節約家が普通の人よりもお金をかけている支出項目は?

スポンサーリンク

私は節約に関するこのサイト「ノマド的節約術」を運営していることもあって、普段からあまりお金を使わない生活です。

普段はあまりお金を使わないですが、使う時はド〜ンと使うように心掛けています。

節約家がお金を使う?

そのことに疑問を感じるかもしれません。

ですが、節約って、自分の好きなことによりお金を使えるようにするためにするものです。

このページでは、私がどんなことにお金を使っているのかをまとめてみました。

食事へのこだわり

節約するとなると、まずは食費を削ろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

もしそう考えているのなら、改めた方がいいかもです。

食事は、自分の体調に影響してくるもの。
下手に食費を下げる必要はないと思います。

私の家では今、らでぃっしゅぼーやという食材宅配サービスを使って、素材のいい野菜などを食べるようにしています。

自営で仕事をしていることもあって、毎日元気でいることが一番大事なので、体に取り込むものにはこだわるように意識しますね。

それによる効果は分かりませんが、食生活は豊かになったと思います。

毎日食べるご飯が明らかに美味しくなりましたし。
食に関しては、多少お金が掛かってもいいと思っています。

らでぃっしゅぼーやのダンボール

その後、9ヶ月間使い続けた感想をまとめました。
食材が明らかに美味しいので、満足度も高いです!

睡眠環境には徹底的にこだわるのがおすすめ

食事とともに大切になってくるのが睡眠です。

人生の3分の1は睡眠というぐらいなので、いい眠りができるかどうかは体調に大きく関わってきますよね。

それならば、いい睡眠環境を作るためにはお金をかけてもいいと思いませんか?

私は昔から睡眠環境にはお金をかけたいと思ってて、いろいろと試行錯誤して、いい環境を作るための努力をしてきました。

ベッドのマットレスは自分の体にフィットするものを選ぼう

私が今、睡眠時に使っているマットレスは、結婚して間もない頃に値段を度外視して、自分の体にぴったりフィットするものを選びました。

10万円をゆうに超えるマットレスが結果的に自分の体にぴったりでしたが、それが一番良かったです。

今もそれを使っていますが、睡眠時に不快に思うこともないので、いい買い物をしたと思いますね〜。

当時は、1ヶ月分の給料ぐらいになる出費だったので、不安も大きかったですけど、長年使い続けていると、結果的に安い買い物だったといえます。

10万円以上したとしても、毎日使い続けていくものなので、日数で割ると長持ちすればするほど、1日あたりのコストはどんどん安くなりますよね。

マットレス

枕も採算度外視で自分の体に合うものを選ぼう

同じ理由で、枕も値段を気にせず自分の体に合うものを選んだ方がいいです。

人生の3分の1である睡眠のためには、多少お金がかかっても、自分の体に合う枕を使った方が快適ですよ。

値段重視で選んで、自分の体に合わなかった場合、体調が悪くなったりしてしまうと、別に医療費がかかったりしてしまいます。

それを考えると、買うタイミングで多少負担が大きくても、いいものを選んだ方がいいですよね。

私はいくつか枕を試してみましたが、低反発まくらが合っていました。

確か楽天市場で買ったのですが、どこで買ったのかやどの型番なのかは全く覚えていません…。

枕も長年使っているし、そろそろ新しくしてもいいかも…と思い始めています。
だんだん年齢を重ねてきたし、においも気になってきたので、エネタンの枕が良さそうだなぁ。

布団にもこだわって、体の負担にならないものを選ぼう

あと、睡眠に必要なのは布団ですよね。
これも徹底的にこだわっています。

私の体型は痩せ型なので、布団が重たいと、体に負担がかかるんですよね。

なので、なるべく軽く・温かいものを選びました。

これも結婚したタイミングで、大奮発して高級な羽毛布団を買ったのを覚えています。

マットレスと合わせて、1ヶ月分の給料以上は睡眠環境に使ったと思いますけど、今となってはいい買い物だったと思えますね〜。

イスと机

私はWebに関係する仕事をしているので、デスクワークがメインとなります。

座っている時間がどうしても長くなるので、快適に作業できる環境が必要です。

昔は全然このことを意識していなかったのですが、時間が長くなるにつれて、仕事の環境を良くするのがとても重要だと気付きました。

将来への投資の意味を兼ねても、机やイスは自分が使ってて心地良いようにしておかないと疲れのたまり方が変わってきます。

イスはいろいろと試した結果、アーロンチェアを使うことにしました。

アーロンチェア

アーロンチェア、私が買った時は17万円ぐらいだったかな。
高い買い物なので、ショールームにまで行って座り心地を確認したのを覚えています。

机に関しては、つい最近まであまりこだわっていなかったのですが、高さが合っていないと疲れてしまうことに気付いて、自由に高さ調節ができるものを買いました。

健康のことも考えて、スタンディングデスクにもできる机にしました。

これまた高い買い物なので、ショールームに行ったり、使っている方に直接話を聞いたりして、自分に合うものを選べましたよ。

参考:オカムラ製作所のスタンディングデスク(電動昇降デスク)、Swift(スイフト)を購入したのでレビュー – 1473-webで脳みそが溶ける温度

机も17万円ぐらいしたかな〜。

パソコン

私の場合、パソコンは商売道具で欠かせないものです。

ここをケチってしまうと、仕事の早さにも関わってくるので、買う時には性能が最高のものを選ぶようにしています。

その時は多少高くても、仕事が早くなれば、その分だけリターンも大きくなるので、結果的に安い買い物になるんですよね。

自分に合うかどうかを第一の基準にして、値段に関してはほとんど気にしないようにしています。

もちろん、買いたい商品を決めた時には、その商品を最大限安く買う方法は探しますけどね。

こういう時のために普段からムダ使いしないようにしておく

ここまでの流れを見ると、節約家なのに散財しまくりではないか?と思われたかもしれません。

ですが、私はこういう時のために、普段あまりお金を使わない生活をしています。

将来的な投資にならないような出費はほとんどしないんですよね。

その時は多少出費が多くなっても、長い目で見たら安くなるようなお金の使い方を心掛けています。

そうすることで、仕事にも好影響が出るし、節約にもなります。

お金を使う時は、長い目で見るようにすることで、トータルの支出を減らすことができると思うので、おすすめですよ〜!

続編:支出は投資である

私がお金を使う時に心掛けているのは「投資」なのだと思います。
無意識に出た発言で、そう思えるようになりました。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る