大丸松坂屋友の会の入会方法・優待割引などお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

主に関西エリアにある百貨店の大丸と、中部エリアにある百貨店の松坂屋では、友の会のサービスがあります。

友の会の会員になると、大丸や松坂屋での買い物がお得になったり、会員限定のサービスを受けれるようになりますよ。

友の会って、特別な感じがして、よりVIP感がありますよね。

大丸松坂屋友の会は、どんなサービスがあるのか、このページで詳しく見ていきます。

大丸松坂屋友の会

大丸松坂屋友の会とは?

大丸松坂屋友の会は、名前の通り大丸と松坂屋の両方で使える共通のサービスです。

毎月一定の金額を積み立てて、12ヶ月経てば1ヶ月分のボーナスがもらえるというお得な仕組みになっています。

積み立てたお金とボーナスは、全国の大丸や松坂屋で使うことができるので、普段から買い物する方にとってはお得なことしかないサービスですね。

知る人ぞ知るサービスでしょうか。
普通に買い物するならこんなお得なサービスはそうそうないぐらい充実していますよ。

1年間積立すれば、1ヶ月分のボーナスがついてくる

大丸松坂屋の友の会を使う一番のメリットは、1年間積み立てたあとに1ヶ月分の積立額がボーナスでもらえることです。

積立のコースは複数あり、自分の財布の状況に合わせて選ぶことができますよ。

12ヶ月間積み立てると1ヶ月分のボーナスがついてくるコースは以下の通り。

  • 5,000円コース
  • 10,000円コース
  • 30,000円コース

それぞれ、12ヶ月間積み立てると、1ヶ月分のボーナスがもらえます。

12ヶ月積み立てると1ヶ月分ボーナスでもらえる

5,000円コースなら、12ヶ月積み立てたら60,000円ですけど、ボーナスで5,000円分がもらえますので、合計で65,000円分使える計算ですね。

1ヶ月分のボーナスは、年利に直すと約8.3%にもなり、かなりお得です。

もちろん、大丸や松坂屋で買い物する方でないと意味がないんですが・・・。

毎月5,000円・6ヶ月満期の「かろやか」コースは手軽

12ヶ月も積み立てできないけど、ボーナスは欲しい・・・。

そんな場合は、6ヶ月で満期が来る「かろやか」コースもあります。

毎月5,000円の積み立てで、6ヶ月後には2,000円分のボーナスがもらえますよ。

1年間(12ヶ月分)積み立てするよりは、ボーナスの金額が小さいですけど、早くボーナスが欲しいのであれば、かろやかコースを選びましょう。

ボーナスを年利にすると6,6%です。

12ヶ月の8.3%と比較すると下がってしまいますが、銀行の金利のことを考えたら、驚異的な年利ですよね。

毎月7,000円の招待コースも

満期になることでボーナスがもらえるコースが基本となりますが、一部の百貨店では毎月7,000円の積み立てを12ヶ月することで中日劇場観劇に1回招待が来るコースもあります。

