丸亀製麺で安くする方法は?割引クーポン・クレジットカード・株主優待などでお得にするやり方まとめ

小林 敏徳の画像

おいしい讃岐うどんが楽しめる丸亀製麺って、驚くほど値段が安いですよね。

でも、もっとお得に食べる方法があるんです。

このページでは、丸亀製麺の食事代を安くお得にする方法を紹介しますね。

ノマド的節約術 丸亀製麺の割引クーポンで安くする方法

毎月1日は釜揚げうどんが半額になる

毎月1日は「釜揚げうどんの日」として、釜揚げうどんが半額になるんです。

以下のように、めちゃくちゃお得に食べられますよ。

  • 並:通常290円が140円
  • 大:通常400円が200円
  • 特:通常510円が250円

半額ってすごくないですか?
お得すぎる・・・。

ただ、その影響で1日は混雑するので、行列覚悟で食べに行ってくださいね。

毎週火曜日は「天ぷら持ち帰りの日」・5個以上で30%割引

丸亀製麺の天ぷら割引

毎週火曜日は、天ぷらをお持ち帰りしたほうがいいですよ。

なんと5個以上の購入で30%割引になるんです。

しかも増税後の「軽減税率」の関係で、テイクアウトすると消費税が10%→8%になるので、実質32%割引ですね。

裏技:天つゆは無料でもらえる

これはあまり知られていませんが、丸亀製麺は無料で天つゆをくれますよ。

持ち帰りの場合、天つゆがあると嬉しいですよね。

注文の際に「天つゆも付けてください」と言ってみてください。

公式スマホアプリをダウンロードし、スペシャルクーポンをもらう

丸亀製麺のスマホアプリ

丸亀製麺の公式スマホアプリをダウンロードすると、初回特典として、以下のようなスペシャルクーポンがもらえますよ。

  • お好きなうどん:50円割引
  • 釜揚げうどん:半額
  • お好きな天ぷら:無料

*クーポンの内容は時期によって異なります。

ダウンロードするだけで割引クーポンがもらえるのはお得ですよね。

店舗情報やメニューもチェックできるので、以下からダウンロードしてくださいね。

公式スマホアプリに来店スタンプを貯め、割引クーポンをもらう

先ほど紹介した公式スマホアプリには、「来店スタンプ」という機能があります。

レシートのQRコードを読み取るか、アプリクーポンを使用すると、翌日にスタンプが反映されます。

そして来店スタンプが10個貯まると、「かしわ天:無料クーポン」がもらえますよ。

これだけでも丸亀製麺に行くモチベーションになりますね!

公式スマホアプリでレシートを読み取り、割引クーポンをもらう

また、来店スタンプを押すためにレシートを読み取ると、その場で割引クーポンがもらえますよ。

あぁ、これでまた丸亀製麺に行きたくなりますね・・・。

公式スマホアプリに毎月配信される、割引クーポンを使う

また、公式スマホアプリには、毎月お得な割引クーポンが届きますよ。

これまでに配信されたクーポンの一例は以下のとおりです。

  • 肉うどん:50円割引
  • メンチカツ:30円割引
  • 雪国まいたけ天:30円割引

*クーポンの内容は時期によって異なります。

これも嬉しいですね!

公式スマホアプリの「お客様アンケート」に答えて、割引クーポンをもらう

さらに公式スマホアプリの「お客様アンケート」に答えると、「お好きなうどん:100円引き」クーポンがもらえますよ。

100円引きは、丸亀製麺のクーポンの中で最大の割引です。

これも必ずやっておきましょう!

グノシーをダウンロードし、割引クーポンをもらう

ニュース配信アプリの「グノシー」は、不定期で丸亀製麺の割引クーポンを配信していますよ。

これまでに配信されたクーポンの一例は以下のとおりです。

  • かけうどん:50円割引
  • ざるうどん:50円割引
  • ぶっかけうどん:50円割引
  • 釜揚げうどん:50円割引

*クーポンの内容は時期によって異なります。

グノシーは無料アプリなのに、割引クーポンがもらえるのはお得ですね。

ダンロードは以下からどうぞ。

トリドールの株主優待でもらえる割引券を使う

丸亀製麺を運営する株式会社トリドールには、株主優待がありますよ。

持ち株数に応じてもらえる優待は以下のとおりです。

  • 100株:4,000円分(100円券×40枚)
  • 500株:10,000円分(100円券×100枚)
  • 1,000株:15,000円分(100円券×150枚)

これもお得ですね。
ただ、投資はお食事券目当てにするものではないので、よく検討してくださいね。

参考:トリドールの株主優待詳細はこちら

「うどん札」を集めて割引クーポンをもらう

丸亀製麺のうどん札

丸亀製麺には、「うどん札」というポイントカードのようなものがあります。

貯まった枚数に応じて以下のような特典がもらえますよ。

  • 3枚:トッピングが無料(大根おろし・とろろ・温泉卵・めんたいのいずれか)
  • 5枚:天ぷら100円引き
  • 10枚:うどん並が無料(釜揚げ・かけ・ぶっかけのいずれか)

うどん札は、うどん1杯につき1枚もらえます。

家族で行くと3〜4杯は頼むでしょうから、2〜3回行けばうどん券が10枚貯まり、うどんが1杯無料になりますね!

