JR切符「横浜市内」発着のきっぷになる条件・範囲・お得な使い方まとめ

山﨑 謙の画像

こんにちは、鉄道で旅することが多い山﨑謙(@kenfm)です。

JRでは特定された都区市内の中心駅から200kmを超えるときっぷのルールが変わります。

通常きっぷは乗る駅名のみもしくは乗り降りする駅名のみが記載されていますが、たまに「●●市内」と書かれたきっぷを見たことありませんか?

横浜市内からのきっぷ
(※写真のきっぷは増税前の金額です)

これは特定都区市内制度というルールに拠るもので、200kmを超えるきっぷで東京都区内と以下の全国の10都市内にある駅から乗り降りする際はその都区市内中心駅からの距離をもとに運賃計算されます。

東京都区内にかぎり「東京山手線内」というくくりもあり、この場合は100kmを超えて200kmまでのきっぷが対象となります。

横浜市内の駅の範囲

横浜市内の駅となる範囲は以下のとおりです。

2019年11月30日からの横浜市内の駅
出典:JRおでかけネット「きっぷのルール」内「特定の都市区内ゾーン」
「横浜市内」の駅
東海道本線戸塚・横浜・川崎
京浜東北線横浜・東神奈川・新子安・鶴見・川崎
横須賀線戸塚・東戸塚・保土ヶ谷・横浜
根岸線本郷台・港南台・洋光台・新杉田・磯子・根岸・山手・石川町・関内・桜木町・横浜
南武線矢向・尻手・川崎
南武線支線尻手・八丁畷・川崎新町・小田栄・浜川崎
鶴見線鶴見・国道・鶴見小野・弁天橋・浅野・安善・武蔵白石・浜川崎・昭和・扇町
鶴見線大川支線安善・大川
鶴見線海芝浦支線浅野・新芝浦・海芝浦
横浜線長津田・十日市場・中山・鴨居・小机・新横浜・菊名・大口・東神奈川
相鉄・JR直通線羽沢横浜国大
2019年11月30日に相鉄・JR直通線「羽沢横浜国大」駅が追加されました。
「相鉄・JR直通線に関わるJR線区間の運賃等について[PDF]」

対象となる駅の駅名標には「浜」マークがついていますよ。

横浜駅の駅名標

これらの駅で200kmを超えるきっぷを使って乗り降りする場合は横浜駅を基準とした運賃計算となります。

川崎市内の一部駅も対象になる一方で大船駅は対象外

「横浜市内の駅」となっていますが、川崎市内にある川崎・尻手・八丁畷・川崎新町・小田栄・浜川崎・昭和・扇町・武蔵白石・大川の各駅も横浜市内の駅なんですね。

これは横浜市鶴見区にある南武線矢向駅が川崎駅・尻手駅を経て飛び地的に存在していることと、鶴見駅以外の鶴見線各駅はすべて無人駅できっぷのチェックが難しいため、南武線支線の駅とともに便宜上横浜市内の駅に組み入れられています。

一方、鎌倉市と横浜市栄区にまたがる大船駅は、駅長室の所在地が鎌倉市となるので横浜市内の駅とはなっていません。

横浜市内のきっぷがお得になる場合

横浜駅を基準とした運賃計算となるということは、目的地が横浜駅よりも先にあって、乗り降りする駅が横浜駅から手前、それもより遠くなるほうがお得になりますよね。

たとえば、戸塚駅から郡山駅までの運賃は267.6kmとなり4,840円になりますが、この場合中心駅となる横浜駅と郡山駅の距離255.5kmで算出されるので4,510円で済みます。

その逆で横浜駅よりも目的地が近くなる駅から乗車した場合は割高になる場合があります。

その場合は分割で買うことも考えましょう。

横浜市内のきっぷを使うときの注意点

横浜市内での途中下車はできない

JRのきっぷは100kmを超えると途中下車ができます。

横浜市内発のきっぷでも途中下車は可能ですが、横浜市内での途中下車はできません。

横浜市内の駅から乗って、横浜駅で買い物してから行こうと思っても横浜駅では降りられません。

またその逆もそうで、横浜市内着のきっぷで横浜駅で降りた場合はきっぷが回収されてしまい、横浜駅からは別途運賃が必要です。

なお横浜市内の駅は「東京近郊区間」に含まれますが、東京近郊区間内での発着は100kmを超えても途中下車はできません。

2019年11月30日からの東京近郊区間
出典:JRおでかけネット「きっぷのルール」内「大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例」

戸塚駅と本郷台駅の間の市外乗車は不可・根岸線各駅からは横浜駅経由で!

