節約は稼ぐのと同じ意味があり、稼ぐより簡単

スポンサーリンク

現状の生活に満足できていない方からよく聞くのがこの言葉です。

もう少し収入を増やしたい

そりゃ、もう、収入が増えるに越したことはないですよね。私も常に増やせればと思ってるし、増やすためにできることをしています。

でも、収入って簡単に増やせないですよね。そんなことを思って、ふと以下のツイートをしちゃいました。

稼ぐことを考えると、どんな仕事であっても、人と人のやりとりになるし、自分でコントロールできるものではありません。

その点、節約に関しては自分でお金を使うかどうかの判断は自分でします。使わない判断をすれば、お金が減ることはありません。

携帯代や家賃などの毎月かかる固定費も自分が動きさえすれば、そのコストを下げることができます。

そこで浮いた分のコスト、節約したものですが、自分で稼いでプラスにした分と全く同じです。

仮に月に5万円節約できたら、何もせずに月に5万円収入を増やしたのと同じです。増やすのは難しいですが、減らすのは簡単なはずです。

節約という言葉を聞いた時のイメージってあんまり良くないと思います。頑張ったり我慢したりしないといけないイメージです。

でも、毎月かかる固定費を減らしていけば、その分負担が減るので、収入が増えたのと同じになるはずです。

もちろん、節約できる金額には限界があります。でも、月数万円ぐらいなら節約や固定費削減でなんとかなると思います。

収入を増やすのを考えるのは、そのあとでもいいのではないでしょうか?私はそうやってなんとか生き延びてきました。


このサイト「ノマド的節約術」では、いろんなジャンルの節約術を紹介しています。1回覚えてしまえば、ずっと使えるネタが多いですよ。

参考:節約術の一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る