テアトルシネマグループの映画料金を割引クーポンなどで安くする方法

スポンサーリンク

ヒューマントラストシネマやテアトル、シネ・リーブルといった映画館がありますよね。

あのような映画館はすべてテアトルシネマグループが運営しているものです。

普通に映画を見ると、どうしても高くなりがち。
であれば、少しでも安く見れた方がうれしいですよね。

このページでは、テアトルシネマグループの映画館で安く映画鑑賞する方法をまとめました。

テアトルシネマグループの映画料金を安くする方法

他の映画館で安く見る方法も紹介しています。お出かけの際の参考にどうぞ。

テアトルグループの映画館の一覧

テアトルシネマグループの映画館は以下の通りです。

  • ヒューマントラストシネマ有楽町
  • ヒューマントラストシネマ渋谷
  • テアトル新宿
  • シネ・リーブル池袋
  • キネカ大森
  • 新所沢レッツシネパーク
  • テアトル梅田
  • シネ・リーブル梅田
  • シネ・リーブル神戸

東京と関西に集中している感じですね。

通常の映画料金は?

テアトルシネマグループの映画料金を安くする前に、通常料金がどれぐらいかかるのかを知っておく必要がありますね。

通常料金は以下の通りです。

  • 一般:1,800円
  • 大学・専門生:1,500円
  • 高校生:1,000円
  • 中学生・小学生:1,000円
  • 幼児:1,000円
  • 60歳以上:1,200円

高校生以下だと安くなるのがうれしいですね。

テアトルシネマグループの割引料金一覧

テアトルシネマグループでは、通常料金よりも安い料金で映画が見れる特別割引料金を設定しています。

条件に当てはまった場合に利用できますので、なるべく条件が当てはまる時に利用したいですね。

  • 水曜サービスデー:1,200円
  • 映画の日(毎月1日):1,200円
  • 映画の日(12月1日):1,000円
  • 日曜20時以降の夜割:1,400円
  • 夫婦どちらかが50歳以上の夫婦50割引:夫婦で2,400円
  • ハンディキャップ割引:1,000円
  • 東京テアトル共通鑑賞券:1,500円

他にも、映画館ごとにそれぞれ割引できる方法があります。

TCGメンバーズカードを使って割引する

最も簡単にテアトルシネマグループの映画料金を安くするには、TCGメンバーズカードを使うのがおすすめです。

TCGメンバーズカードは、年会費1,000円かかるカードですが、会員になることで、毎回1,300円で見れるようになるので、2回で年会費の元が取れますね。

また、入会時に1,000円で映画が見れるチケットももらえるので、初年度は2回目の映画鑑賞でお釣りがきます。

TCGメンバーズカードを持っていると、毎週火曜日・毎週金曜日はそれぞれ「ハッピーチューズデー」・「ハッピーフライデー」ということで映画が1,100円で見れますよ。

通常料金よりも700円も安くなるので、これはかなり助かりますね。

デイリーPlusで割引する

Yahoo!の会員制優待サービスのデイリーPlusを使うと、テアトルシネマグループの映画料金をいつでも安くすることができます。

通常料金1,800円のところ、1,300円で映画が見れますので、500円も安くなりますね。

デイリーPlusは、月に550円かかるサービスですが、月に何度も見るのであればすぐに元が取れますね。

また、デイリーPlusは、他の映画館でも同様の割引がありますので、映画好きにはかなりおすすめのサービスです。

東京テアトルの株主優待の映画招待券を使う

テアトルシネマグループの映画を無料で見ようと思うなら、東京テアトルの株を持つことで株主優待がもらえます。

株主優待で映画招待券がもらえますので、これを使えば1円もかけずに映画を見ることができますよ。

東京テアトルの株主優待券

ただ、株を買うのはハードルが高いと思いますので、ヤフオク!やチケットショップで手に入れるのが現実的だと思います。

もし、もっと安く手に入れたいのであれば、証券会社に口座を作って、売買手数料だけで手に入れる方法もありますよ。

とっておきの裏ワザですので、東京テアトル以外のところでもいろいろ安くできる可能性が増えます。

パルコの株主優待券を使う

パルコの株主優待券

テアトルシネマグループの映画館は、パルコの株主優待を持っていても無料で見れるようになりますよ。

東京テアトルよりもパルコの株主優待の方が取得しやすいと思います。

実際に私が過去何度も株主優待を取得していますし、映画を無料で見れたこともありますので。

株主優待を使う場合は、使えない日に注意しよう

株主優待を使うのって、かなり安くできるのでおすすめなのですが、いつでも使える訳ではありません。

使えない日が決まっているので、自分が見に行きたい映画とスケジュールを確認して、利用できるかどうかの確認を公式サイトで見ておきましょう。

おおむね、公開日とその翌日が対象外になっているので、急いで見たいと思っているなら、株主優待券が使えないと思っておきましょう。

また、特別興行の場合も株主優待が使えません。

さいごに

テアトルシネマグループでは、普通に映画を見る場合でも割引方法がいくつかありますね。

また、株主優待も複数に対応していることもあって、割引しやすいと思います。

私自身も過去に、株主優待を使って無料で映画を見たことがあって、ホントありがたいな〜と思っていました。

割引方法が多いので、通常料金で見るのがもったいなく感じてしまいますね。

このページでいくつも方法を紹介しちえますので、あらゆる方法を活用して、少しでも安くしていただければと思います!

おまけ:他の映画館で安く見る方法

テアトルシネマグループに限らず、他の映画館でも安く見る方法が充実していますよ。

もしテアトルシネマグループ以外を使うときには、以下のページも合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!