普通預金・定期預金の受取利息を知るには国税・地方税を知る必要がある

スポンサーリンク

普段の生活で当たり前のように使っている銀行口座、普通にお金を預けていれば普通預金で、ちょっとお金を増やそうと思った時には定期預金を使うことがあると思います。

普通預金や定期預金の利率を細かく気にしたことがありますか?
私は今の今までありませんでした。税引前の0.3%とか0.5%ばかり見て、引かれる税金のことを細かく計算したことがありませんでした。

いや、細かく計算したこともありますが、完璧にできていなかったことを知ったんですよね。

利息の細かな税金の話をこれからしていきましょう。

受取利息の国税・地方税

普通預金・定期預金は金利が高い方がもらえるお金も多くなります。
以下のページで比較ができますので、今後の参考にぜひ!

預金で引かれる税金は「国税」と「地方税」がある

普通預金や定期預金にお金を預けていると、利息を受け取る時に2種類の税金が引かれます。

  • 国税:15.315%
  • 地方税:5%

この利率で計算して、小数点が出た場合は切り捨てになります。

国税・地方税それぞれに対して小数点切り捨てになるので、預入額を調整すれば、受取利息を最大化することができますよ。

電卓を使って利息を計算しよう

国税と地方税を算出する計算式

利息のことを考える前に、引かれてしまう税金をまず計算しましょう。国税と地方税でそれぞれ計算式があります。

国税の計算式

「預入額 × 利率 × 預入期間 × 15.315%」

です。この結果に対して小数点が出た場合は切り捨てです。100万円を年利0.5%で1年預けたら計算式は以下の通りになります。

「1,000,000 × 0.5% × 1年 × 15.315% = 765.75」と、なります。国税は765円ですね。

地方税の計算式

「預入額 × 利率 × 預入期間 × 5%」

国税と利率が違うだけで計算式は同じです。小数点以下が切り捨てになるのも同じです。同様に100万円を年利0.5%で1年預けたと仮定して地方税を計算してみましょう。

「1,000,000 × 0.5% × 1年 × 5% = 250」と、なります。小数点が出なかったので、そのまま地方税は250円です。

切り捨てを利用して利息を最大化させよう

小数点以下は切り捨てとなります。この仕組みを活かせば、預けた金額に対して受け取る利息を多くできます。実質の利率を高めることができます。

上の例だと100万円ではなく、999,999円を定期預金にしたら、地方税が249円で済むのが分かりますよね。

預入額が1円違うだけで支払う税金が1円増えたり減ったりするので、うまいこと計算して税金を安くして利息を多めに受け取りましょう。

利息の計算は、定期預金の金利一覧ページで、自分で入力すれば試算できますので、試してみてくださいね。

資産を少しでも増やしていくためには、こういった細かなことに対してどこまで気配りできるかが重要です。

おまけ:仕事中に見られた方へ

おそらく、このページを見てくださっているのは仕事中だと思います。
お疲れ様です!

仕事している方にとって気になるかもしれない情報をピックアップしましたので、興味を持っていただけましたら、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る