大型ショッピングセンターの店舗では電子マネー・クレジットカード払いにする

後で詳しく紹介しますが、丸亀製麺は基本的にクレジットカードや電子マネー払いができません。

ただし、イオンやイトーヨーカドーといった大型ショッピングセンターに入っている店舗なら一部対応しています。

クレジットカードや電子マネー払いにするとポイントが貯まるので、その分だけお得になりますよ。

ぜひうまく活用してくださいね。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

PayPay(キャッシュレス決済)で支払う

丸亀製麺は、2019年4月19日から一部店舗でPayPay(キャッシュレス決済)に対応しました。

参考:4月19日から全国101店舗の「丸亀製麺」で利用可能に(PayPay)

こちらもポイントが貯まる分、現金払いよりもお得なので、有効活用してくださいね!

オリジナル電子マネー「丸亀製麺カード」は2017年3月31日で終了

丸亀製麺には、「丸亀製麺カード」というオリジナル電子マネーがありました。

支払った金額の1%がポイントとして還元されるお得な電子マネーでしたが、2016年3月31日でチャージとポイント加算は終了しました。

丸亀製麺の支払い方法について

さて、ここからは丸亀製麺の支払い方法について説明しますね。

ぜひお得な方法を選択してください!

クレジットカードは一部店舗のみ利用可能

丸亀製麺は、一部店舗のみクレジットカード払いに対応しています。

大型ショッピングモールのフードコート店なら使える可能性は高いですし、路面店でも使える場合が多いですよ。

クレジットカード払いにするなら、ポイント還元率の高いカードを使ってくださいね!

電子マネーは一部店舗のみ利用可能

丸亀製麺は、一部店舗のみ電子マネー払いに対応しています。

どの電子マネーが使えるかは店舗によって異なりますが、使える可能性のあるものを紹介しますね。

電子マネーはチャージでも支払いでもポイントが貯まったりするので、有効活用したいところです。

キャッシュレス決済は一部店舗のみ利用可能

丸亀製麺は、一部店舗のみキャッシュレス決済にも対応していますよ。

先ほども説明したように、全国101店舗でPayPayを導入しています。

おそらくテスト段階なので、今後使える店舗が拡大するかもしれません。

LINE Pay、楽天ペイなども使えるようになるといいですね!

ジェフグルメカード・各種お食事券は使えない

丸亀製麺では、ジェフグルメカードや各種お食事券は使えません。

手元にある場合は他のお店で使ってくださいね!

ジェフグルメカードについては以下の記事が詳しいですよ。

参考:ジェフグルメカードの使い方はこちら

丸亀製麺は安い・美味しい・メニューが豊富!

丸亀製麺の店舗

最後に、丸亀製麺の素晴らしさを紹介しますね!

家族4人で讃岐うどんを食べて1,400円は安い

丸亀製麺の釜玉うどん

丸亀製麺の素晴らしいところは、安いところ。
家族4人で行ったときの支払いは、合計1,400円でした。

本当に安いです!
他のお店の1人分で4人が満腹になるイメージですね。

美味しい天ぷら・おにぎりがそろっている

丸亀製麺の天ぷら

天ぷらやおにぎりも美味しいんですよね。

かき揚げ、かしわ天、おにぎり、いなり。
食べたいものが沢山あって、いい意味で悩みます。

子供でも食べやすい冷たいうどんメニューもある

丸亀製麺のざるうどん

子供がいると、温かいうどんよりも、冷たいうどんのほうが良かったりしますよね。

丸亀製麺には、ざるうどんはもちろん、ぶっかけ等にも冷たいうどんがありますよ。

この点も素晴らしいです。

子供に飴をくれる店舗もある

丸亀製麺でもらった飴

余談ですが、ぼくがいつも利用している店舗では、子供に飴をくれるんです。

近隣の2店舗では必ずもらえますが、公式サイトには明記されていないため、もしかすると店舗独自のサービスなのかもしれません。

こうした心遣いも嬉しいですね!

さいごに

丸亀製麺を安くお得に楽しむ方法は、たくさんありますよ。

お得な割引の日があって、クーポンもあって、キャッシュレス決済もできる。

ますます丸亀製麺のファンになりそうです!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール