ふるぽは評判・口コミ通り?使い方の流れやポイントの貯め方・有効期限について徹底解説

スポンサーリンク

節税対策のひとつとして、ふるさと納税が注目されていますよね。
ふるさと納税すると節税になるだけでなく、豪華な返礼品がもらえるので魅力的です!

そんなふるさと納税ですが、初めての場合はどんなサイトを使ってふるさと納税すればいいのかわからないですよね。

それぞれサイトごとに特徴があったり、取り扱っている返礼品にも違いがあったりします。
欲しい返礼品に合わせてサイトを使い分けるのがおすすめですよ。

今回、私はふるぽというふるさと納税サイトを使ってみました。

このページでは、ふるぽを使ってふるさと納税する方法やポイントを貯めて返礼品と交換する方法について詳しく説明していきますね。

ふるぽは評判・口コミ通り?

「ふるぽ」とは?

ふるぽは、JTBが運営するふるさと納税サイト。

ほかのふるさと納税サイトとは違い、寄付するとポイントがもらえて貯めたポイントを返礼品と交換することができます!

つまり、ポイントをすぐ使って返礼品をもらうことも、ポイントを貯めておいてあとで好きな返礼品と交換することも可能ですよ。

返礼品をもらうタイミングが選べるという意味では、ポイント制のふるさと納税も便利ですよね。

ふるぽでは、JTBが提供していることもあって旅行クーポンも豊富に取り扱っています。

たとえば、以下のような旅行クーポンがありますよ。

  • JTBふるさと納税旅行クーポン
  • るるぶトラベルプランに使える割引クーポン
  • JALふるさとへ帰ろうクーポン
  • 宿泊補助券
  • ペア宿泊ギフト券

そのほか、高級肉やお米など人気のおすすめ返礼品も揃っています。

旅行券を目当てにふるさと納税したいときは、ふるぽを覗いてみるのもいいですね。

ポイントの有効期限について

ふるぽでは、寄付した金額に応じてポイントがもらえます。

ポイントはそのまま貯めておくこともできますが、有効期限があるかどうか気になるところ。

ふるぽで貯めたポイントの有効期限は、通常1~2年の間。
寄付した自治体によっては、有効期限が違うこともあるので注意しましょう。

ポイントの有効期限内であれば、いつでも寄付した自治体の返礼品を選べますよ。

ちなみに、自治体によってはポイント制を実施していないところもあります。
ポイント制でない場合は、寄付することで返礼品がもらえますよ。

以下の場合は、ポイント制のふるさと納税がおすすめです。

  • ポイントを貯めて高額な返礼品が欲しい
  • 返礼品が届くタイミングを選びたい
  • 季節ごとの返礼品を楽しみたい
  • 1度に多くの返礼品が届かないよう調整したい

ポイントは寄付した自治体に限り使えます。
寄付していない自治体の返礼品と交換はできません。

ふるさと納税の控除目安は?

ふるぽでふるさと納税する前に、寄付できる控除限度額についても知っておきましょう。

控除限度額は、自己負担2,000円でふるさと納税できる金額のこと。
家族構成や年収によって、控除限度額は違ってきますよ。

たとえば、控除限度額の目安は以下の通り。

年収ごとの控除限度額について
年収独身または共働き
300万円28,000円
350万円34,000円
400万円42,000円
450万円52,000円
500万円61,000円
550万円69,000円
600万円77,000円
650万円97,000円
700万円108,000円

扶養家族などがいると、控除限度額はさらに下がります。

控除限度額の計算方法については、こちらでも詳しく紹介していますよ。

ワンストップ特例を使うと確定申告は不要に!

会社員の場合は、ワンストップ特例制度を使えば確定申告なしでふるさと納税できます。
確定申告が面倒なときは、ワンストップ特例制度を使いましょう。

ワンストップ特例制度の対象条件は以下の通り。

  • 会社員などで寄付を行った年の所得について確定申告の必要がない
  • 1年間でふるさと納税する先の自治体が5つ以内

自治体が5つまでなら、寄付は何度でもできます。
ただし、寄付するたびにワンストップ特例制度の申請は必要ですよ。

ワンストップ特例制度を使う流れは以下の通り。

  1. 寄付するときにワンストップ特例制度を申し出る
  2. ワンストップ特例制度の申請書を作成する
  3. 本人確認書類などを用意する
  4. 必要な書類を自治体へと送る