大阪市内の駅の記事で、特例として塚本駅と加島駅の間を市外となる尼崎駅を経由して、また新加美駅と加美駅の間を市外となる久宝寺駅を経由して乗車することができると紹介しました。

2019年3月16日からの大阪市内の駅市外乗車
出典:JRおでかけネット「きっぷのルール」内「『大阪市内』発着となる乗車券による市外乗車の特例」

戸塚駅と本郷台駅の間もこれとほぼ似たケースですが、市外となる大船駅経由で乗車することができません。

これは大船ー横浜間には東海道本線・根岸線の2経路あり、どちらか乗る方を指定しなければならないためです(東京近郊区間内のみの乗車ではどちらの経路でもOK)。

たとえば名古屋駅から小田原駅、大船駅を経由して横浜市内の本郷台駅へ向かう場合。

本郷台駅まで遠回りとなる東海道本線経由の場合、乗る距離は355.7kmなのに対して横浜駅までの距離が337.2kmなので5,720円。

一方本郷台駅まで最短距離となる根岸線経由の場合、実際に乗る距離は323.1kmと短いのに横浜駅までの距離が341.6kmとなるため、6,050円と割高になってしまいます。

根岸線での注意点

新幹線で新横浜駅を使うことがほとんどなのでレアケースだと思いますが、根岸線の本郷台から桜木町までの各駅から大船駅経由で名古屋方面のきっぷを買うと割高になってしまうので、横浜駅経由で買いましょう。

羽沢横浜国大駅を利用する場合は、武蔵小杉駅経由で鶴見駅へ戻る形での市外乗車が可能

2019年11月30日に開業した相鉄・JR直通線「羽沢横浜国大駅」を利用する際は、武蔵小杉駅経由で鶴見駅へ戻る市外乗車ができます。

2019年11月30日からの横浜市内の駅市外乗車特例
出典:JRおでかけネット「きっぷのルール」内「『横浜市内』発着となる乗車券による市外乗車の特例」

羽沢横浜国大駅に停まる列車は途中、京浜東北線の鶴見駅や横須賀線の新川崎駅の真横を通りますが、ホームがないため武蔵小杉駅まで停車しません。

なので、同じ横浜市内である鶴見駅へは一旦武蔵小杉駅まで行って、Uターンするような形で戻らないと行けないので、このような特例が設けられていますよ。

ただし、武蔵小杉駅から南武線に乗り換えて、横浜市内の駅である矢向駅・川崎駅方面へ行けるかどうかの記載はなく、制度上不可能なようです。

羽沢横浜国大駅からJR線だけで新横浜駅へ行くのにはめっちゃ時間がかかる

ちなみにこの制度を利用して羽沢横浜国大駅から新横浜駅経由で新幹線に乗る場合、JR線だけで行こうとすると武蔵小杉駅と横浜駅2回の乗り換えが必要で、約1時間かかってしまいます。

羽沢横浜国大駅ー新横浜駅JR線のみの経路
出典:ジョルダン乗換案内

いくら追加料金が必要なくても、2回乗り換えで1時間かかってしまうのでは、さすがに使いにくいですね。

現時点で羽沢横浜国大駅から新横浜駅を最短で結ぶのは、神奈川中央交通のバス121系統。
約20分220円で結んでいます。

ただしこれも1時間に1本なので、一旦西谷駅に出て相鉄本線で横浜駅へ行き、横浜線もしくは地下鉄ブルーラインで新横浜駅へ行く(約30〜40分で397〜471円)のが良さそうです。

なお2022年には羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由して日吉駅へ抜ける「相鉄・東急直通線」ができるので、新横浜駅までは1駅。

新横浜駅へはこちらのほうが圧倒的に速く着くようになりますよ。

スマートEX・エクスプレス予約・ぷらっとこだま・JR東海の株主優待券は対象外

東海道・山陽新幹線の予約サービスであるスマートEX・エクスプレス予約、JR東海ツアーズの旅行商品であるぷらっとこだまJR東海の株主優待券は対象外で、新横浜駅からの在来線は別途運賃が必要です。

なお、エクスプレス予約については特急券だけを買うことができるので、別で乗車券を買うことで横浜市内発着のきっぷにすることができますよ。

スマートEXの場合はスマートEX運賃ナビで市内適用とスマートEXどちらが得かを調べてみてください。

さいごに

横浜市内発着のきっぷについて紹介しました。

ポイントとしては以下の通りです。

  1. 横浜駅との距離が200kmを超えると市内発着となる
  2. 横浜駅基準の運賃になるので目的地が横浜駅より先にあり、乗る駅が横浜駅から遠くなればなるほどお得
  3. 横浜市内での途中下車はできない
  4. 戸塚駅と本郷台駅の間の市外乗車は不可(根岸線各駅へは横浜駅経由で)
  5. 羽沢横浜国大駅と武蔵小杉駅経由鶴見駅への市外乗車は可能(南武線矢向駅・川崎駅方面は不可の模様)
  6. スマートEX・エクスプレス予約・ぷらっとこだま・JR東海の株主優待券は対象外

これだけ覚えておけばOKです。
自分の乗る駅同士が対象になるかどうか不明な場合は駅の窓口で聞いてみてください。

この記事を書いた人

兵庫県西宮市在住。「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。小学生のときにゆうちょの定額貯金の存在に気づいたわりには、その後お金の使い方に苦労。今はさまざまなクレジットカードや予約サービスを活用し、移動費の節約や料金をかけずにゆったり移動する「豊かな移動」を志向。