松坂屋名古屋店松坂屋豊田店の窓口でしか取り扱いがありません。

中日劇場を年に1回以上利用されている方であれば、招待コースで積み立てするのも毎年の楽しみになりますね。

ボーナスはお買い物ボーナス券としてもらえる

12ヶ月または6ヶ月の積み立てでもらえるボーナスが、どのような形でもらえるのかは気になるところです。

積み立てた金額は友の会会員証カードにチャージする形ですが、ボーナスは「友の会お買い物ボーナス券」としてもらえます。

いわゆる商品券のような感じでもらえると思ってください。

商品券だと、形があるのでチャージされるよりもボーナスをもらっている感覚になってうれしくなりそうですね。

積み立てるだけでボーナス券がもらえるのは、改めて考えるとお得としかいいようがないです。

友の会お買い物ボーナス券は、有効期限なく、いつでも好きな時に使えますよ。

また、残念ながらお釣りは出ません。

大丸松坂屋友の会のボーナスについて

チャージした会員証カードは、有効期限なく使える

満期になると、会員証カードに積み立てた金額がチャージされます。
5,000円コースだと、60,000円が積立されますよね。

チャージされた会員証カードの有効期限が気になるところですが、無期限で使えます

3年かけて使い切っても何の問題もありません。

使い切ったときは、残額を現金やクレジットカード全国百貨店共通商品券で支払いできますよ。

感覚的にはクオカードや図書カードと同じですね。

会員証カードが使える店舗と対象外の店舗

大丸松坂屋友の会で積み立てしたお金は、会員証カードにチャージされます。

会員証カードがどこで使えるのか、使えない店はあるのかが気になるところですよね。

基本的には、全国の大丸と松坂屋で使うことができます。
ただ、一部の大丸では会員証カードでの支払いが対象外になっているので注意しましょう。

対象外になっているお店は以下の通りです。

  • 博多大丸
  • 下関大丸
  • 高知大丸
  • 鳥取大丸

これらのお店で友の会でチャージしたお金を使おうと思っているのであれば、残念ですが使えません。

他の大丸・松坂屋で買い物するようにしましょう。

カードとの併用でポイントが貯まる

大丸松坂屋友の会の会員証カードで買い物する時に、いろいろある大丸・松坂屋のカードを併用した時にポイントが貯まるのかどうかは、よりお得に買い物するために大切なところです。

会員証カードで買い物する場合は、カードと併用してもしっかりとポイントが貯まりますよ。

クレジットカード・ただのポイントカードどちらであっても大丈夫です。

大丸のクレジットカードはポイントカードを兼ねているので、カード払いにならなくてもとりあえず提示しておきましょう。

以下のカードを持っているのであれば、友の会会員証カードで買い物する時にポイントも合わせて貯めるようにしてくださいね。

  • 大丸松坂屋カード<ゴールド>
  • 大丸松坂屋カード
  • さくらパンダカード
  • 大丸松坂屋ポイントカード
  • 大丸Dカード
  • マツザカヤMカード
  • うふふガールズカード

ポイントも積み重ねたら、節約につながる大事なものです。

ちなみに、お買い物ボーナス券で買い物した時にはポイント付与対象外になるので、使い分けに注意しましょう。

美術館やホテル・レストランなどが優待割引になる

大丸松坂屋友の会の会員になるメリットは、ボーナスがもらえることだけではありません。

会員証カードを提示することで、ホテルやレストランなどの利用を割引することができますよ。

他にもレジャー施設や美術館・博物館の割引があって、いろいろお出かけが多い場合は割引できるケースも増えそうです。

私の住んでいる兵庫県にも大丸があるので、割引になるところが多いですよ。

兵庫県で会員証カードを提示すれば割引になる施設の一部を紹介します。

窓口で会員証カードを提示すればいいところが多いですが、一部は百貨店の窓口で会員証カードを提示して割引券をもらったり買ったりするところもあります。

例えば、姫路セントラルパークは大丸神戸店で前売り券を買う形になりますよ。

大丸松坂屋友の会の優待は、残高がある限り使えます
例えば、満期になって5年後であっても残高があれば優待で割引できますよ!

大丸の店員さんに質問したらそう回答していただきました。

毎月の積み立ては店舗で入金か口座振替を選べる

大丸松坂屋友の会の会員になろうと思った場合、どこでお金を積み立てていけばいいのかがわからないですよね。

友の会への入会は、大丸や松坂屋の窓口で申込します。入会するにあたっての費用は無料で、支払うのは初回の積立金だけです。

その後の積み立ては、2つの積立コースから選びます。

  • 店舗に行って入金
  • 口座自動振替

手間だけを考えると口座自動振替が便利なのは明らかですよね。

ただし、口座振替を選んだ場合は、1年ごとに事務手数料308円(税込)が必要になります。

手数料がかかってしまうのはもったいない気分になりますが、ボーナス券でもらえる金額の方が大きいので必要経費として割り切るしかないですね・・・。

もし、口座振替の手数料を払いたくないのであれば、2回目以降の支払で残り11ヶ月分をまとめて積み立ててしまえば、口座振替の手間も省きつつお金を節約できます。

ただ、百貨店に行くのにお金をかけてたら意味がないので、口座振替が無難ではありますが・・・。

先に12ヶ月分チャージしたからといって、すぐに友の会会員証カードでの買い物ができるわけではありません。

満期が来てから友の会会員証カードでの買い物ができますよ。

さいごに

大丸松坂屋友の会は、積み立て時のボーナス以外にもいろいろとサービスがあり、使えば使うほどお得ですね。

個人的には、出かける機会が多い分、施設割引があるのがうれしいです。

お得なサービスがたくさんありますので、会員になったらこの機会にいろいろと使いこなしてみましょう。貴重な体験になると思いますよ。

ただ、買い物する時は、ボーナスが出たからといってムダ使いしないようにするのが大切ですよ!

ついつい必要のないものを買ってしまったら、せっかくのボーナスの意味がなくなってしまいますからね。

他の百貨店の友の会は?

大丸・松坂屋以外にも百貨店の友の会はいろいろとあります。

身近でよく使う百貨店がありましたら、比較検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る