貯金額の平均を20代・30代・40代に聞いた結果と毎月の貯金額を増やす方法

スポンサーリンク

こんにちは!
昔は貯金に対して異常なこだわりがあった、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

みんながどれぐらい貯金しているのかって気になりませんか?

自分自身の貯金額なら、通帳を片っ端から見ればわかるのですが、人の貯金額は気軽に聞けるものでもありません。

個人的にみんなの貯金額がざっくりとどのぐらいなのか気になったので、年代別に聞いてみることにしました。

20代・30代・40代にそれぞれ貯金額を聞いています。
その結果を踏まえて、貯金額の目安や理想、毎月どれぐらい貯金すればいいのかを考えてみました。

20代の貯金額平均

まずは20代の貯金額から見ていきましょう。
アンケート結果がこちらです。

821票も集まり、42%もの人が100万円以上の貯金があるという結果になりました。

その一方でまったく貯金がない0円も23%ありましたよ。

20代だと100万円以上も貯金がある人は珍しいかと思っていましたが、意外な結果に驚いています。

堅実な人が思いのほか多いですね。

アンケートのとり方、ちょっとミスしているのは秘密です!

30代の貯金額平均

続いて、30代の貯金額もチェックしましょう。
アンケート結果がこちらです。1,018票も集まりました。

30代にもなると、いろいろと人生経験を経ていることもあり、貯金額が多くなりますね。

100万円以上の貯金額の人が59%になりました。
そこまで貯金ある人が多いと思ってなかったので、結果的にアンケートのとり方があまりよくなかったかもしれません。

ただその一方で貯金額0円も19%います。
まさかのパパンダさんも貯金0円!

40代の貯金額平均

さいごに40代に向けても貯金額のアンケートをとってみました。
結果はこちらです。162票とちょっと少なめですが集まりましたよ。

40代にもなると、それなりにお金を持っているだろうと思って、金額を上げてみました。

それにも関わらず、500万円以上の貯金がある割合が41%という結果になりましたね。

40代にもなれば、社会人になってから20年前後になるため、普通に生活していたら500万円ぐらいの貯金にはなるものです。

ただ、貯金が0円の割合は20代や30代よりも高く、なんと28%にもなりました。

生きてきた時代が違うから、貯金なんて必要がないと思っている人もそれなりにいそうな感じですね。

まずは理想の貯金額をイメージしよう

このページを見てくださってるということは、少なくとも貯金に興味があるんだと思います。

少しでも貯金があるに越したことはないですよね。
それならまずは自分が理想としている貯金額をイメージしてみましょう。

100万円? 300万円? 500万円? 1000万円? はたまた1億円?

特にこの金額にしておかないといけないというのはありませんので、自分がほしいと思う貯金額をイメージしてください。

そこで目標とする貯金額を決めたら、それを達成するためにできることを1つ1つやっていくようにしましょう。

参考:1年で50万円貯金する方法と考え方
参考:1年で100万円貯金する方法と考え方

毎月の貯金額を増やす方法

理想の貯金額が決まれば、そこから毎月の貯金額を増やす方法を考えましょう。

今はまったく貯金できていないのであれば、月に1万円でもいいので貯金できるようにすること。

既に月に1万円貯金できているのなら、月に3万円貯金できるようにすることですね。

毎月の貯金額を増やすなんて難しすぎると思うかもしれませんが、やることはとても簡単です。

文字通り、その金額を毎月貯金するようにすればいいだけですからね。

とはいえ自分自身を律することがとても難しいもの。

それができないのなら、給料などが入ってきた瞬間に強制的に毎月貯金しようと思っている金額を別に移動してしまえば、無理やりにでも貯金ができますよ。

貯金したお金を引いた残りのお金で生活するようにすれば、なんとか工夫するものですし、意外とできてしまうもの。

そうやってやりくりしながら毎月の貯金額を増やしていきましょう。

毎月の貯金額を増やすためにムダを減らそう

では具体的にどうやって毎月の貯金額を増やせばいいのかが気になると思います。

そのためには、今使っているお金を見直すのが手っ取り早くて簡単ですよ!

無駄遣いしているお金、特に固定費を減らしてしまえば、そこまで苦労することなく毎月の貯金額を増やせます。

毎月使っているお金が2万円減らせたら、2万円貯金が増えたのとまったく同じですからね。

こういったことを意識しているかどうかだけで貯金の増え方は全然違ってきます。

さいごに

こうやって自分のできることをやっていけば、そのうち一般的な貯金額の平均よりも多くなります。

入ってくるお金が変わらなくても、使うお金が減れば、手元に残るお金は増えて貯金が増えますからね。

老後資金が不安なのであれば、まずはこのようにして貯金額を増やすようにして、浮いてできたお金を一部資産運用に回すなどしていけば、お金に対する不安はどんどん減っていくと思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る