JR切符「名古屋市内」発着のきっぷになる条件・範囲・お得な使い方まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、鉄道で旅することが多い山﨑謙(@kenfm)です。

JRでは特定された都区市内の中心駅から200kmを超えるときっぷのルールが変わります。

通常きっぷは乗る駅名のみもしくは乗り降りする駅名のみが記載されていますが、たまに「●●市内」と書かれたきっぷを見たことありませんか?

名古屋市内からのきっぷ

これは特定都区市内制度というルールに拠るもので、200kmを超えるきっぷで東京都区内と以下の全国の10都市内にある駅から乗り降りする際はその都区市内中心駅からの距離をもとに運賃計算されます。

東京都区内にかぎり「東京山手線内」というくくりもあり、この場合は100kmを超えて200kmまでのきっぷが対象となります。

名古屋市内の駅の範囲

名古屋市内の駅となる範囲は以下のとおりです。

名古屋市内の駅
出典:JRおでかけネット「きっぷのルール」内「特定の都市区内ゾーン」
「名古屋市内」の駅
東海道線名古屋・尾頭橋・金山・熱田・笠寺・大高・南大高
中央線名古屋・金山・鶴舞・千種・大曽根・新守山
関西線名古屋・八田・春田

対象となる駅の駅名標には「名」マークがついていますよ。

名古屋駅の駅名標

これらの駅で200kmを超えるきっぷを使って乗り降りする場合は名古屋駅を基準とした運賃計算となります。

名古屋市内のきっぷがお得になる場合

ということは目的地が名古屋駅よりも先にあって、乗り降りする駅が名古屋駅から手前、それもより遠くなるほうがお得になりますよね。

名古屋市内の駅は名古屋駅が一番端にあるため、東海道線を使って西へ向かう場合や新幹線に乗るために名古屋駅まで乗車する場合(もちろんその逆も)は基本損になることはありません。

たとえば、南大高駅から岡山駅までの運賃は381.1kmとなり6,480円になりますが、この場合中心駅となる名古屋駅と岡山駅の距離366.9kmで算出されるので6,260円で済みます。

その逆で名古屋駅よりも目的地が近くなる駅から乗車した場合は割高になる場合があります。

たとえば、新守山駅から長野駅までの運賃は238.5kmとなり本来なら4,000円になるはずですが、中心駅となる名古屋駅と長野駅の距離250.8kmで算出されるので4,430円かかってしまいます。

この場合はきっぷを分割で買うことも考えましょう。

名古屋市内の切符を使うときの注意点

名古屋市内での途中下車はできない

名古屋市内発のきっぷでは名古屋市内での途中下車はできません。

名古屋市内の駅から乗って、名古屋駅で買い物してから行こうと思っても名古屋駅では降りられません。

またその逆もそうで、名古屋市内着のきっぷで名古屋駅で降りた場合はきっぷが回収されてしまい、名古屋駅からは別途運賃が必要です。

スマートEX・エクスプレス予約・ぷらっとこだまは対象外

東海道・山陽新幹線の予約サービスであるスマートEX・エクスプレス予約、JR東海ツアーズの旅行商品であるぷらっとこだまは対象外で、名古屋駅からは別途運賃が必要です。

なお、エクスプレス予約については特急券だけを買うことができるので、別で乗車券を買うことで名古屋市内発着のきっぷにすることができますよ。

スマートEXの場合はスマートEX運賃ナビで市内適用とスマートEXどちらが得かを調べてみてください。

名古屋市内⇔大阪市内の場合

全国10都市ある特定都区市内制度のうちで唯一の例ですが、名古屋市内の駅と大阪市内の駅との間では200kmを超える区間と超えない区間があります。

  • 名古屋ー大阪190.4km 3,350円
  • 名古屋ー杉本町208.3km 3,670円
  • 南大高ー大阪204.6km 3,670円

名古屋駅と大阪駅の間は200km以内なので市内発着のきっぷになりません。
一方で名古屋市内の駅の端南大高駅から大阪駅、名古屋駅から大阪市内の南端の杉本町駅までは200kmを超えます。

    200kmを超える区間

  • 大高・南大高・大曽根・新守山の各駅⇔大阪駅
  • 名古屋駅⇔JR難波・新今宮・天王寺と天王寺から先の阪和線・大和路線の各駅
    ※今宮駅は除く

この場合は乗る駅もしくは降りる駅のどちらかを「市内」にすることができますよ。

基本的には降りる駅のほうが「市内」で発券されるとのことですが、名古屋ー杉本町の乗車券をJR西日本のみどりの券売機で発券したところ、名古屋側が市内となりました。

名古屋市内からのきっぷ

JR西日本のネット予約サービス「e5489」で逆方向の杉本町ー名古屋を調べてみても、名古屋側が市内となります。

e5489での予約画面

どちらか希望通りに指定したい場合は有人窓口で手続きをしましょう。

名古屋ー新大阪の新幹線指定席回数券は両方とも市内適用でお得

名古屋駅と新大阪駅の間は186.6kmでこちらも200kmを超えず、通常通りに買うと市内適用になりません。

ところが6枚つづりの新幹線指定席回数券を購入すれば名古屋側・大阪側ともに市内適用となり、追加料金なしで双方の市内の駅まで乗車ができます。

  • 通常:6,560円(乗車券3,350円+特急券3,210円)
  • 回数券:5,660円(1枚あたり:発売額は6枚で33,960円)

有効期間が3ヶ月間なので、名古屋市内の駅と大阪市内の駅を1月に1往復するならかなりお得になりますよ。

※名古屋ー新大阪の新幹線自由席回数券はありません。

さいごに

名古屋市内発着のきっぷについて紹介しました。

ポイントとしては以下の通りです。

  1. 名古屋駅との距離が200kmを超えると名古屋市内発着となる
  2. 名古屋駅基準の運賃になるので目的地が名古屋駅より先にあり、乗る駅が名古屋駅から遠くなればなるほどお得
  3. 名古屋市内での途中下車はできない
  4. スマートEX・エクスプレス予約・ぷらっとこだまは対象外
  5. 大阪市内は200kmを超えないところと超えるところが混在・新幹線指定席回数券なら両都市とも市内適用でお得

これだけ覚えておけばOKです。
自分の乗る駅同士が対象になるかどうか不明な場合は駅の窓口で聞いてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

山﨑 謙

兵庫県西宮市在住。某国内メーカースマートフォンのフィールドトレーナーとして関西を中心に全国で活動。喋ることが好きでイベントの司会をしたり、鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使うほど。ここでは主に交通系の記事を執筆します。個人ブログ→ken.fm

執筆メンバの一覧を見る