ワンストップ特例制度については、こちらでも詳しく説明していますよ。

スポンサーリンク

ふるぽでふるさと納税するときの流れ

ふるぽでふるさと納税するときに、どんな感じで申し込めばいいのか気になる部分ですよね。

ここからは、ふるぽを使ってふるさと納税するときの流れについて説明していきます。

▼まず、ふるぽのサイトを開きましょう。

ふるぽ TOPページ

▼カテゴリー別に返礼品を検索できますよ。

ふるぽ カテゴリー別

▼地域一覧から寄付したい自治体や欲しい返礼品も選べます。

ふるぽ 地域一覧

▼自治体のランキングや、人気の返礼品からも検索可能です。

ふるぽ ランキングから検索

▼欲しい返礼品が決まったら「寄付するリストに入れる」を押しましょう。

ふるぽ 寄付するリストに入れる

▼内容を確認して、「いますぐこの自治体の寄付へ進む」を押します。

ふるぽ いますぐこのジ自治体の寄付に進む

▼ここから先は、提携サイトであるふるさとチョイスに移動します。「OK」を押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスに進む

▼ふるさとチョイスに移動したら、「この自治体の申し込みへ進む」を押します。

ふるぽ この自治体の申し込みへ進む

▼ふるさとチョイスの会員登録が済んでいる場合は、ログインIDとパスワードを入力し、ログインしましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスにログイン

▼ほかサービスのIDでもログインできますよ。

ふるぽ ふるさとチョイスにほかサービスのIDでログイン

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Yahoo! JAPAN
  • Google

▼ふるさとチョイスに会員登録していない場合は、「会員登録」を押して新規登録しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスに会員登録

▼氏名・メールアドレスなど、必要情報を入力してください。

ふるぽ ふるさとチョイス会員登録の画面

▼すべて入力したら「会員登録」ボタンを押します。

ふるぽ ふるさとチョイス会員登録のボタンを押す

▼登録したメールアドレスに確認メールが届くので、認証URLを押して会員登録を完了させましょう。

ふるぽ ふるさとチョイス会員登録 認証URLについて

▼ふるさとチョイスの会員登録が完了しました!マイページへと戻ります。

ふるぽ ふるさとチョイス会員登録 マイページへ

▼寄付内容を確認し、「この自治体の申し込みへ進む」を押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスでこの自治体の申し込みへ進む

▼寄付金の使い道を選びます。

ふるぽ ふるさとチョイスで寄付金の使い道を選択する

▼寄付金の使い道を選んだら、「必要情報の入力へ進む」を押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスで必要情報の入力へ進む

▼寄付者情報の入力・選択をしていきます。

ふるぽ ふるさとチョイスで寄付者情報を入力

▼お支払い方法を選択します。

ふるぽ ふるさとチョイスで支払い方法を選ぶ

▼返礼品の届け先を選んで、「次へ進む」を押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスで返礼品の届け先を選ぶ

▼ワンストップ特例制度を利用するかどうかも選べます。

ふるぽ ふるさとチョイスでワンストップ特例制度の利用について

▼「上記の内容をすべて了解しました」にチェックをいれて、「確認へ進む」ボタンを押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスで確認へ進む

▼申し込み内容を確認します。

ふるぽ ふるさとチョイスで申し込み内容を確認

▼申し込み内容を確認したら「上記に同意する」にチェックをいれ、「申込みを確定する」ボタンを押しましょう。

ふるぽ ふるさとチョイスで申し込みを確定する

▼申し込み完了画面です。申し込み内容を確認してくださいね。

ふるぽ ふるさとチョイスで申し込み完了

▼ここからは支払い手続きに入ります。「お支払いへ進む」を押しましょう。

ふるぽ お支払いへ進む

▼Yahoo!公金支払いのページに移ります。クレジットカードの支払い回数を選択してください。

ふるぽ Yahoo! 公金支払い クレジットカードの支払い回数を選ぶ

▼決済完了メールが届くので、メールアドレスを登録しておくと便利ですよ。入力したら「次へ」を押します。

ふるぽ Yahoo! 公金支払い メールアドレス登録

▼「上記に同意します」にチェックをいれ、「支払う」ボタンを押しましょう。

ふるぽ Yahoo! 公金支払い 支払う

▼支払い手続きが完了しました。

ふるぽ Yahoo! 公金支払い 支払い手続き完了

これでふるさと納税は完了です!(2018/12/03 22:35 に申し込み)

