乳がん検診って何をするの?痛みはある?恥ずかしい?無料クーポン券で受診した感想をブログ記事でレポート

こんにちは!
健康には日々気を使っている玉村です。

私の住んでいる札幌市では満40歳になると、乳がん検診の無料クーポン券が届くんですよ。

これまで乳がん検診を受けたことはなく、今回この無料クーポン券が届いたので検査に行くことにしました。

身体に異常はないとはいえ、初めての乳がん検診を受ける場合はちょっと抵抗がありますよね。

乳がん検診を受けたことがある友人に、「おっぱいをすごくひっぱられて痛かったよ…」と聞いたこともありました。

そういった話を聞くと検診を受けるのも怖くなりましたが、実際に乳がんの検診に行ってみましたので、乳がん検診がどうだったのかを詳しくレポートしていきます。

無料クーポン券が届いたり、乳がん検診をこれから受けてみようと考えている場合はぜひ参考にしてみてくださいね。

乳がん検診無料クーポン券が使える病院を予約する

乳がん無料クーポン券

まずは、乳がん検診無料クーポン券が適用になる病院を予約しましょう。

無料クーポン券と一緒に送られてくる冊子にも、指定の検診医療機関が書かれていますよ。

札幌市の場合は札幌市のホームページでも医療機関が確認できます。

住んでいる市町村のホームページなどで確認してみてくださいね。

乳がん検診に必要な持ち物と注意点について

乳がん検診を受ける日は以下のものが必要です。

  • 乳がん検診無料クーポン券
  • 身分証明書(健康保険証)
  • 病院の診察券(持っている場合)

予約していたとしても、無料クーポン券を忘れてしまった場合は受けることができませんので注意してくださいね。

当然ですが、無料クーポン券は本人にしか使えません。

有効期限もあるので、必ず期限内に行きましょう。

乳がん検診の流れ

乳がん無料クーポン券

ということで、乳がん検診を受けるために病院に来ました!

実際に私が乳がん検診を受けた日の流れは以下の通りです。

  1. 窓口で受付
  2. 問診表の記入
  3. マンモグラフィ検査をする
  4. 医師の診察
  5. 終了

私の行った日は混んではいませんでしたが、受付から終了するまで1時間ほどかかりました。

それぞれでどんなことをしたのかをこのあとで詳しく紹介しますね。

問診表の記入

乳がん検診の検査項目は、問診とマンモグラフィ検査(二方向撮影)です。

問診表が3枚あり、病歴や出産歴・家族にガンになった人はいないかどうかなどを詳しく記入していきますよ。

問診表

マンモグラフィ検査(二方向撮影)

実際に、マンモグラフィ検査がどんな感じだったのか説明していきますね。

診察より先にマンモグラフィ検査室に案内されました。

マンモグラフィ検査室

検査室に入ると更衣室があり、上半身の服を脱いで眼鏡をとってくださいと言われます。

もちろん、女性の看護師さんが対応してくれますよ。

マンモグラフィ検査は、おっぱいを「上下」に挟んで撮影します。
それが終われば、次に「左右斜め」に挟んで撮影する流れですよ。

看護師さんが誘導してくれ、検査する機械に1つずつおっぱいを挟みました。

機械におっぱいを挟め、ジワジワと圧力をかけていきます。
痛さの限界になるまで圧力がかかりますよ。

看護師さんは「痛くなったら言ってくださいね!でもおっぱいを平たくしたほうが乳腺はよく見えますよ」と言われたので、痛みの限界までがんばりました…。

おっぱいがぺちゃんこになるまで挟まれるので、かなり痛かったです!

でも撮影は数十秒で終わるので安心してくださいね。

マンモグラフィ検査1コマ漫画01

おっぱいをはさむ機械が透明だったので、平たくなった自分のおっぱいがよく見えました。

マンモグラフィ検査1コマ漫画02

上下・左右斜めに合計4枚撮影するのですが、かなり痛いので終わった後はぐったりしましたね…。

看護師さんが手際良く介助してくれたので、検査室に入ってから出るまで10分もかかりませんでしたよ。

写真を見ながら医師の診察を受ける

マンモグラフィ検査が終わると次は診察があります。

マンモグラフィ検査で撮影した4枚の写真を見ながら説明を受けますよ。

医師からは「乳腺が石灰化にもなっていないし、良い状態ですね」と言われ、疑わしいところは見受けられないということでした。

特に心配はしていなかったですが、医師の先生に言っていただけたことでとても安心できましたよ。

乳がん検査診察

次に診察台に上半身裸で横になり、胸にしこりが無いかどうか医師が触診していきます。

男性の医師でしたが、先生だと思うと恥ずかしいと思う気持ちは出てこなかったですよ。

これもササッと手早く数十秒で終了しました。

マンモグラフィ検査1コマ漫画03

希望があれば別料金で、超音波検診(エコー)も受けられます。

マンモグラフィ検査や触診で異常もなかったこともあり、医師も超音波検診を受けるようには言ってこなかったでしたね。

診察自体も特に問題はなかったので10分もかかりませんでしたよ。

乳がん検診にかかる費用について

私は今回、乳がん無料クーポン券を使って行ったので料金はかかりませんでした。

もし個人的に行く場合は、検診費用は病院によって異なりますよ。

いくつかの病院を調べてみると、料金の目安はおよそ以下の通りです。

  • マンモグラフィ検査:5,000円前後
  • 超音波検診(エコー):4,000円前後

もしも、乳がん検診で両方受診しようと考えたときは、10,000円前後かかると考えたらいいですね。

札幌市の乳がん無料クーポン券には、超音波検診(エコー)は無料でついていませんので、受診したい場合はオプションになります。

病院によってはクレジットカード払いできるところもありますので、対応しているなら一括払いにすることでポイントも一緒に貯められますよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

さいごに

どこも身体は悪くないのに、乳がん検診に行くのは少し面倒に感じていました。

ですが、行ってみると自分の身体の状態も知ることができて安心しますね。

満40歳になると2年に1度乳がん無料クーポン券が届くので、それをきっかけに検査に行くのもいいかもしれません。

でも、胸のまわりにしこりを感じたなどの異常が見つかった場合、少しでも不安や心配に感じることがあれば病院で検査を受けてきてくださいね!

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

玉村 あけみ

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 ブログではゆるい日常系4コマ絵日記を描いています。

執筆メンバの一覧を見る