい定期預金に申し込みができますよね。

普通預金がおすすめな場合も

このページではずっとおすすめの定期預金について紹介してきましたが、必ずしも定期預金がいいわけではありません。

定期預金してないときは普通預金にお金を預けていますし、中には普通預金のほうが金利が高くなるケースだってあるんです。

特にイオン銀行楽天銀行の場合は、条件を満たせば普通預金の金利が0.10%になります。

この金利は、大手の銀行の定期預金金利よりも高いので、わざわざ定期預金にする必要性がないですよね。

参考:イオン銀行の口座を作るにはこちらから
参考:楽天証券と楽天銀行の口座を一緒に作るにはこちらから

さいごに

おすすめの定期預金は、時期によって異なります。
ただ、ボーナス時期などはどこの銀行もキャンペーンの定期預金がありますので、金利が高くなりやすいです。

基本的にはネット銀行のほうが定期預金金利は高いので、メガバンクや地方銀行の出番はあまりないでしょう。

しばらく使う予定のないお金は資産運用がてら定期預金にしてみるのもいいと思います。

もし、各銀行で定期預金の金利をしたい場合は、以下のページがおすすめです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る