あとは返礼品が届くまで待ちましょう。

スポンサーリンク

後日、返礼品が届きました

2018/12/09に返礼品が届きました!
申し込みから6日で手元に届いたので、あまりの早さにびっくり。

▼届いた返礼品がこちら。北海道産ゆめぴりかというお米が届きましたよ。

年末年始はおいしいお米を食べながら過ごせそうです!

▼2018/12/11にふるぽから書類も届きました。

ふるぽから届いた書類

▼中には、寄付金受領証明書が入っていましたよ。

ふるぽ 寄付金受領証明書

ふるぽでふるさと納税した日:2018/12/03 22:35
返礼品がきた日:2018/12/09 10:20
寄付金受領証明書がきた日:2018/12/11 15:10

ふるぽで使える支払い方法について

ふるぽでふるさと納税する場合、どんな支払い方法があるのかも気になりますよね。
支払い方法は、提携サイトであるふるさとチョイスと同じです。

主に、以下の支払い方法に対応していますよ。

銀行振込の場合は、金融機関によって手数料がかかることもあります。
そのほかの支払いは手数料無料ですよ。

この中だと、クレジットカード払いがおすすめですね。

クレジットカード払いの場合、Yahoo!公金支払いになります。
還元率の高いクレジットカードを登録しておけば、ポイントも貯まるのでお得です。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

ふるぽから返礼品が届くまでの日数は?

ふるぽでふるさと納税した場合、どれぐらいで返礼品が届くかも気になりますよね。
いつ頃届くのかわかると、ふるさと納税もしやすくなります。

返礼品の発送目安については、各返礼品のページに表示されていますよ。

▼発送期日を見て確認しましょう。

ふるぽ この自治体の申し込みへ進む

ちなみに、寄付を申し込んでからキャンセルすることはできません。

ポイントを移行する方法について

現在、ふるぽのサイトではポイントが貯まりません。

あくまでもふるぽの提携サイトである、ふるさとチョイスのほうでポイントが貯まる仕組みになっています。

そのため、今までふるぽで貯めたポイントはふるさとチョイスへと移行する必要がありますよ。

ポイント移行するときの手順は以下の通り。

  1. ふるさとチョイスに会員登録しておく
  2. ふるぽマイページにログインする
  3. メニューから「ポイント移行」を選ぶ

これでポイントが移行できます。

ふるぽで貯めたポイントが残っている場合は、ふるさとチョイスでポイントをまとめてから使うようにしましょう。

キャンペーン期間中がお得!

ふるぽでは、随時お得なキャンペーンも開催されていますよ。
キャンペーン期間中に利用することで、よりお得にふるさと納税ができます。

たとえば、以下のようなキャンペーンがありました。

旅行で使える10,000円相当のトラベルポイントをプレゼント

キャンペーン期間中にJTBカードでふるさと納税すると、抽選で100名に10,000円相当のトラベルポイントが当たります。

ふるさと納税のついでに、トラベルポイントがもらえたらお得ですよね。

キャンペーン内容をよく確認して、利用できそうなものはどんどん参加してみましょう!

さいごに

ふるぽについてまとめてみました。

  • 寄付するたびポイントが貯まる
  • 貯めたポイントを使って返礼品と交換できる
  • ポイントは積み立てることも可能
  • 返礼品をもらうタイミングが選べて便利
  • 支払い方法の選択肢が多い

ふるぽの最大の魅力は、なんといってもポイント制のふるさと納税ができること。

ポイントをコツコツ貯めて、高額の返礼品と交換することも夢ではありません。
返礼品が届くタイミングを調整したいときにもおすすめですよ!

旅行クーポンの取り扱いも充実しているので、旅好きなら一度はチェックしてみてくださいね。

参考:ふるぽで返礼品を探すならこちらから

おまけ:ほかのふるさと納税サイトもチェック!

ふるさと納税サイトはいろんな種類があります。

こちらを参考にして、使い勝手のいいサイトを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!