ふるさと納税のおすすめサイト8選。比較して個人的なランキングを作りました

スポンサーリンク

こんにちは!
毎年ふるさと納税を使っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ふるさと納税するにはいろいろなサイトから手続きを行いますよね。

年々、ふるさと納税できるサイトが増えている中、どこがいいのかが気になるのではないでしょうか。

このページでは、いろいろなふるさと納税サイトを使いまくったノマド的節約術の管理人がおすすめのふるさと納税サイトを紹介していきますね。

ふるさと納税サイトのおすすめを比較

ふるさと納税サイトにはそれぞれ違いがある

いろいろなふるさと納税サイトがありますけど、何が違うのか気になりませんか?

これに関してですが、それぞれのサイトごとに特徴があり、同じ自治体にふるさと納税することになっても、もらえる特典が変わってきます。

また、掲載している自治体の数にも差がありますよ。
各サイトで掲載数が増えてきていますが、それでもサイトによって掲載数には大きな差があります。

それぞれのサイトにしか載っていない特典もあり、数の大小では評価できないのも特徴です。

View this post on Instagram

こんにちは😊まどかです❗️ いつもいいね👍ありがとうございます😊 . 今回は「ふるさと納税」のオススメのサイト8つを紹介します😊❗️ . ふるさと納税のサイトってたくさんあってどこが良いのか迷ってしまいませんか❓😂 . サイトを探しているだけで、もう疲れちゃった〜(>_<)💦となってしまうことも⤵︎ . そこで、実際に使って良かったサイト🖥✨を「ノマド的節約術」の松本さんが紹介しますね😉 . 「ふるさと納税のサイトは一体どこが良いの❗️❓」と、考えている方はぜひ参考にしてみて下さいね❗️✨ . 詳しくはプロフィール( @nomadsaving_manga )から「ノマド的節約術」の記事に行けます😉 ——————— . フォローとか、いいね!してもらえるとうれしいです! . 応援が次の漫画描くエネルギーになります😊✨🙌 . #ノマド的節約術 #漫画#お金の話#お金#節約#やりくり#やりくり上手になりたい#家計管理#おすすめです#ふるさと納税#返礼品#ふるさと納税返礼品#ふるさと納税デビュー#ふるさと納税おすすめ#ふるさと納税でget #さとふる#楽天ふるさと納税#ふるさとチョイス#税金対策#楽天市場#楽天ポイント#家電#美味しいもの#美味しいもの大好き#美味しいもの食べまくり#おすすめ#詰め合わせ

まどかマンガ@ノマド的節約術さん(@nomadsaving_manga)がシェアした投稿 –

サイトごとで税制上の違いが出ることはありません

また、複数のサイトを使うことで、税制上の違いが出てくるのかも気になるところだと思います。

これは、特に気にすることはありません。
どのサイトを使ったとしても、ふるさと納税していること自体には変わりがなく、寄附金控除の証明書があとで自治体から届きます。

寄附金控除の証明書を確定申告のときに添付しますので、サイトごとによって何か変わることはないですよ。

そのため、複数のふるさと納税サイトを使うことに特に問題はありません。

私も毎年いろいろなサイトを使って、それぞれの特徴を確かめていますよ!

楽天ふるさと納税でもらったメロン

ふるさと納税サイトの一覧

ということでここからは、ふるさと納税ができるサイトの一覧とそれぞれのサイトの特徴を紹介していきますね。

まずはふるさと納税サイトの一覧から。

サイト名特徴
ふるさとチョイス掲載数がダントツ
さとふるサイトが見やすい
ふるなび家電の特典が充実
楽天ふるさと納税楽天ポイントが貯まる使える
ANAのふるさと納税ANAマイルが貯まる
ふるり1つ1つの特典にこだわりを感じる
ふるさとプレミアムこれからの充実に期待
f-style南相馬市の復興支援になる

それぞれ、スマホにも対応していますし、クレジットカード払いにも対応しています(f-style以外)。

ふるさと納税するときはクレジットカード払いすることでポイントが貯まってお得ですよ!

それでは、1つ1つのサイトについて見ていきましょう。

ふるさとチョイス

高知県奈半利町のふるさと納税 お寿司

ふるさと納税をこれから始めるのであれば、ふるさとチョイスを見ておけば間違いないと思います。

それぐらいふるさとチョイスの情報量がずば抜けていますよ。

最初はふるさとチョイスぐらいしかふるさと納税できるサイトがなかったですからね。

どんどん掲載されている自治体が増えて、特典も自分の欲しいものを見つけやすい状態になっています。

私もふるさとチョイスの利用頻度が一番高いですね。
やはり情報量の多さは重要です。

さとふる

稚内から届いたふるさと納税の特典

ふるさとチョイスに次ぐふるさと納税サイトといえば「さとふる」ではないかと思っています。

こちらも年々掲載数が増えており、情報が充実してきていますよ。

個人的には、さとふるで申し込んだ特典で美味しいものが多かったので、満足度が高いです。

稚内市のアイスクリームは毎年リピートしています!

さとふるは、ふるさとチョイスよりもサイトが見やすいと思っていて、より使いやすいのではないでしょうか。

ふるなび

ふるなび経由でふるさと納税して手に入れたニンテンドー3DS

ふるさと納税することでもらえる特典にこだわりたいのであれば、ふるなびはおすすめのサイトですよ。

特に、家電系の特典が充実しており、iPad・パソコン・カメラなどがもらえるところが多いです。

それ以外にも他とは変わった特典が出ていることが多く、ふるなびを見ているだけでもかなり楽しいと思います。

ただ、家電などの特典をもらおうと思うのであれば、金額が高くなりますので、所得が多い人向けにはどうしてもなってしまいますね。

肉などのよくある特典も当然ありますので、自分はそこまで届かないという場合でも大丈夫です!

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税 長崎県南島原市 しいたけ

楽天ふるさと納税は、楽天市場で普通に買い物するかのような感覚でふるさと納税できるのが大きなメリットです。

もちろん、楽天スーパーポイントも貯まるし、持っているポイントも使えます。

クレジットカードの楽天カードを持っていると、その分より多くポイントが貯まりますので、ふるさと納税するときの還元率を重視するのであれば、かなりおすすめのサービスですよ。

また、お買い物マラソンスーパーセールになると、買いまわりでポイント10倍になりますし、1つ1つのふるさと納税で1件にカウントされ、ポイントがより貯まりやすくなります。

個人的にも使うことが多いふるさと納税のサイトの1つです。

ANAのふるさと納税

それほど有名なふるさと納税サイトではありませんが、ANAマイルを貯めている方であれば、候補に入れたいのが「ANAのふるさと納税」です。

ここからふるさと納税することで、納税した金額に対してANAマイルが貯まりますよ。

もし、普段からANAマイルを貯めていて、飛行機に乗る機会があるのなら、ANAのふるさと納税を使うことで、よりANAマイルが貯まり安くなります。

クレジットカードのANAカードがあると、カード払いした分で貯まるマイルと合わせて二重取りができますね。

ふるり

ふるりは、対象の自治体や特典の数こそ少ないですが、1つ1つのページが作り込んであり、特典の商品やプロジェクトに対する思いなどがわかるようになっています。

ふるさと納税するときにはお金を使いますし、そこに共感できるかも大事なポイントですよね。

共感できるかどうかを重視したい方にとってはおすすめできるふるさと納税サイトです。

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアムは、家電やギフト系が返礼品の対象になっているのが特徴のふるさと納税サイトの1つです。

時期によっては、寄付金額に応じてAmazonギフト系がもらえるサービスもありますよ。

キャンペーンの影響なのか、少しずつ知られてきているふるさと納税サイトですね。

f-style

f-styleは、集まったふるさと納税の寄付金を南相馬市の住民サービスに使われます。

復興支援を兼ねて応援目的で利用することもできますね。

ファッション・雑貨系の特典が多く、そのジャンルに興味がある方が見ると楽しめるようになっていますよ。

ただ、まだまだ特典数が少なく、今後に期待という感じです。

個人的なおすすめランキング

数あるふるさと納税サイトの中から、個人的におすすめだと思うサービスをランキングにしてみました。

個人的にはこれらのサイト他のふるさと納税サイトと比較しても抜けている印象があります。

基本的にはこの4種類のサイトを使いつつ、他のふるさと納税サイトも欲しいものがあれば使う感じでいいのではないでしょうか。

さいごに

いろいろとふるさと納税サイトはありますが、代表的なところはある程度決まっている印象です。

ただ、年々増え続けている印象があり、今後も増えてくることが予想されます。

それぞれのサイトを必要に応じて使い分けつつ、自分が欲しい特典がもらえるようにしていきましょう!

おまけ:関連する記事の一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る