知らないと損!新幹線切符・乗車券を市内や東京都区内の在来線から使う方法

スポンサーリンク

たまたま旅行に行く機会があり、新幹線を久しぶりに使いました。

その時にある節約術を発見しましたので、紹介しますね。
もしかしたら知っている人もいるかもしれないですが…。私は今回初めて気付きました。

市内の在来線も使える新幹線切符

新幹線の切符を買った際に、切符をよく見てみると(市内)と書かれていました。

神戸から東京の場合だと、「新神戸(市内)ー東京(都区内)」という具合です。

新神戸ー東京間は使えるのはもちろんですが、それぞれの市内の在来線もこの切符を使うことができるんですよね。

市内の範囲をフルに活用すると合わせて500円ぐらいは浮いてくると思います。これを活用しない手はないぐらい。

市内の在来線を使う時は新幹線の利用が終わったあと、改札機に切符を通さないようにしてください。

切符を通してしまうと、そこで終了になってしまいます。
駅員さんに「在来線の〜駅で降りたい」という風に説明すれば通してくれますよ。

ちなみに、品川駅・東京駅・新大阪駅などの主要駅では、在来線乗り換え用の改札があるので、普通に切符を通せばまた出てきますが。

私の住んでいる神戸から最寄りの新神戸駅でも在来線乗り換え用の改札がありました。

新幹線の切符

在来線 → 新幹線の場合も新幹線運賃のみ

まずは在来線に乗って、新幹線の駅まで行ってからそこで新幹線の切符を買う場合も、かかる料金は新幹線の運賃のみです。

新幹線の切符を買う時に券売機で買った切符の値段を引いてくれます。

N700系の新幹線

確実に節約できるので、お試しあれ

新幹線の切符は非常に高額なので、金銭感覚が麻痺してしまいがちです。
小さな額とはいえ、積み重ねれば大きな額になります。

新幹線をどうしても使う場合はこの方法を試してみてください。
知ってるのと知らないのとでは積み重なると大きく変わってきます。

あともう1つ、新幹線に乗る時に絶対知っておいた方がいいことがありますので、合わせて読んでください。

新幹線の運賃を安くする方法はこちら

スポンサーリンク

市内の切符はいろいろあります

「市内」や「都区内」と書かれている切符は全国にありますよ。

対象になっている地域と中心の駅は以下の通りです。

ビュー・エクスプレス特約で予約した場合は市内が無料にならない

新幹線の運賃を安く手に入れる方法の1つに、ビュー・エクスプレス特約があります。

私自身、フル活用しているほど便利に思っているのですが、唯一のデメリットが市内の駅は別途運賃がかかることです。

これが無料になれば、ビュー・エクスプレス特約は完璧なんだけどなぁ。

別途運賃がかかっても、新幹線代が割引になる金額の方が大きいので、ビュー・エクスプレス特約は今後も使い続けます。

おまけ:その他の新幹線節約術

他にも新幹線はあらゆる方法を利用して節約することができます。
もともとの金額が高いので、割引率が低くとも効果が大きいですよ。

新幹線の切符はクレジットカードで買えるので、還元率の高いカードを持っているほど節約になりますよ!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

節約家の私がおすすめするカードはこちら。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る